IMSグループ 60周年
お問い合わせ TEL:047-345-1111 270-0034 千葉県松戸市新松戸1-380
当院をご利用の方へ

診療時間

受付時間

ご来院の際は保険証をご持参ください。
午前7:30~12:00
午後12:00~17:00

診察時間

午前9:00~/午後14:00~
*土曜日の受付・診察時間は午前のみとなります。
*診療科によって受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは外来担当医療をご覧ください。

時間外・夜間案内 病院敷地内の禁煙にご協力ください。 お問い合わせ 病院パンフレット 病院年報 医療指数 病院指標 日本機能評価認定

内科 | 循環器内科 | 心臓血管外科 | 泌尿器科 | 外科 | 大腸肛門外科 | 乳腺外科
呼吸器外科 | 消化器・肝臓内科 | 脳神経外科 | 整形外科 | 形成外科 | 眼科 | 小児科
耳鼻咽喉科 | 皮膚科 | ER(救命救急室) | 病理診断科 | 放射線科 | 麻酔科

消化器・肝臓内科(消化器病センター)外来担当医表

消化器・肝臓内科はいわゆる消化器疾患を扱う内科です。対象疾患は食道・胃・十二指腸・大腸等の消化管や、肝・胆・膵等の実質臓器の病気です。
具体的には上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)や下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を毎日行っております。
内視鏡的治療としては、潰瘍等の消化管出血の止血術、ポリープに対するポリペクトミー、早期胃がん・大腸がんに対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)・粘膜下層剥離術(ESD)を行っております。また胆道系疾患に対してはERCP(内視鏡的逆行性胆管膵菅造影)を行い、主に胆管結石等に対する内視鏡的治療や、切除不能の胆膵系の悪性腫瘍に対するステント挿入術、慢性膵炎の仮性膵嚢胞のドレナージ術等も多数例に施行しており、術後胃の症例にも積極的に治療しております。

検査・治療実績(平成28年度)

消化器・肝臓内科
  1. 上部消化管内視鏡検査:4476件(内視鏡的治療含む)
  2. 下部消化管内視鏡検査:1759件(内視鏡的治療含む)
  3. 内視鏡的逆行性胆管膵菅造影検査:
    230件(内視鏡的治療含む)ですが、 後述の如く殆どが治療内視鏡
  4. 治療内視鏡:
    • (1)消化管出血に対する内視鏡的止血術:170件  
    • (2)食道・胃静脈瘤に対する内視鏡的硬化療法・結紮療法:61件  
    • (3) 消化管ポリープ・腫瘍に対するポリペクトミー・粘膜切除術・粘膜下層剥離術:約530件  
    • (4)総胆管結石等に対する内視鏡的乳頭切開術・バルーン拡張術・胆管ステント留置:178件  
    • (5) 内視鏡的胃瘻造設術(外科で施行):30件  
    • (6) その他:約5件(消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術等)
  5. 腹部超音波検査(年間4874件)
  6. 超音波ガイド下肝生検:30件
  7. 経皮経肝胆道ドレナージ・経皮経肝胆嚢ドレナージ術:4件
  8. 腹部血管造影検査及び肝動脈塞栓術:87件
  9. 肝細胞がんに対するRFA等の局所治療:48件
  10. 胃静脈瘤に対するBRTO、門脈圧亢進症に対する部分脾動脈塞栓術等のIVR:9件
  11. C型慢性肝炎に対するインターフェロン療法:150例(ペグインターフェロン/リバビリン/シメ プレビル3剤併用 療法、ペグインターフェロン/リバビリン併用療法、インターフェロン少量間歇療法)
  12. B型慢性肝炎に対するエンテカビル・ラミブジン・アデフォビル・インターフェロン療法:約45例
  13. 劇症肝不全に対する血漿交換・血液濾過透析等の集学的治療:0件
  14. 炎症性腸疾患に対する白血球除去療法(G-CAP・L-CAP)、ステロイド動注等の特殊治療:0件
  15. 超音波内視鏡加算:13件

腫瘍外来のご案内

 国民の2人に1人ががんに罹患し、3人に1人ががんにて死亡する現在、医療機器や診断法の進歩により、様々な臓器で、様々な特徴を有するがんが発見されております。我が国のがん治療は、歴史的にがんの発生臓器に関連した診療科のもとで行われてきました。
 しかし、分子生物学や臨床腫瘍学の飛躍的な進歩により、異なる腫瘍の共通性が解明されるとともに専門的な知識や技能が必要とされる薬剤が臨床導入されたため、質の高いがん薬物療法を実践するためにには、幅広い臓器のがん薬物療法を修得し、実施することが必要とされています。
 そのため、臓器横断的にがん薬物療法を修得し、がん診断法や薬物特性などの豊かな学識と高度な臨床技能を備えた専門医ががん薬物療法を実践することが期待されています。
 日本臨床腫瘍学会でも、臨床腫瘍学の進歩に即して質の高いがん薬物療法を臓器横断的に実践できる医師を「がん薬物療法専門医」として認定しており、専門医には、診療科・職種横断的チームの中でのリーダーシップ発揮やがん治療に関するコンサルテーション・セカンドオピニオンへの適切な対応が求められております。
 当院消化器病センター腫瘍外来では、がん薬物療法専門医(指導医)が、胃がんや大腸がん、肝臓がん、膵臓がん、胆道がんなどの消化器がんは元より、GIST(消化管間質腫瘍)や神経内分泌腫瘍などの希少がん、原発不明がんなどの診療を行っております。また、肺がんや乳がん、婦人科がん、泌尿器科がんにつきましては、前述の通り殺細胞性抗がんにつきましては、最適な治療を説明した後、各専門診療科へご紹介いたしております。
 当専門外来でのがん治療につきましては、前述の通り、殺細胞性抗がん薬や分子標的治療薬を用いた「薬物療法」が中心ではありますが、実際には、放射線治療との併用や外科治療への移行など、薬物療法以外の治療法の必要性につきましてもグループ内にて検討し、最適な治療を提供いたしております。また、治療方針の決定に際しましてもえ、病院説明を正確に行った上で、患者さん自身とよく相談し、全人的診療を心がけております。
 今後は、地域医療機関や在宅福祉施設などとの連携も深めてまいりますので、気兼ねなく、当専門外来をご利用ください。

診療時間:木曜日午前9:00~12:00
遠藤医師にて担当いたします。

「腫瘍外来のご案内」

Message

当科はフットワークの良さが特徴です。入院したら外来での主治医が診ない等のことはなく、外来、入院、検査、治療と一貫してきめ細かく行わせていただきます。当科開設以来、毎朝、常勤医師全員で入院患者さんの回診を行っております。
外来は外科と隣り合わせで行っているため、外科とのスムーズな関係が築かれており、大病院にありがちな内科から外科への紹介が遅くなる等のことはほとんどございません。

新病院では、外来での内視鏡検査で鎮痛剤、鎮静剤等を使用した患者さんに対して検査後の観察ができる十分なスペースをもった「リカバリー室」ができましたので、より快適でかつ安全な検査を受けていただくことが可能となりました。
また、化学療法室が開設されたことにより、患者さんの状態によっては通院で治療することも可能となりました。
当科には肝臓専門医が常勤に4名、非常勤に6名おり万全の体制で治療を行っております。
2013年9月末に時点で当院ではC型肝炎に対する3剤併用療法を施行した患者数は全国で6番目です。多様な副作用のある治療は多数の使用経験のある施設で施行することが好ましいとされておりますので、治療を希望される患者さんには福音と言えると考えております。肝細胞癌治療も千葉県東葛地区では最も多くの症例数であります。

このページのトップへ戻る

医師紹介

常勤医 米澤 健
副院長
消化器・肝臓内科 主任部長
消化器病センター長
遠藤 慎治

資格・所属学会
医学博士
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本肝臓病学会専門医
日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医、指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
緩和ケア研修会修了医
日本癌学会
国際膵臓学会
日本胆道学会
米国癌学会(AACR)active member
日本消化器病学会関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
臨床研修指導医
日本癌治療学会
日本膵臓学会
日本糖尿病学会

専門・得意分野
がん薬物療法(化学療法)、消化器がん内視鏡診断及び治療

このページのトップへ戻る

常消化器・肝臓内科部長 加藤 慶三
消化器・肝臓内科部長
消化器病センター副センター長
加藤 慶三

資格・所属学会
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化管学会胃腸科専門医、指導医
日本門脈圧亢進症学会技術認定(内視鏡的治療)
日本消化器病学会関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
日本肝臓学会東部会評議員
東葛消化器DIC研究会世話人
臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了医

専門・得意分野
慢性肝炎の診断・治療、
肝細胞癌の集学的治療(時にラジオ波熱凝固療法、肝動脈塞栓術)、
食道胃静脈瘤に対する内視鏡的治療、IVR、
胆膵疾患(総胆管結石、胆道癌、膵臓癌等)も対する内視鏡的治療

このページのトップへ戻る

消化器・肝臓内科部長 清水 晶平
消化器・肝臓内科部長
清水 晶平

資格・所属学会
医学博士
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医、指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本静脈経腸栄養学会Total Nutritional Therapy研修修了
臨床研修指導医

専門・得意分野
消化器全般、内視鏡診療

このページのトップへ戻る

常勤医 米澤 健
消化器・肝臓内科医長
井家 麻紀子

資格・所属学会
日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会消化器専門医、指導医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
緩和ケア研修会修了医

専門・得意分野
消化器全般

このページのトップへ戻る

常勤医 佐藤 祥之
常勤医
佐藤 祥之

資格・所属学会
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会
日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会
日本門脈圧亢進症学会
緩和ケア研修会修了医

専門・得意分野
消化器全般

このページのトップへ戻る

常勤医 米澤 健
常勤医
米澤 健

資格・所属学会
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
緩和ケア研修会修了医

専門・得意分野
消化器病全般

このページのトップへ戻る

常勤医 塙 紀子
常勤医
塙 紀子

資格・所属学会
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会

専門・得意分野
消化器病全般

このページのトップへ戻る

安部 宏
常勤医
安部 宏

資格・所属学会
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医、関東支部評議員学会評議員、指導医
日本肝臓学会専門医、東部会評議員、指導医

専門・得意分野
ウイルス性肝炎
非ウイルス性慢性肝疾患
肝細胞癌の診断と治療

このページのトップへ戻る

常勤医 伊藤 禎浩
常勤医
伊藤 禎浩

資格・所属学会
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
緩和ケア研修会修了医

専門・得意分野
消化器全般

このページのトップへ戻る

個人情報保護方針 | 著作権について | サイトマップ

Copyright(C)2013 SHINMATSUDO CENTRAL GENERAL HOSPITAL. All Rights Reserved.
IMSグループについて 新松戸中央総合病院はIMSグループのグループ会社です。 詳細はこちら 医療ナビゲーション イムス総合サービスセンター IMSグループ職員用サイト