医療従事者さまへ

地域連携について

当院は、急性期病院さまからの患者さまのご紹介を受け、回復期対象疾患に対して、食事、更衣、排泄、移動、会話などのADL(日常生活動作)の能力向上による寝たきり防止と家庭復帰のためリハビリテーション医療を提供する専門病院です(回復期リハビリテーション病棟175床)。
昨今の医療業界を取り巻く環境を見ますと、地域において急性期施設・回復期施設そして維持期施設が互いに連携を図り、患者さまに安心していただける医療提供体制の構築が急務であるといわれています。急性期病院では在院日数の短縮化も推進され、ますます「地域完結型医療」の考え方が必要といえます。
そのような中、当院は今まで以上に、医療機関の皆さま方と連携を強化し協力関係づくりを図るために医療連携活動を最重視してまいります。
今後とも、ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。

広報活動

医療連携室では、広報誌「プラザイムス」「PASSO」や、当院ホームページなどを通じた広報活動を行っています。

医療連携についての詳しいお問い合わせはこちらまで

IMSグループ 医療法人三愛会 埼玉みさと総合リハビリテーション病院
医療連携室
TEL
048-953-1211(代)
MAIL
renkei.smr@ims.gr.jp
PAGE TOP