IMSグループ 60周年
お問い合わせ TEL:047-345-1111 270-0034 千葉県松戸市新松戸1-380
病院情報

診療時間

受付時間

ご来院の際は保険証をご持参ください。
午前7:30~12:00
午後12:00~17:00

診察時間

午前9:00~/午後14:00~
*土曜日の受付・診察時間は午前のみとなります。
*診療科によって受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは外来担当医療をご覧ください。

時間外・夜間案内 病院敷地内の禁煙にご協力ください。 お問い合わせ 病院パンフレット 病院年報 医療指数 病院指標 日本機能評価認定

心臓カテーテル検査装置

心臓カテーテル検査とは、主に心臓とそれにつながる血管の病変を診断するための検査です。主な適応症例は、狭心症や心筋梗塞、弁膜症、先天性心疾患、動脈瘤や静脈瘤、動静脈奇形、動脈硬化、あるいは血栓症による血管の狭窄や閉塞などです。
心臓の血管に細い管(カテーテル)を挿入し、造影剤を注入してX線撮影し、血管の形態や血流状態、心室・心房と弁の動きなどを評価し、病気を診断します。更に、適応症例にはカテーテル治療を行います。

心臓血管撮影装置 Artis zee FA(SIEMENS)
心臓血管撮影装置 Artis zee FA(SIEMENS)

当院では、撮影装置として、シーメンス Artis zee FAを導入しております。
診断のみならず、ステントを用いた血管拡張術、腫瘤を栄養する動脈を人為的に閉塞させる動脈閉塞術など、血管造影検査の手技を利用した治療にも併用しております。

主な適応症例

狭心症、心筋梗塞、弁膜症、先天性心疾患、動脈瘤、静脈瘤、動静脈奇形、動脈硬化、血栓症 など

Q&A

カテーテル検査とは?
カテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し、その先端を心臓やその他の病変の近くまで進め、造影剤をピンポイントで注入することで、より精度の高い画像を撮影する検査です。
検査方法・時間は?
まず、検査台の上に仰向けに寝た状態で、カテーテルを挿入する場所(上腕もしくは腿の付け根)を消毒し、局所麻酔を行い、血管(動脈)内にカテーテルを挿入します。その先端を心臓まで進め、カテーテルを通じて造影剤を注入しながら、X線撮影をします。
所要時間は30~60分程度です。
検査に際して注意することは?
造影剤を使用するため、まれに副作用が起こるケースがあります。症状としてはかゆみや発赤、くしゃみなどから、重い症状となると、呼吸困難や意識消失、心停止なども起きるケースがあります。薬剤アレルギーがある方は事前に医師にご相談ください。
また、造影剤が注入されると瞬間的に体が熱く感じられます。通常はすぐに治まりますが、不快な場合にはご遠慮なくお申し出ください。

このページのトップへ戻る

個人情報保護方針 | 著作権について | サイトマップ

Copyright(C)2013 SHINMATSUDO CENTRAL GENERAL HOSPITAL. All Rights Reserved.
IMSグループについて 新松戸中央総合病院はIMSグループのグループ会社です。 詳細はこちら 医療ナビゲーション イムス総合サービスセンター IMSグループ職員用サイト