リハビリテーション科

リハビリテーション科技師長あいさつ

リハビリテーション科 技士長
佐藤 清登

急性期のリハビリテーションは、治療に伴う不必要な安静を防ぎ、その後の回復期や在宅での患者様の生活機能に大きく影響するため重要とされています。
当科では、リスク管理を行った上で疾患の治療と並行して、入院早期から退院後の生活に目を向けた支援を行っています。また、急性期から回復期、生活期医療まで一貫した方針でのリハビリテーションの提供が重要と考えており、院内の回復期リハビリテーション病棟のみならず、グループ内の慢性期病院や生活期施設、グループ外の病院・施設と密な連携を行うことで、切れ目のない丁寧なリハビリテーションの提供に努めています。今後も地域から支持される病院となれるよう取り組んで参ります。

取り組み

○ 理学療法士
身体・基本動作能力(起きる・座る・立つなど)の回復改善の治療を担当します。
ひとりひとりの医学的・社会的視点を考慮しながら身体能力や生活環境等を評価し治療いたします。
また、目標達成や日常生活の自立にむけて、支援や福祉用具選定・介助指導を行います。

○ 作業療法士
『できるようになりたい』という想いに寄り添いながら、持っている能力を引き出し、その方に合う食事・排泄・更衣など生活に必要な動作や、家事・仕事・趣味などを行えるように支援いたします。
また、状態に合わせた住環境(手すりや福祉用具)の相談に応じます。

○ 言語聴覚士
失語症(話す、聞く、読む、書くことが難しい)や構音障害(呂律が回らず上手く話せない)等によってコミュニケーションに困難がある方々に対し必要な訓練や支援を行い能力の向上を図ります。
また、嚥下障害(食物を飲み込めない)に対しても評価や訓練を行います。


リハビリ室風景 リハビリ室風景