トップページ > 求人情報 > 看護部 > 教育体制

求人情報

看護部

教育体制

  • 多様化する医療に対応できる看護職員を育成する。
  • 専門職業人としての自覚をもった看護師を育成する。
看護部教育方針
  • 顧客の視点を重視した安心・安全な医療・看護サービスを実現できる人材を育成する。
  • 「専門職の自己研鑽は自己責任」とする自立した看護職を育成する。
  • 施設の機能と特性をふまえた専門知識を深め、患者さま、ご家族に適切なケアが提供できる看護職を育成する。
  • 組織人として役割意識の高い中間管理職を育成する。
看護部教育目標
  • 高度慢性期病院として、埼玉セントラル病院の機能に対応できる専門性の高い看護・介護が提供できる
  • 安全・安心な医療を提供するため、責任ある看護・介護が実践できる
  • 高齢者の特徴を踏まえ、健康レベルをフィジカルにアセスメントできる
  • 人としての尊厳、及び権利を尊重し最後までその人らしい生活の援助ができる
  • 常に向学心を持ち、学習し続ける看護師を育成する
1. 新人看護師の育成(プリセプターシップ体制)
当院では、各病棟においてプリセプターシップを導入しており、新人看護師を入職2~3年目の先輩看護師がバックアップしています。また、看護単位の看護業務内容を、役割を理解し、チーム活動を通しメンバーとしての役割が取れるようにします。
2. 経験2~3年目の看護師の育成
看護過程を踏まえた個別的看護ケアが提供でき、チームメンバーとしてメンバーシップが取れるようにします。また状況変化に応じた判断が出来、理論的側面の判断が出来る看護師を養成します。
3. 中堅看護師の育成(入職又は卒業後4~5年以上の将来リーダーとなる)
入院から在宅までの看護に責任を持ち実践でき、看護研究を通し看護を深められチームリーダーの役割と責任を果たせる看護師を育成します。
4. 看護補助者の育成(院内チームの一員として活躍できる)
看護助手の方々が看護部の一員として患者さまへ正しいケアが出来るようになるための様々な研修を行っています。口腔ケア、ベッドメーキング、おむつ交換の仕方など、介護の実践に沿った技術演習を行っています。
5. 再就職支援講習会の開催
看護資格を持ちブランクのある方を対象に、定期的に講習会を開催し、医療現場への復帰を支援しています。24時間院内保育をはじめとした福利厚生も充実していますのでお気軽にお問い合わせください。