埼玉セントラル病院|認知症治療病棟

トップページ > 当院について > 病棟のご案内 > 認知症治療病棟

当院について

認知症治療病棟

認知症治療病棟とは

精神症状および行動異常が特に著しい重度の認知症患者さまを対象とした、急性期(2か月)に重点を置いた集中的な入院治療を行うための病棟です。

当院における認知症治療病棟の概要

当院の認知症治療病棟はA館2階病棟52床、A館3階病棟52床、計104床となります。

認知症治療病棟のリハビリテーション

作業療法士3名体制であり、内容として関節可動域練習や歩行訓練などを中心とした個別訓練や、認知機能や精神機能への関わりを中心とした音楽活動や運動・作業活動(手工芸・園芸など)といった集団活動を行い、多様なケアの提供を行っております。

認知症は進行性疾患であるため、身の回りの動作について、少しずつできなくなる部分が増えてしまいます。自助具の検討や寝るとき、車いすに座るときの良い姿勢保持などを病棟スタッフと検討し、患者さまの最大限の機能を引き出せるよう関わらせていただいております。昨年度より、アロマリハビリテーションを導入し、心地よい香りや心が落ち着く香りを提供し、精神症状に対して幅広いケアを行っています。

また月に1度、看護師や介護士を含め、季節に合わせて調理訓練や外食・外出など、病院外の人との関わる機会を持つためレクリエーションを行っています。カンファレンスを定期的に実施し、他職種連携を密にすることで、患者さま一人ひとりの治療計画を立案し、質の高いケアの提供を目指しております。

認知症治療病棟の対象患者さま

行動異常および精神症状(BPSD)が特に著しい重度の認知症の方
※重度の認知症とは、幻覚・妄想・夜間せん妄、徘徊などの症状が著しく、その看護が困難な場合を示します。

病棟紹介

A館2F 認知症治療病棟

私たちの病棟は、認知症治療病棟です。52床のベッド数があります。
医療的行為を中心にケアをする看護師と、日々の生活の援助を中心にケアをする看護助手、レクリエーションを中心としてケアをするリハビリテーション科と、各職種が協働し、患者さまをサポートしています。
今、チーム医療が強化されている時代ですが、私たちスタッフは認知症の患者さまに、生活の場でありながら、より良い医療の提供ができる様にとチームで模索しながら、患者さまの笑顔を心の糧に、日々楽しく働いています。

病棟紹介

A館3F 認知症治療病棟

当病棟の患者さまは、アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・老年期認知症・統合失調症・ピック病や慢性期の糖尿病・慢性心不全などの疾患で入院されています。
患者さまがその人らしく入院生活が送れるよう、病棟では医師・看護師をはじめ、リハビリスタッフ・ソーシャルワーカーなど複数の職種と、日々カンファレンスを行い、患者さま一人ひとりの心身の状態を統合的にアセスメントし、レクリエーションなどを通して各期に応じたケアの実践を目指しています。
病棟の雰囲気は、毎日笑顔の絶えない、アットホームな病棟です。