患者さま及びご家族さまへ

リハビリテーションについて

リハビリテーションとは…

病気や怪我によって受けた障害に対して、可能な限り回復を図り、残された能力を最大限に利用することによって、その人に適した(満足できる)生活を送れるようにすることがリハビリテーションの本来の意味とされています。

当院では、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・心理士などの多職種に加え、ご家族の方にもリハビリテーション・チームの一員としてご協力いただき、対象となる方(患者さま)の機能回復や社会復帰に向けてしっかりとサポートさせていただきます。

リハビリテーションとは…

リハビリテーションの治療内容および時間は、患者さま病名や症状に合わせた医師の判断に従い決定しています。また、患者さまの身体状況の変化に伴い変更する場合があります。

実践時間

8:50~17:30(土日・祝日を含め365日行っております。)

厚生労働省は、質の高い医療を効率的に提供するため、医療機能の分化・連携を推進しています。
例えば脳卒中の場合、病状に応じ、次の流れで医療を受けることが必要です。

脳卒中の場合

地域の救急医療の機能を有する医療機関で、手術など集中的な治療および急性期のリハビリを行います。

回復期リハビリテーション病棟を有する医療機関で、集中的なリハビリによる機能回復を図ります。

在宅あるいは多様な居住の場で、生活目標型の横断的なリハビリを継続、機能維持を図ります。

厚生労働省 「新しい医療計画の考え方」一部改変

PAGETOP

回復期リハビリテーション病棟とは?

  • 脳血管障害や大腿骨頸部骨折などの発症または手術後2ヶ月以内(疾患・症状によっては1ヶ月以内)の患者さまを特定して受け入れます。
  • 日常生活動作能力の向上を図り、寝たきりの防止と家庭復帰を目標にします。
  • 訓練室のほか、病棟内でも実生活に即したリハビリテーションが行われます。
  • チームアプローチを実践します。医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカーなどが共同してリハビリテーションプログラムを作成、適合性の検討を行います。

PAGETOP

回復期リハビリテーションの対象疾患

対象疾患 発症(手術)
から入院まで
入院期間
(1) 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症等の発症または手術後 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む他部位外傷 180日
(2) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折の発症または手術後 2ヶ月以内 90日
(3) 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、術後または発症後 2ヶ月以内 90日
(4) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後 1ヶ月以内 60日
(5) 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日
PAGE TOP