IMSグループ 60周年
お問い合わせ TEL:047-345-1111 270-0034 千葉県松戸市新松戸1-380
病院情報

診療時間

受付時間

ご来院の際は保険証をご持参ください。
午前7:30~12:00
午後12:00~17:00

診察時間

午前9:00~/午後14:00~
*土曜日の受付・診察時間は午前のみとなります。
*診療科によって受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは外来担当医療をご覧ください。

時間外・夜間案内 病院敷地内の禁煙にご協力ください。 お問い合わせ 病院パンフレット 病院年報 医療指数 病院指標 日本機能評価認定

FMD検査装置

FMD検査とは?

FMD検査装置
FMD検査装置

超音波装置を使い「血管内皮機能」を調べる検査を「FMD検査(血流依存性血管拡張反応検査)」といいます。この検査では動脈硬化を早期に調べることができます。
動脈硬化は血管内皮機能の低下から引き起こされると言われており、腕を締めたあと緩めると、血流が血管内皮を刺激し、血管拡張物質である一酸化窒素を放出します。
この一酸化窒素がどれだけ放出されたかは、どれだけ血管が拡張したかを見ることにより分かり、拡張が少ない場合は内皮機能が衰えているということになります。

Q&A

検査方法・時間は?
ベッドに仰向けで横になり、上腕部にカフというバンドを巻いて腕を5分間圧迫(完全駆血)します。
圧迫を解除すると血流が血管内皮を刺激して血管が拡張しますので、どれだけ拡張したかをエコーで観察し、血管内皮機能の低下(動脈硬化)を評価します。
検査時間は15分程度です。
検査中の痛みは?
5分間の圧迫(完全駆血)が痛いのではないかと心配される方も多くいらっしゃいますが、(株)ユネクスによる「圧迫の痛みついてのアンケート」では95%の方が「全く気にならなかった」や「大丈夫だった」との回答でした。測定中はリラックスして検査を受けられている方が多くみられます。

検査に際して注意することは?
検査前は4時間以上の絶食・禁煙をしていただきます。(飲食や喫煙をしてしまうと結果に影響がでますので、場合により検査中止となる場合もございますのでご注意ください。)
また、水分摂取は水以外のものは避けていただくようお願いいたします。

文献:株式会社ユネクスホームページ

このページのトップへ戻る

個人情報保護方針 | 著作権について | サイトマップ

Copyright(C)2013 SHINMATSUDO CENTRAL GENERAL HOSPITAL. All Rights Reserved.
IMSグループについて 新松戸中央総合病院はIMSグループのグループ会社です。 詳細はこちら 医療ナビゲーション イムス総合サービスセンター IMSグループ職員用サイト