IMSグループ 60周年
お問い合わせ TEL:047-345-1111 270-0034 千葉県松戸市新松戸1-380
臨床研修のご案内

診療時間

受付時間

ご来院の際は保険証をご持参ください。
午前7:30~12:00
午後12:00~17:00

診察時間

午前9:00~/午後14:00~
*土曜日の受付・診察時間は午前のみとなります。
*診療科によって受付時間が異なる場合がございます。
詳しくは外来担当医療をご覧ください。

時間外・夜間案内 病院敷地内の禁煙にご協力ください。 お問い合わせ 病院パンフレット 病院年報 医療指数 病院指標 日本機能評価認定

総合内科プログラム

研修責任者:中村 司 (副院長)

目標

専門化し高度化している内科の各専門科目の全科をローテートすることにより、幅広くかつ深い知識、技術を身につけ、高度な臨床内科医をめざす。
3年間でコースは完結するが、1年間の延長も可能であり、1~2年間の研修中に内科認定医を取得する。

研修概要

  1. 最初の年間は、内科系の各6専科「循環器、腎臓、消化器、呼吸器、感染症、糖尿病」を、原則的には各4ヶ月間ずつローテートし、責任指導医および指導医の下、研修する。
    • 最初の1年間は、病棟、救急外来、当直にて、主治医として患者を受け持つが、常に指導医の指導下に治療を行う。
    • また2年目よりは、同様の指導を受けるが、内科外来を週に半日を1~2回担当する。当直は相談指導医のバックアップ下に一人で行う。各ローテート期間は、指導医と相談の上、希望により2ヶ月間に短縮したり、6ヶ月間に延長する事ができる。
    • 3年目は上記の6科より1~4科を選択し、同様の研修を、更に深く行う。
    • また、更に1年延長し、下記の専門技術を取得することもできる。
  2. 各専門科では専門技術の指導を受ける。
    • 消化器内科:内視鏡(上部・下部)、腹部エコー、胃バリウム造影
    • 呼吸器内科:肺生検、気管支鏡、胸水穿刺
    • 腎臓内科:人工血液透析、アフェレシス、血漿交換、腎生検

このページのトップへ戻る

個人情報保護方針 | 著作権について | サイトマップ

Copyright(C)2013 SHINMATSUDO CENTRAL GENERAL HOSPITAL. All Rights Reserved.
IMSグループについて 新松戸中央総合病院はIMSグループのグループ会社です。 詳細はこちら 医療ナビゲーション イムス総合サービスセンター IMSグループ職員用サイト