サービス案内

当施設は、「ユニットケア」を取り入れ、医療サービスと日常生活で必要な介護サービスを受けながら在宅復帰を目標にリハビリする施設です。

仙台青葉3つのポイント

摂食・嚥下サポート 全室個室ユニットケア 病院並みのリハビリスタッフ数

摂食・嚥下サポート

摂食・嚥下とは

人は食事を摂るとき食物を認識して噛みくだき (咀嚼:そしゃく) 、飲み込みやすくして、口の中 (口腔) から咽頭へと食物を送り込みます。その後咽頭から食道、食道から胃へと食物を送り込み、この、一連の流れを「摂食・嚥下」といいます。

摂食・嚥下のメカニズム

発生要因

摂食・嚥下障害の発生する要員の主なものとして、脳血管障害 (脳梗塞 ・ 脳内出血など)による麻痺や、神経・筋疾患、また加齢による筋力の低下などがあります。

当施設ではこのような症状のある方に対して

全室個室ユニットケア

仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター 仙台青葉ロイヤルケアセンター

病院並みのリハビリスタッフ数

平成26年度、仙台青葉ロイヤルケアセンターに7名の新入職員が入職いたしました。

新しいスタッフを加えると、医師1名、看護師11名、施設ケアマネージャー2名、リハビリ9名、管理栄養士1名、歯科衛生士1名、介護職員65名、薬剤師2名、相談員3名、事務4名、施設課7名の総勢106名となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

pagetopへ