(財)日本医療機能評価機構認定病院

当院のリハビリテーションについて

回復期リハビリテーション病棟

統括部長の挨拶

「出身」
1986年、東海大学医学部卒業
「資格」
日本神経学会専門医、指導医
日本脳卒中学会、評議員、専門医
日本脳循環代謝学会評議員
日本頭痛学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本感染症学会、インフェクションコントロールドクター認定
日本リハビリテーション医学会、認定臨床医

介護保険のご案内
回復期リハビリテーション病棟
副院長 秋山 克徳

「回復期リハビリで目標を達成し、自宅生活に戻りましょう!」
回復期リハビリテーション病棟統括部長の秋山です。
回復期病棟への入院目的は日常生活動作の向上であり、いわゆる寝たきり生活の防止を行い、 家庭生活に復帰することです。さらに社会復帰を目指すための前段階でもあります。
救急病院と連携し、できるだけ早い時期からリハビリテーションを行うことが重要です。入院中 のリハビリテーションは、しっかり時間をかけ、内容もしっかりした治療を行っていきます。
自宅生活への移行をスムーズにするために、医師、看護師(看護職員)、リハビリスタッフ(理 学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、社会福祉士(ソーシャルワーカー)などと強力なチーム を形成し、カンファレンス(話し合い)を行っています。
新戸塚病院では、神経内科専門医・指導医・脳卒中専門医、整形外科専門医の他、内科認定医、 外科専門医が常勤しておりますので、様々なご病気への対応が可能です。ご病気の治療やコント ロールを行いながら、十分なリハビリテーション治療を安心して行って頂きたいと存じます。
いずれにしても、リハビリを行える患者さまに、できる限りの医学的治療を行い、社会資源も活 用して、在宅生活を行うための手段を提供する回復期リハビリテーション病棟を是非、ご活用い ただきたいと思います。

入院対象者

疾 患 発症から入院までの期間 病棟に入院できる期間
1)脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヵ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 2ヵ月以内 180日
2)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヵ月以内 90日
3)外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヵ月以内 90日
4)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヵ月以内 60日
5)股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヵ月以内 90日

※資料出展:厚生労働省/回復期リハ病棟入院料を算定可能な疾患(2010年4月改定)

当院の特徴

「充実したスタッフによる365日リハビリを提供!」

当院は横浜市内でもっとも多くのリハビリスタッフを有しております。また、スタッフが交代で勤務しており、土日・祝日を含めた365日、一人一人の患者さまに充実したリハビリを行っております。

充実したスタッフによる365日リハビリを提供!

「その人に適した看護・リハビリを実施!」

心身機能や生活環境に合わせ、医師・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカー・栄養士・薬剤師等が連携し、自立支援・在宅復帰に焦点をあてた支援を行っております。チーム一丸となって、その人らしい生活が送れるよう支援しております。

その人に適した看護・リハビリを実施!

「生活場面でのリハビリを重視!」

訓練室だけでなく、退院後の生活の場を想定した練習も重要と考えております。病棟スタッフによる日常生活の練習に加え、屋外での動作練習や公共交通機関の練習にも力を入れております。また、入院時と退院前にご自宅に伺い、家屋環境の調整や福祉用具の選定なども積極的に行っております。

生活場面でのリハビリを重視!

「退院後のサポートも充実!」

当院では入院中のリハビリだけではなく、外来リハビリや通所・訪問リハビリも行っております。 患者様の状態や回復の過程を切れ目なく把握出来るため、退院後もしっかりサポートすることが可能です。

退院後のサポートも充実!
IMSグループ医療法人社団 明芳会 新戸塚病院

TEL.045-822-4151(代表) FAX.045-823-3850(代表)
〒244-0805 神奈川県横浜市戸塚区川上町690-2

Copyright (c) 2012 Shintotsuka Hospital All Rights Reserved.