婦人科

専門分野・特色

婦人科全般にわたって診療しており、漢方を積極的に取り入れています。
当院では、分娩は行っていませんが、仙台セミオ-プンシステムに参加し、妊婦健診を行っています。
重要なことは患者さまが診療に参加され、患者さまと一緒に診療方針を決め、総合的に診断することです。どのようなご質問にもお答えします。
婦人科の診療が大好きなスタッフが患者さまに対応しますので、気になることがありましたら、お気軽に受診なさってください。

スタッフ紹介

大橋 一夫
(おおはし いちお)

  • 婦人科 非常勤医師
  • 主な経歴
    昭和45年東北大学卒
    函館市立病院
    東北大学病院
    公立岩瀬病院
    横須賀共済病院
    仙台逓信病院 副院長
    明理会仙台総合病院
  • 専門分野
    産婦人科全般
    産婦人科漢方
  • 資格
    日本産婦人科学会認定専門医

妹尾 匡人
(セノオ マサト)

  • 婦人科
  • 資格
    日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 所属学会
    日本産科婦人科学会
    日本周産期・新生児学会
    日本生殖医学会
    日本遺伝カウンセリング学会
    日本超音波医学会
  • 主な経歴
    東北大学病院周産母子センター 助手・講師
    太田西ノ内病院 産婦人科 副部長
    順和会山王病院 産婦人科 副部長
    東北薬科大学病院(旧東北厚生年金病院)
     産婦人科 主任部長・病院教授
  • 自己紹介文
    産婦人科疾患一般に対応しておりますが、進行癌や体外受精など専門施設での治療が必要または望ましい場合は適切な施設をご紹介しています。
    疾患の治療を行うにあたり、医療者患者間の良好なコミュニケーション形成が不可欠と考えています。そこで、診療においては、まずはご自分の状態、疾患について理解していただくことを重視しており、そのための説明に時間をかけています。その上で、「エビデンス」を基本としながらもひとりひとりの背景や生活スタイル、仕事や家族計画などに出来るだけ合うようにカスタマイズした治療プランを組み立て、提案し、また選択枝のある治療についてはそれも提示するように心がけています。手術についてもそのメリット、デメリットをできるだけ説明したうえで選択をしていただいています。