埼玉県三郷市にある総合病院です。JR武蔵野線新三郷駅より徒歩13分

IMSグループ医療法人三愛会 三愛会総合病院

048-958-3111
ナース専科 ナース専科 イムス三郷クリニック 三愛会ロイヤル訪問看護ステーション
048-958-3111 24時間365日対応

診療科目紹介

整形外科

整形外科診療科紹介

整形外科は骨・関節のみならず、脊髄・末梢神経・筋肉・靭帯など診察対象の広い診療科です。また小児から成人・高齢者まであらゆる年齢層が対象となり、その病態・治療は多種多様です。手術は勿論のこと、薬やブロック注射などの保存治療、リハビリテーションを組み合わせた治療を行います。

当院では、脊椎脊髄疾患による痛み、しびれ、神経麻痺、歩行障害など様々な症状でお悩みの患者さまに対し、専門的な治療を行っています。脊椎脊髄疾患の場合、保存治療が可能なケースも多く存在しますので、まず、薬物療法や点滴、ブロック注射など、原因や症状によって様々な治療法を組み合わせます。十分な保存治療を行った上、症状の推移を確認し、痛みやしびれが改善しない、または麻痺が進行した場合、手術を選択します。
手術は数ある治療法の一つであり、すべての患者さまに当てはまるわけではありません。プラス面、マイナス面が存在するため、“治療選択の設計士”として、最終的には、病態および治療法を患者様にご理解いただいたうえ、決定いたします。手術には大きく分けて、①神経の圧迫を取り除く『椎間板摘出術』や『椎弓形成術(椎弓切除術)』、②脊椎の変形矯正や不安定性を取り除く『椎体間固定術』があります。同一病名であっても、患者さまの症状、今後起こりうる変化、画像所見などにより、手術法は異なります。手術治療を要する場合は、他科とも連携をとり、また複雑な病態や難治性疾患に対しては、近隣の病院に紹介し、治療方針を決定する場合もあります。患者さま一人ひとりに最適な治療法を選択し、超高齢社会に適応した早期リハビリテーション、早期社会復帰を目指していきます。

整形外科
保存療法

整形外科
手術療法

整形外科
神経根ブロック
椎間板内酸素注入療法

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板とは腰の骨(腰椎)の間にあり、クッションの役割をしている軟骨です。これが何らかの原因で変性し、神経の方に突出もしくは脱出した状態をヘルニアといいます。典型的な症状は、腰痛のあとに出現する、左右どちらかの臀部や下肢のしびれ痛みです。ヘルニアの多くは薬やブロック注射などの保存治療が可能ですが、増強する痛みや下肢筋力低下に対しては、手術を行います。また最近では、椎間板内酵素注入療法という、メスを入れない治療も取り入れております。

椎間板は線維輪と髄核でできていて背骨を
つなぎ、クッションの役目をしています。
その一部が出てきて神経を圧迫し症状が出ます
腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア
検査台に横になり、局所麻酔をした後、
Ⅹ線で確認しながら椎間板内へ酵素を注入する

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎にも腰椎同様、椎間板が存在します。頚椎椎間板ヘルニアの症状はヘルニアの存在する場所、大きさなどにより異なりますが、通常、頚部や肩甲骨付近の痛み、上肢の痛みしびれ、握力低下などです。歩行障害や排尿障害を伴うこともあります。MRI で診断し、保存治療で症状が改善されない場合、頚椎前方もしくは後方手術が選択されます。

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎症性脊髄症

首の骨(頚椎)や椎間板、靭帯の変性により、頚椎を通る脊髄という中枢神経が圧迫され、様々な症状を呈します。両手のしびれ、箸やボタンかけが不自由になる、歩きにくくなるなどが代表的な症状です。MRI やCTで診断が可能です。発症初期のものであれば、経過をみる場合もありますが、症状が進行する場合は手術が必要です。頚椎の骨を形成し、脊髄の通り道を拡大することにより、症状回復の可能性があります。

頚椎症性脊髄症

腰部脊柱管狭窄症

脊髄とは脳から四肢などへ様々な命令を伝えるワイヤーの束の様なものですが、これが脊椎(背骨)の腰の部分で圧迫を受けて、下肢のしびれなどを起こしている病態を腰部脊柱管狭窄症と呼びます。 正式には腰の部分の脊髄は馬尾と呼ばれていますが、馬尾やその枝の通り道(脊柱管)が狭くなっているために、馬尾やその枝が周囲から圧迫を受けているという病態です。(図1)

腰部脊柱管狭窄症の最も典型的な症状は、歩いていると下肢のしびれや痛みが出てくるために長い距離を続けて歩くことが出来ないというもので、前かがみになって少し休むと再び歩ける様になるのが特徴です。これを間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼びます。また、自転車に長い時間乗ったりする分には間題なく、シルバーカーや買い物かごを押しながら前かがみになって歩いたりする分には、より長い距離を歩けるというのも特徴です。

狭窄の程度や場所によっては、じっとしている時から下肢の痛み やしびれを伴う場合もありますが、腰痛はあまりない場合も多いというのも特徴です。

診断にはMRIという検査が有用です。MRIは磁気を用いて行う検査で放射線を用いないため、体への被爆は全くありません。下肢の動脈閉塞症(動脈硬化による)でも腰部脊柱管狭窄症と同様の症状となるため、下肢血管病変の検査も診断上必要です。

治療としては、狭窄の程度や場所にもよりますが、まずは手術以外の治療を試み、それでも改善が乏しい場合には手術を行うという順番になります。手術以外の治療として、まず消炎鎮痛剤の経口または注射による投与(ブロック注射)、血流改善薬の経口または点滴投与などを行うのが一般的です。これらの治療でも改善が乏しく患者さんが手術を希望された場合や、麻痺(脱力)、股間のほてり、排尿後にまだ尿が完全に出し切れない感じ(残尿感)、便秘などの膀胱・直腸障害などが認められる際には手術になります。

手術では、脊柱管周囲の骨を部分的に削ることなどによって馬尾やその枝に対する圧迫を取って、脊柱管を拡げます。当院では傍脊柱筋を温存する棘突起縦割式拡大開窓術を採用し低侵襲手術に努めております。(図2) 腰の骨は通常 5 個ありますが、それらをつなげる椎間板というクッションの役割を果たしている部分のダメージが大きく、不安定性(ぐらつき)が強い場合には、不安定性をおさえるために骨を移植して固定を追加する場合があります。(図3)いずれの手術でも手術翌日には離床し、早期リハビリテーションを開始し、入院期間も短期間で済みます。

腰部脊柱管狭窄症
(図1)

腰部脊柱管狭窄症
(図2)

腰部脊柱管狭窄症
(図3)

脊椎分離すべり症

腰椎分離症というのは、脊椎(せぼね)の関節突起間部といわれる部位で本来つながっているべき骨の連続性が絶たれてしまっている(分離している)疾患です。主に 5 番目の腰椎に生じ、スポーツを行う学童期に多く発生することから、原因は腰にかかる繰り返しの外力による疲労骨折と考えられております。本疾患の主な症状は腰痛ですが、運動時に腰痛があっても普段あまり症状がないことが多いため、放置される例も少なくありません。しかし早期診断には X 線だけでなく、CTやMRIなどの検査が必要です。従って、お子さんに運動時の腰痛が生じた場合には早期に診断し治療を開始する事が重要です。分離症が放置された場合、隣り合った脊椎との間の安定性が損なわれてしまうため骨と骨との位置関係にずれが生じる事があります。この状態を脊椎分離すべり症と言います。すべりがひどくなると下肢の痛みやしびれが出現することもあり、時に手術が必要になることもあります。

腰椎変性すべり症

変性すべり症は、腰椎が前後にずれてしまう病気で、中年以降で好発し、第 4 番目の腰椎によく生じます。原因は明らかではありませんが、多くは加齢とともに腰椎の椎間板やその周りの関節・靭帯が緩み、腰椎が不安定性(ぐらつき)を伴ってずれるようになり、すべりが進行していきます。腰痛は軽い場合もありますが、すべりが進行すると脊柱管の狭窄による間歇性跛行を認めたり、末期になると安静時にも下肢の痛みやしびれが出現することがあります。治療は下肢の疼痛やしびれが強い場合、ブロック療法などを試みますが、投薬治療を含めてこれらの保存療法で改善の得られない症例では、神経の除圧術や脊椎固定術等の手術が必要となることがあります。(図3)

腰椎変性すべり症
(図3)

骨粗鬆症性椎体骨折

骨粗鬆症は骨の吸収と形成のバランスが崩れて、骨量が減少し弱くなった状態を言います。骨粗鬆症になると骨がすかすかになるだけでなく、骨の質も変化するため、骨が脆くなります。骨のバランスは女性ホルモンの影響をうけるため、女性では閉経後に多く見られます。骨粗鬆症で脆くなった脊椎に生じた骨折を椎体骨折と言います。

骨粗鬆症が進行すると、転倒などの外傷がなくても椎体骨折を生じる場合があります。骨折すると背中や腰に激痛を生じます。

一度骨折を起こすと次々に起こりやすくなることから、骨折に対する初期治療だけでなく骨粗鬆症の予防が重要と考えます。

骨密度検査で骨量の減少がみられる場合、骨の量を増やしたり、骨を強くする作用のある薬物を投与します。また既に椎体骨折を生じてしまった場合には、コルセットを使用して痛みを和らげたり脊椎変形の防止に努めます。しかし骨が癒合せず、痛みが持続する場合には、潰れた椎体をバルーンで膨らませて拡げ、そこにセメントを注入する治療( BKP)を 行うこともありま す。(図4)

また時には骨折した骨の不安定性や変形のため、神経が障害されて下肢の麻痺を生じる場合があり、神経の除圧や固定術を行うこともあります。(図5)

骨粗鬆症性脊椎椎体骨折
(図4)

骨粗鬆症性脊椎椎体骨折
(図5)

検査内容

骨密度測定

骨粗鬆症に対し骨密度を測定し、骨粗鬆症の程度の把握や治療の効果判定の際に有用な検査です。
当院では、次の方法で行います。

骨密度検査 DIP法

当院では、骨密度の検査にDIP法という方法を用いております。
DIP法とは、アルミスケールとともに、非利き手のレントゲン写真を撮影します。
この手のレントゲン写真を用いて、骨密度を算出します。
定期的に検査することで、過去のデータと比較することができます。

骨密度測定
正常時のMRI写真
骨密度測定

骨密度測定

骨密度測定

腰椎

骨密度測定腰部

各種画像装置

MRlをはじめ、CT、エコー、脊椎背髄疾患に対するミエログラフィーなどを総合的に診断し治療に役立てています。
X線でわかりづらい骨折もMRlでは鮮明に描写されます。

骨密度測定

腰椎ヘルニアの症例

骨密度測定

膝の靭帯のMRI

骨密度測定

X線でわかりづらい骨折もMRIでは鮮明に描写されます。

こんな症状ありませんか?

  • 骨折、脱臼、捻挫、打ち身、切り傷、すり傷
  • 腰痛(ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症など足のしびれ、足の痛み「坐骨神経痛」など)
  • ひざの痛み(変形性膝関節症)
  • 肩の痛み、運動制限(五十肩など)
  • 肩の凝り
  • くびの痛み、うでや手のしびれ(頚椎椎間板ヘルニアなど)
  • 肘の痛み
  • 手の痛み、こわばり
  • 手のしびれ(神経痛など)
  • もものつけねの痛み(変形性股関節症など)
  • 足のしびれ(神経痛など)
  • 足の痛み(外反母趾、巻き爪など)
  • スポーツによるケガ(膝関節靭帯損傷、足関節靭帯損傷、つき指など)

診療科目一覧

病院案内 一覧