採用情報

看護部

看護部の理念・基本方針

仕事で成長出来るって楽しい。やりたい看護が出来る環境です。
理念

愛し愛される病院
~患者さまの喜ぶ医療と介護を求めて~

基本方針
  • 患者さまを尊重し、QOL(Quality Of Life)の向上を目指した患者さま中心の優しい看護・介護を提供します。
  • 看護職・介護職として、人間として、成長するように日々努力します。
  • 患者さまに、安心安全な看護・介護を提供します。
  • 患者さま・ご家族さまのニーズに応じた看護・介護サービスを提供します。
  • 地域とのネットワークを充実させ、在宅への看護・介護の継続を図ります。
  • 看護・介護の専門性を高める学習会や研修を実施し、より高い看護・介護の実践を図ります。
特徴・取り組み

イムス佐原リハビリテーション病院は、地域唯一の回復期病院です。平成29年には全病床数217床のうち、回復期病床を97床から157床へ変更し、回復期医療にますます力を入れています。
平成27年から継続的に行っている急性期病院との合同ラウンドでは、患者さまへ早期のリハビリテーションを提供できるよう“看看連携”を密に行っています。
地域の方々から頼りにされる病院を目指し、「愛し愛される病院」を基本理念として、患者さま・スタッフ双方が満足できる環境を作れるよう日々努めています。是非当院で、地域医療の中心として「地域社会への貢献」をしていきましょう。

看護部長メッセージ

一人でも多くの患者さんの笑顔がみられるような、心豊かな看護を一緒に。看護部長 成毛一子

私たち病院の理念は「笑顔と愛のあふれる病院」です。患者さまやご家族さまから心から信頼して頂けるような、患者さまの心に寄り添う看護を目指しています。
その為には、看護師やその他病棟業務に携わるスタッフ一人ひとりが自分の仕事に責任を持ち、患者さまにあった看護を提供する必要があります。
そして、看護師にとって大切なことは、常に看護に対する意欲や向上心を持ち続けることです。そのようなモチベーションを維持し、できるだけ長くやりがいをもって働き続けられるように、キャリアアップの支援や、子育て中のスタッフをサポートする制度を用意しています。
また、活気にあふれ、コミュニケーションの取れた職場環境が自慢であり、当院の魅力です。その中でスタッフ一人ひとりが楽しみながら働き、休みには気持ちをリフレッシュさせる。――そんな環境をつくることが、看護部長である私の役割だと思っています。
一人でも多くの患者さまの笑顔が見られるような、心豊かな看護を一緒に提供していきましょう。

先輩インタビュー

一人でも多くの患者さんの笑顔がみられるような、心豊かな看護を一緒に。看護部長 成毛一子
この病院で働いて良かったこと。

2歳と小学校一年生の子供がいます。私は以前、急性期病院に努めていましたが、核家族の為、家庭との両立を考えこの病院に移ってきました。
入職してびっくりしたのが、職員の「お互い様」の精神です。当院看護師の平均年齢は、37歳で子育て世代でもあります。そのため、急な子供の発熱など、困ってしまったとき、相談に乗ってくれたり、「そういう時はお互い様」と快く引き受けてくれたりします。託児所も院内にあるため、祝日の預け先や夜勤時に利用でき助かっています。

患者様からの「ありがとう」に感謝。

私は看護にあたり、患者様とコミュニケーションを大切にしています。
高齢の方や重病の方など、おしゃべりできない患者様も多くいらっしゃいますが、たとえ言葉を交わさなくても、スキンシップを大事にしたり、笑顔で声をかけたりといったことを心がけています。そうすると不思議に心が通じ合うようになっていくんですよね。
患者様やご家族の方の「ありがとう」という言葉を聞くと、本当に嬉しいです。

オンオフ、どちらも大事。

こちらの病院で働き始めてまず感じたことは、プライベートな時間を持ちやすいということです。以前務めていた病院では、定時に帰れないことが多かったですし、それは仕方がないことだと思っていたんです。でも今の病棟では、みんなで協力しあってきっちり仕事を終わらせようね、という雰囲気。月に9回の公休もきっちり休めますし、有給を合わせて長期休暇を取る人もいます。オンとオフの両方を充実させるために、団結しているんです。

教育体制

一人でも多くの患者さんの笑顔がみられるような、心豊かな看護を一緒に。看護部長 成毛一子
教育委員会・教育担当者が1年間の教育計画を立案し、
院内外の講師による研修会を開催しています。

新人スタッフには、プリセプター制度をはじめ、充実した研修制度が整えられています。
成長のスピードは人によってさまざまなので、焦らなくても大丈夫。
実践力のある看護師・介護士へ成長できるよう、病院全体で教育し支援していきます。

プリセプター制度

プリセプター制度を用いて一人ひとりへ親身な指導や教育を行う中で、プリセプター(指導者)を中心とした『チームで新人を育てる』を実践しています。
「社会人として、医療人として、看護師・介護士としての自覚と責任を獲得する」という目的へ向けた実践的な教育により、日々の成長を実感し、仕事にやりがいを感じてもらえるよう取り組んでいます。

新人看護師

教育担当者を中心に教育プログラムを作成し、知識や技術の確認行為を集合教育やOJTを通して行っています。
この他、管理者参加型の交流会等を開催し、新人さんへ先輩スタッフからのメッセージやアドバイスなど、気軽に話ができる機会を設けています。

教育プログラムのご確認はこちら

IMSグループ主催、千葉県看護協会主催の研修会に出席できるよう年間計画を作成しています。

IMSグループの教育・研修プログラム

IMSグループでは、『アイナースプログラム』という厚生労働省「新人看護職員研修ガイドライン」に対応したIMSグループオリジナルの教育・新人育成支援体制を導入しています。入職から3年目までを新人教育期間とし、入職時の集中研修や勤務年数に応じたフォローアップ研修、「ほっとライン」による精神的支援を行っています。
4年目以降は、「心電図基礎コース」や「看護研究」などの専門性を強化する研修、管理職育成研修などを行っています。希望者へは、認定看護師の取得など、キャリアアップ支援も積極的に行っています。

復職支援体制

潜在看護師の方へは、「復職支援」として看護技術や記録等についての説明会、病院見学会を実施しています。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。
子育て中やご家族の介護をしているスタッフも安心して勤務出来るよう、院内託児所や育児・介護短時間勤務、看護・介護休暇などの制度を整えています。
ブランクがある方でも、まずは勤務日数や勤務時間等を相談しながら、安心して復職できます。