IMSグループ 60周年
お問い合わせ TEL:047-345-1111 270-0034 千葉県松戸市新松戸1-380

新病院誕生によせて スタッフインタビュー

診療時間

受付時間

ご来院の際は保険証をご持参ください。
午前7:30~12:00
午後12:00~17:00

診察時間

午前9:00~/午後14:00~
*土曜日の受付・診察時間は午前のみとなります。
*診療科によって受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは外来担当医療をご覧ください。

時間外・夜間案内 病院敷地内の禁煙にご協力ください。 お問い合わせ 病院パンフレット 病院年報 医療指数 病院指標 日本機能評価認定

副院長/内科 部長 医師 中村 司

各科の専門医やスタッフの緊密な連携で急性期医療に注力

内科部長であり、血液浄化センター長も務める中村医師の専門は、「急性血液浄化治療」。血液をいったん体外に出し、不必要なものを取り除いて再び身体に戻す治療法で、腎臓病をはじめ敗血症や劇症肝炎など、あらゆる急性疾患に対応する。新松戸中央総合病院はこの療法が受けられる全国でも有数の病院だ。最近は他県からも患者が集まっている。

しかし、「この治療が必要にならないよう、糖尿病や腎炎などの進行を食い止めるのが本来の専門」だという。そのために薬剤師や管理栄養士などと協力して投薬や食事療法などを進める。腎臓病だけでなく、多臓器不全や肝腎症候群などの患者も多く、他科の専門医とともに治療にあたる。こうした緊密な連携の成果として「当院は救命率が高い。他から転院してきた患者さんの元気な姿を見るのが何よりの喜び」と笑顔がこぼれた。

小学生のころ腹膜炎で生死をさまよい、命を救ってくれた医師の姿に感動してこの道を選んだ。師に恵まれた経験から「よい医師を育てることも使命」と、4つの大学で教鞭をとり、学生や研修医向けの講習も精力的にこなす。「当院は症例が豊富。研修医がしっかり学べる環境が整っている」と胸をはった。新病院完成を機に有望な若手入職への期待は大きい。

野球や格闘技の観戦が趣味。「3人の娘の成長が楽しみ」と目を細めた。
新病院では血液浄化センターが拡充され、さらに多くの患者の受け入れと安定した透析治療の提供が可能になっている。

このページのトップへ戻る

個人情報保護方針 | 著作権について | サイトマップ

Copyright(C)2013 SHINMATSUDO CENTRAL GENERAL HOSPITAL. All Rights Reserved.
IMSグループについて 新松戸中央総合病院はIMSグループのグループ会社です。 詳細はこちら 医療ナビゲーション イムス総合サービスセンター IMSグループ職員用サイト