Workers voice 内海さん 社会福祉士

普段のお仕事内容を教えてください。

 

利用者様の仙台青葉ロイヤルケアセンターへの入退居に関わるサービス業務全般のご相談をお受けしています。私どものサービスには大きく入所と通所という2つがあります。それぞれ、入所は当施設にご入居いただいて職員の介助やサポートを受けながら生活をしていくというもの。通所はご自宅での介護をベースとして、当施設の車で送迎する、日帰りで通っていただくいわゆるデイサービスになります。それらに関わる相談業務が、私の主な仕事になります。
 現在は、通所サービスをご利用の方のご相談をメインに行っています。少し前にこのようなことがありました。利用者様から、今お使いの杖の調子が今ひとつなので何とかなりませんか、との相談を受けました。そのような時には、施設内スタッフと共働し、現在の利用者様の状況を踏まえた上で、別な杖をご提案させていただきます。杖ひとつとっても、福祉用具には、さまざまな種類があります。ご利用者様、ご家族のお話しをお聞ききし、そこから新しいニーズを発見する。そして、利用者様に、ご満足いただけるよう、周囲をまきこみ専門職の意見と協力を得ながら最善を尽くす。それが私の仕事です。

   

いまの職場で働くきっかけは。

仙台青葉ロイヤルケアセンターで働く前は、大学を卒業後、現在の相談を受ける社会福祉士としての仕事ではなく、特別養護老人ホームのデイサービスにおいて介護の現場職員として働いていました。仕事をしながら、社会福祉士資格の勉強をし、合格することができまして。今まで勤めていた特養とは違い、在宅復帰ができる点、より医療面、リハビリ面に特化した老健に勤めたいと考えていた為、それをきっかけに、当施設に転職しました。

日々の仕事で大変なことは何ですか。

 

前職の現場での介護の仕事と、現在の相談員としての事務仕事では、同じ介護施設の中の仕事でもまったく違い、最初は戸惑いました。なにより、自分ひとりでは完結できないのが現在の業務です。ご利用者様がいて、そのご家族がいて、当施設のリバビリのスタッフがいて、さらにはケアマネージャーさんがいて。そういう方たちの、すべての間に入って橋渡し、パイプ役になる、という仕事ですから、調整がとても大変です。
 ケアマネージャーさんやご家族の思いをリハビリの現場に伝えるのが、私の仕事。また反対に、施設スタッフの声をケアマネージャーさんやご家族に届けるのも私の仕事です。その間で、双方の意見に板ばさみになることもあり、悩むこともあります。そのもどかしさをどうしたら解決できるのかを常に意識しながら仕事をしています。
 そんな私のもどかしさは、その都度、先輩に相談に乗ってもらっています。先輩方は、一緒に解決していきましょう、というスタンスで、とにかく丁寧に親身になって相談に乗ってくれます。とっても温かい職場に感謝です。

     

将来の目標や夢は何ですか。

 

まだまだ難しいのですが、利用者様の思いやニーズを、先回りできたら、もっともっとご希望にお応えできる、サポートにつなげることができると思っています。そのため、本人様ご家族様はもちろん、施設内外の方々とのできる限り密なやりとりができるよう心がけております。一例ですが、通所リハビリの利用者様のお宅へ一緒にリハビリの職員とご自宅にご訪問します。そこで、家族の方とお話ししながら、家の中の状況を見させていただき、お困りのこと等をお聞きします。実際にあったことですが、「上がり框(かまち)を上がるのが大変そう」という状況を、ご家族の方からお聞きすることができました。それをもとに、段差を上がれるようなリハビリをしましょう、ということに。やはりご自宅で自立した生活ができる、ということが大切なことですから、お聞きできてとても良かったと思っています。今後とも、さらに知識や経験を深め、利用者様のニーズをいち早くつかみ、迅速にお応えできるよう周囲に働きかけられる相談員になりたいと思います。

     

社会福祉士を目指す後輩にひとこと。

 

施設の相談員として働いてみて想像よりも書類作成などの事務作業が多く、大学で勉強してきた内容と、実際の仕事内容にギャップを感じることもありました。しかし、自分なりに利用者様、ご家族様と関わっていく中で、そうした事務作業の1つ1つにも意味があり必要な仕事だと考えるようになりました。
また、円滑なサービス提供の為には、施設の外だけではなく、内部スタッフとの関係づくりも大切だと思っています。
サービスが上手くつながって、利用者様、ご家族様から「ありがとう」と言われた際はとても嬉しかったことを覚えています。
 私は、社会人になってから社会福祉士の資格取得の勉強を続けて合格することができました。正直、仕事を続けながら、勉強をするのはものすごく大変でした。できるだけ、在学中に資格が取得できるよう頑張ってください。諦めないことが大切です。

  

その他のインタビュー記事

  • 介護福祉士インタビュー
  • 介護福祉士インタビュー

求人情報はこちら