リハビリテーション科

リハビリテーション科技師長あいさつ

リハビリテーション科技師長
戸羽 香央里

理学療法室では、身体の各運動機能の回復・治癒を支援しています。起きる・座る・立つ・歩く等の日常生活に必要な基本的動作能力の獲得・維持を目標に運動療法や物理療法を実施しています。当院では、本人・家族と十分に話し合い、現在の全体像(身体機能・心理状態・リスクなど)を的確に把握し、より良いニーズに応えられるようにしています。また、医師を中心に他職種との情報交換を密に行い、チームで一人一人の状態に合った適切な治療方法・目標を設定しアプローチを進めていきます。 本人や家族(介護者)が安心して家庭・地域・社会生活に戻れるよう努力しています。

取り組み

○ 理学療法士
身体・基本動作能力(起きる・座る・立つなど)の回復改善の治療を担当します。
ひとりひとりの医学的・社会的視点を考慮しながら身体能力や生活環境等を評価し治療いたします。
また、目標達成や日常生活の自立にむけて、支援や福祉用具選定・介助指導を行います。

○ 作業療法士
『できるようになりたい』という想いに寄り添いながら、持っている能力を引き出し、その方に合う食事・排泄・更衣など生活に必要な動作や、家事・仕事・趣味などを行えるように支援いたします。
また、状態に合わせた住環境(手すりや福祉用具)の相談に応じます。

○ 言語聴覚士
失語症(話す、聞く、読む、書くことが難しい)や構音障害(呂律が回らず上手く話せない)等によってコミュニケーションに困難がある方々に対し必要な訓練や支援を行い能力の向上を図ります。
また、嚥下障害(食物を飲み込めない)に対しても評価や訓練を行います。


リハビリ室風景 リハビリ室風景