トップページ > 概要・沿革

当院について

概要・沿革

概要

病院名 医療法人財団 明理会 埼玉セントラル病院
所在地 〒354-0045 埼玉県入間郡三芳町上富2177
TEL:049(259)0161 / FAX:049(259)1229
許可病床数
450床
回復期リハビリテーション病棟 48床
(本館7階)
特殊疾患病棟 48床(本館5階)
精神療養病棟 96床(本館2階,3階)
認知症病棟 104床(A館2階,3階)
医療型療養病棟 154床(本館4階,6階,8階)
診療科目 内科・心療内科・人工透析内科・皮膚科・精神科・リハビリテーション科
施設基準
  • 療養病棟入院基本料1
    (看護 20:1 介護 20:1 )
  • 特殊疾患療養病棟入院料1
    (看護 20:1 介護 20:1 )
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料1
    (体制強化加算)
    (リハビリテーション充実加算)
  • 認知症治療病棟入院料1
    (看護 20:1 介護 25:1 )
  • 精神療養病棟入院料
    (看護 30:1 介護 30:1 )
    ( 重症者加算1 )
  • 脳血管疾患等リハビリテーション〔I〕 
  • 運動器リハビリテーション〔I〕
  • 廃用症候群リハビリテーション〔I〕
  • 認知症ケア加算Ⅱ
  • CT撮影(その他)
  • 薬剤管理指導料
  • 精神科作業療法
  • 療養病棟療養環境加算1
  • がん治療連携指導料
  • 退院調整加算2
  • 患者サポート体制充実加算
  • 精神科救急搬送患者地域連携受入加算
  • 医療保護入院等診察料
  • 精神科身体合併症管理加算
  • 外来リハビリテーション診察料
  • 早期リハビリテーション加算
  • 検体検査管理加算〔I〕〔Ⅱ〕
  • 栄養サポートチーム加算
  • 感染防止対策加算2
  • 医療安全対策加算2
  • 透析液水質確保加算1
  • 医療機器安全管理料1
  • 輸血管理料2(輸血適正使用加算)
  • 認知症患者リハビリテーション料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 胃瘻増設術(内視鏡化胃瘻増設術、腹腔鏡下胃瘻増設術を含む)
  • ペースメーカー移植術・交換術

沿革

昭和56年 3月 開設 鉄筋コンクリート2階建
内科標榜
保険医療機関指定 病床数 [病床数60床]
5月 1階会議室を一般病棟へ変更(16床) [病床数76床]
昭和61年 6月 新館増築 鉄筋コンクリート4階建
〃 一部使用許可 [病床数154床]
9月 全身コンピュータ断層装置導入
10月 新築増築 一部使用許可 [病床数250床]
12月 院内保育室オープン
平成4年 1月 特例許可老人病院入院医療管理(Ⅱ) [250床]
平成5年 2月 理学療法(Ⅲ)
平成8年 8月 作業療法(Ⅱ)
平成9年 6月 理学療法(Ⅱ)
平成10年 12月 老人病棟入院医療管理(Ⅰ) [250床]
平成11年 11月 本館増築 鉄筋コンクリート9階建 計346床に増床
12月 老人性痴呆疾患療養病棟(A) 本館2階(精神48床)
平成12年 3月 老人性痴呆疾患治療病棟(A) 本館3階(精神48床)
A館改修鉄筋コンクリート4階建104床 [計450床に増床]
4月 精神入院基本料7(104床)
12月 老人性痴呆疾患医療病棟1(104床)
老人性痴呆疾患医療病棟1(96床)
平成14年 4月 言語聴覚療法(Ⅱ)
10月 スパイラルCT装置へ入替
平成15年 4月 療養病棟入院基本料1(250床)
平成16年 5月 総合リハビリテーション(B)
言語聴覚療法(Ⅰ)
平成18年 4月 老人性認知症疾患治療病棟2(精神200床)
脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
7月 療養病棟入院基本料2(250床)
平成19年 5月 療養病棟入院基本料2(202床)
回復期リハビリテーション病棟(48床)
平成20年 4月 認知症病棟入院料2(200床)
回復期リハビリテーション病棟入院料1(48床)
平成21年 7月 認知症病棟入院料2(精神152床)
精神療養病棟入院料(48床)
マルチスライスCTへ入替
8月 精神科作業療法
平成22年 6月 精神療養病棟入院料(96床)
認知症病棟入院料2(104床)
8月 療養病棟入院基本料1(202床)
平成23年 10月 特殊疾患病棟入院料1(48床)
療養病棟入院基本料1(154床)
平成24年 7月 認知症治療病棟入院料1
平成25年 4月 訪問リハビリテーション開設
5月 内視鏡設備導入・開始
7月 訪問診療、訪問看護室を開設
11月 人工透析受け入れ開始
平成27年 4月 皮膚科標榜
平成29年 5月 人工透析内科標榜