平成28年度 イムス明理会仙台総合病院 病院指標

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 11 93 70 129 144 197 261 356 127

平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様の年齢階級別患者数です。
一般病棟に入院された患者様を対象にしております。
年齢は入院時の年齢で集計しております。

【解説】
入院の年齢層は80歳台が一番多く、次いで70歳台となっております。
70歳からの入院患者様で半数を占めており、老人保健施設からの急患も多く受け入れています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 31 31.54 21.25 0.14 83.90
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし 21 44.38 17.95 0.28 88.57
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術処置2なし 21 39.52 14.52 0.14 75.38
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術処置2なし 16 47.56 17.77 0.21 67.93
130060xx99x0xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術処置2なし 16 32.25 12.02 0.14 81.18

平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に集計し、DPCコード上位5症例を掲載しております。
平均在院日数は、入院してから退院するまでの日数を集計しており、一般病棟から他の病棟へ転棟した場合は入院したすべての病棟の日数を合算したものになっております。

【解説】
内科では、誤嚥性肺炎が症例数で1位で、年齢層も80歳台が多い傾向となっております。
また、血液免疫疾患(リウマチなど)の患者様も多く治療されております。


消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし 19 5.89 5.50 0.00 45.84
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病名なし 17 3.11 2.72 0.00 57.11
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 13 6.76 7.65 0.00 69.92
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - - - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - - - -

平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に集計し、DPCコード上位5症例を掲載しております。
平均在院日数は、入院してから退院するまでの日数を集計しており、一般病棟から他の病棟へ転棟した場合は入院したすべての病棟の日数を合算したものになっております。

【解説】
消化器科では急性腸炎の加療目的、大腸ポリープの切除目的で入院される方が多い傾向となっております。


外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病名なし 28 1.39 2.60 0.00 27.21
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術処置2-3あり 定義副傷病名なし 21 1.71 6.93 0.00 59.85
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術処置2なし 18 36.44 23.85 0.43 81.33
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 15 6.26 5.29 0.07 64.53
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術処置2なし 15 6.46 5.50 0.00 43.06

平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に集計し、DPCコード上位5症例を掲載しております。
平均在院日数は、入院してから退院するまでの日数を集計しており、一般病棟から他の病棟へ転棟した場合は入院したすべての病棟の日数を合算したものになっております。

【解説】
 急性アルコール中毒の加療目的、次いで結腸の悪性腫瘍の化学療法目的の方が多い傾向となっています。
 鼠径ヘルニア、胆のう摘出の手術目的の患者様もおります。


整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070080xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢) 手術あり - - - - -
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 - - - - -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし - - - - -

【解説】
症例が10件未満の為、解説なし。
※29年4月より、整形外科の常勤医が就任しましたので、骨折された方などの救急受け入れを積極的に行っております。


婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120220xx02xxxx 女性性器のポリープ 子宮内膜掻爬術 - - - - -
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮筋腫摘出(核出)術 腟式等 手術処置2なし - - - - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - - - -
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 - - - - -
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 - - - - -

【解説】
症例が10件未満ですが、子宮の良性腫瘍、ポリープの摘出手術を行っています。


眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

【解説】
当院では眼科に入院されるほとんどが白内障の水晶体再建術目的です。
※「白内障の水晶体再建術」は、短期滞在手術基本料3のため、上表の指標から除外しております。
水晶体再建術のデータに関しては、「指標:診療科別主要手術別患者数等」をご参照ください。


皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 32 9.81 8.96 0.00 66.28
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 10 14.3 11.97 0.00 62.33
080190xxxxxxxx 脱毛症 - - - - -
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術処置1なし - - - - -
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - - - - -

平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に集計し、DPCコード上位5症例を掲載しております。
平均在院日数は、入院してから退院するまでの日数を集計しており、一般病棟から他の病棟へ転棟した場合は入院したすべての病棟の日数を合算したものになっております。

【解説】
当院の皮膚科は帯状疱疹で入院加療される患者様が多い傾向となっております。
また、件数は少ないですが、脱毛症に対する治療も行っています。


耳鼻科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 64 9.15 5.24 0.00 63.64
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 14 4.42 5.50 0.00 33.57
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - - - -
030380xxxxxxxx 鼻出血 - - - - -
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 - - - - -

平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に集計し、DPCコード上位5症例を掲載しております。
平均在院日数は、入院してから退院するまでの日数を集計しており、一般病棟から他の病棟へ転棟した場合は入院したすべての病棟の日数を合算したものになっております。

【解説】
耳鼻科では、めまいによる救急入院が多い傾向です。
症例数2位の扁桃周囲膿瘍については、平均在院日数(全国)より短い入院期間となっております。


脳外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - - - -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術処置1なし 手術処置2-2あり 定義副傷病名なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - - - -
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - - - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術処置2なし 定義副傷病名なし - - - - -

【解説】
症例が10件未満の為、解説なし。
 ※28年10月より診療を開始。脳梗塞などの救急患者様の受け入れを行っています。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 18 - - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

平成28年4月から平成29年3月に退院された患者様を対象に集計しています。
同じ患者様が複数回入院された場合も計上しています。
また、10件未満の症例は‐(ハイフン)で表示しております。

【解説】
 当院の外科で手術を行い、外来などで化学療法を行いフォローしております。
 また、件数は少ないですが、乳がんの手術、皮膚がんの摘出術も行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 8.00 43.25
中等症 27 23.48 79.25
重症 14 24.64 87.71
超重症 - - -
不明 - - -

市中肺炎とは、自宅などで生活していてかかる肺炎のことで、病院に入院していてかかる医原性の肺炎とは区別されます。
肺炎の重症度を測るA-DROPシステムという指標を用いて重症度別に集計しました。
  A-DROPシステム
  A(Age):男性70歳以上、女性75歳以上
  D(Dehydration):BUN 21mg/dl以上または脱水あり
  R(Respiration):SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
  O(Orientation):意識障害あり
  P(Pressure):血圧(収縮期)90mmHg以下
 ・・・上記の指標のうち、
 いずれにも該当しないものは0点(重症度0)、1項目該当すれば1点(重症度1)、…、5項目該当すれば5点(重症度5)とします。該当する項目が多くな
 るほど重症度が増します。

【解説】
 中等症の件数が一番多いです。平均在院日数に差はありませんが、高齢になるほど重症化する傾向が見られます。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - 11 43.54 84.18 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -

ICD10とはWHO(世界保健機関)によって公表されている分類方法で、死因や疾病の国際統計分類です。
医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者様を対象として、発症日から入院までの日数別に、患者数、平均在院日数、平均年齢、転棟率を集計したものです。
また、10件未満の症例は-(ハイフン)で表示しております。

【解説】
 28年10月より脳神経外科を標榜しており、まだ件数は少ないですが、緊急を要する患者様の受け入れを積極的に行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -

【解説】
 10症例未満のため解説なし。

消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 18 0.77 1.5 0.00 57.27
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - - - - -

対象期間:平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間に一般病棟を退院した患者様
合計件数が10件以上のみ掲載の対象としています。
同一入院に行った複数の手術の場合には、主要な手術1つのみを症例数に集計しています。
退院時診療科で集計しているため、必ずしも「診療科」=「手術実施科」ではありません。

【解説】
 消化器科では、大腸のポリープ切除で入院する方が多いです。
 また、寝たきりで経口摂取が難しい患者様には、胃ろうの造設手術も行っています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 9.55 8.5 0.07 61.35
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 15 2.13 3.13 0.07 64.53
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -

対象期間:平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間に一般病棟を退院した患者様
合計件数が10件以上のみ掲載の対象としています。
同一入院に行った複数の手術の場合には、主要な手術1つのみを症例数に集計しています。
退院時診療科で集計しているため、必ずしも「診療科」=「手術実施科」ではありません。

【解説】
 胆嚢摘出術、ヘルニア手術については、腹腔鏡を用いた手術も行っております。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K093 手根管開放術 - - - - -
K028 腱 鞘 切開術(関節鏡下によるものを含む。) - - - - -
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) - - - - -
K0484 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(鎖骨、膝蓋骨、手、足、指(手、足)その他) - - - - -
K0783 観血的関節固定術(肩鎖、指(手、足))

【解説】
 10症例未満のため解説なし。

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 - - - - -
K867 子宮頸部切除術 - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -

【解説】
 10症例未満のため解説なし。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入・その他) 133 0.02 1.09 0.00 74.54

対象期間:平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間に一般病棟を退院した患者様
合計件数が10件以上のみ掲載の対象としています。
同一入院に行った複数の手術の場合には、主要な手術1つのみを症例数に集計しています。

【解説】
 眼科は、白内障に対する手術である水晶体再建術が全数となっており、1泊2日の日程で治療行います。

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6センチメートル以上12センチメートル未満) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3センチメートル以上6センチメートル未満) - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)( 長径2センチメートル以上4センチメートル未満) - - - - -

【解説】
 10症例未満のため解説なし。

耳鼻科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K340 鼻茸摘出術 - - - - -
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)( 長径2センチメートル以上4センチメートル未満) - - - - -

【解説】
 10症例未満のため解説なし。

脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -

【解説】
 10症例未満のため解説なし。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

対象期間:平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間に一般病棟を退院した患者様
合計件数が10件以上のみ掲載の対象としています。

【解説】
 症例が10件未満の為、解説なし。

更新履歴

平成29年9月20日
新規作成