IMSグループ 60周年
お問い合わせ TEL:047-345-1111 270-0034 千葉県松戸市新松戸1-380
当院をご利用の方へ

診療時間

受付時間

ご来院の際は保険証をご持参ください。
午前7:30~12:00
午後12:00~17:00

診察時間

午前9:00~/午後14:00~
*土曜日の受付・診察時間は午前のみとなります。
*診療科によって受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは外来担当医療をご覧ください。

時間外・夜間案内 病院敷地内の禁煙にご協力ください。 お問い合わせ 病院パンフレット 病院年報 医療指数 病院指標 日本機能評価認定

内科 | 循環器内科 | 心臓血管外科 | 泌尿器科 | 外科 | 大腸肛門外科 | 乳腺外科
呼吸器外科 | 消化器・肝臓内科 | 脳神経外科 | 整形外科 | 形成外科 | 眼科 | 小児科
耳鼻咽喉科 | 皮膚科 | ER(救命救急室) | 病理診断科 | 放射線科 | 麻酔科

血液浄化センター外来担当医表

血液浄化センターでは、慢性・急性腎不全に対する血液透析療法を中心に、炎症性腸疾患に対する顆粒球除去療法、閉塞性動脈硬化症や難治性ネフローゼ症候群、家族性高コレステロール血症に対するLDL吸着療法、肝臓疾患に対する血漿交換療法、膠原病や神経疾患(ギランバレー症候群など)に対する免疫吸着療法などの血液浄化療法(アフェレシス)を行っております。

また集中治療室(ICU)において、敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法や劇症肝炎・急性膵炎に対する血漿交換療法、血液濾過透析療法、さらに急性薬物中毒に対する薬物吸着療法などの救急救命医療を行っております。特に敗血症性ショックに対するエンドトキシン吸着療法は、年間約40症例に施行し、約70%の救命率を誇り、研究面でも日本を代表する施設として国内外から高い評価をいただいております。

外来診療においては、腎臓病の進行予防のための食事療法や薬物療法を行っております。特に降圧剤による治療では、腎保護作用のある薬剤を患者さんの病状に応じて組み合わせるなど対応しております。近年、糖尿病患者さんが増加し、必然的に糖尿病腎症を合併する患者さんが増えてきておりますが、慢性腎不全への進行を予防するため、栄養士、薬剤師、看護師などと協力し治療にあたっております。

血液浄化センターでは、腎臓病の早期の診断、治療を行うことにより、慢性腎不全への進行を阻止し、また腎不全に移行した患者さんに対しても、重篤な病状に陥る前に、透析療法を始めとした血液浄化療法を行い、社会復帰が早期に可能なるよう努めております。

臨床研究

主な対象疾患

  • ・急性腎不全
  • ・慢性腎不全
  • ・ネフローゼ症候群
  • ・腎炎
  • ・敗血症性ショックなど
  • ・多発性嚢胞腎(ADPKD) ご案内はこちら

当院で行える検査・術式

  • ・血液浄化療法
    血液透析 血液濾過透析 顆粒球除去療法 LDL吸着療法 
    血漿交換療法 免疫吸着療法 腹膜透析
  • ・経皮的腎針生検
  • ・内シャント手術
    当院形成外科が中心となり行っています。
    病状により人工血管の感染などが心配される場合には、患者さんご自身の血管を移植し内シャント手術を行っております。
  • ・シャントPTA(経皮的血管形成術)
    当院循環器内科が中心となり行っています。
  • ・長期留置型透析用カテーテル留置
  • ・腹膜透析カテーテル留置および抜去
    当院外科が中心となり行っています。

CKD(慢性腎臓病)外来のご案内

7月よりCKD(慢性腎臓病)外来を開設いたします。
慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)とは 慢性に経過するすべての腎臓病を指します。

生活習慣病 (糖尿病、高血圧、など)や メタボリックシンドロームとの関係も深く、 誰もがかかる可能性のある病気のひとつです。
体を正常な状態に保つ重要な役割を担っている腎臓の機能が、慢性腎臓病 (CKD)によって低下し続けることで脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患発症 のさまざまなリスクが発生します。患者は現在我が国に1330万人以上いると 考えられており、新たな国民病とも言われています。

●(健診などで)たんぱく尿・血尿を指摘された
●尿量増加・減少
●むくみがなかなか治らない
●身内に腎臓の悪い人がいる
●透析と言われたけれど…、腎臓病の治療で悩んでいる  など

お気軽にご相談ください。

診療日時:毎週土曜日 9:00~11:00
担当医師:当院 腎臓内科医師 が交代で診察いたします

PD(腹膜透析)外来のご案内

平成29年12月よりPD(腹膜透析)外来を始めました。
腹膜透析とは、体に優しい自宅で自分の生活スタイルに合わせてできる透析療法です。血液透析に比べて腎臓の働きを守ることができるという利点もあり注目されている治療法です。24時間かけてゆっくり透析をするので血圧が下がったりすることもなく、痛みもありません。通院も月に1~2回ですむので忙しい方にも便利な治療法です。

診療日時:毎週土曜日9:00~11:00
担当医師:当院腎臓内科医師が交代で診察いたします

Message

血液浄化センターは平成25年6月にリニューアル致しました。現在の倍にあたる40床の透析ベッドをご用意し、今まで以上により多くの腎不全患者さんの対応を行わせていただくことが可能となりました。患者さんのご要望にできるだけお応えし、患者さんに安心して治療を受けていただけるように、当センタースタッフ皆、努めて参ります。

このページのトップへ戻る

医師紹介

副院長/内科部長/血液浄化センター長 中村 司
副院長/内科主任部長
中村 司

資格・所属学会
医学博士
日本内科学会認定医
日本腎臓学会評議員、専門医、指導医
日本急性血液浄化学会評議員、専門医、認定指導者
日本アフェレシス学会評議員、専門医
日本結合組織学会評議員
慢性腎臓病対策協議会 千葉県代表

専門・得意分野
腎臓疾患、アフェレシス治療、急性血液浄化療法

このページのトップへ戻る

腎臓内科医長 佐藤 英一
腎臓内科部長/血液浄化センター長
佐藤 英一

資格・所属学会
医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本急性血液浄化学会評議員、専門医、認定指導者
日本アフェレシス学会評議員、専門医
日本透析医学会透析専門医、指導医
日本泌尿器学会泌尿器科専門医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本医師会認定産業医

専門・得意分野
腎臓内科

このページのトップへ戻る

常勤医 野村 まゆみ
常勤医
野村 まゆみ

資格・所属学会
日本内科学会認定医
日本腎臓学会
日本透析医学会
日本急性血液浄化学会
日本アフェレシス学会
日本リウマチ学会

専門・得意分野
腎臓内科

このページのトップへ戻る

常勤医 野村 まゆみ
常勤医
松村 大輔

資格・所属学会員
日本内科学会認定医

専門・得意分野
腎臓内科

このページのトップへ戻る

常勤医 野村 まゆみ
常勤医
魯 紅梅

資格・所属学会員
日本内科学会
日本腎臓学会

専門・得意分野
腎臓内科

常勤医 野村 まゆみ
常勤医
出川 まなか

資格・所属学会員

専門・得意分野
腎臓内科

常勤医 野村 まゆみ
常勤医
小野 貴央

資格・所属学会員

専門・得意分野
腎臓内科

このページのトップへ戻る

個人情報保護方針 | 著作権について | サイトマップ

Copyright(C)2013 SHINMATSUDO CENTRAL GENERAL HOSPITAL. All Rights Reserved.
IMSグループについて 新松戸中央総合病院はIMSグループのグループ会社です。 詳細はこちら 医療ナビゲーション イムス総合サービスセンター IMSグループ職員用サイト