診療科のご案内
泌尿器科
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医教育施設
ご挨拶
泌尿器科の疾患でお困りのことがございましたら、お気軽にいらしてください。
こんな症状はありませんか?
  • 検査で尿蛋白潜血反応に異常が出た方

  • 頻尿

  • 残尿感

  • 排尿痛

  • 尿の出が悪くなったり尿に血液が混じったりする

  • 尿もれ

主な対象疾患
腎臓
良性疾患、癌、結石、感染症、先天性異常
尿管
腫瘍、癌、結石、先天性異常
膀胱
腫瘍、癌、結石、感染症、神経因性膀胱、先天性異常、憩室尿失禁、骨盤底筋疾患、膀胱脱
尿道
腫瘍、癌、狭窄症、結石症、感染症
前立腺
癌、肥大症、結石症、炎症
副腎
クッシング症、褐色細胞腫、アルドステロン症、癌
診療内容
当泌尿器科では、腎、尿管、膀胱、尿道、男性性器における疾患のうち、特に前立腺疾患(肥大症・腫瘍)及び尿道、膀胱疾患(腫瘍・失禁・骨盤臓器脱)に力を入れております。
腎・副腎の疾患
腫瘍に対しては超音波スクリーニングによる早期発見を目指しており、根治的手術、分子標的治療、免疫療法にも力を入れております。
前立腺疾患
前立腺肥大症では、症状に応じた内服療法、内視鏡手術[HoLEP(約3~4日の入院)、TUR-P(約1週間の入院)]の他、温熱療法、尿道ステント自己導尿等、程度に合わせた段階的治療を行っております。
前立腺腫瘍に対しては、早期発見、根治的手術を中心として、内分泌療法、化学療法の組み合わせ、最新の治療を行っております。放射線治療が必要な場合は、板橋中央総合病院を紹介しております。
尿道・膀胱の疾患
膀胱腫瘍に対しては、表在性の場合は、内視鏡の治療が中心になりますが、術後、再発予防のために、外来通院の中で、BCG、ep-ADM注入療法を行います。
尿失禁に対しては、どのタイプの失禁なのか、骨盤臓器脱の合併がないか、神経検査、画像診断を行い、軽度の腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋体操を中心とした、理学療法、干渉低周波療法を行い、効果が無い場合や中等症以上であれば、コラーゲン注入療法、尿道をメッシュにて支持する手術(TVTsling・TOTsling)を行います。
切迫性尿失禁に対しては、薬物療法を中心に、難治性であれば、膀胱注入療法、干渉低周波療法を行います。
骨盤臓器脱に対しては、手術療法が中心になりますが、脱出している臓器(子宮・膀胱・直腸・小腸)により、部位別に、筋膜をメッシュで置き換える手術を行います。(TVM-A・TVM-P・TVM-AP)
尿路結石
尿路結石に対して自然排石が期待できるものは、薬物療法にて治療します。薬物療法で改善されない時には2泊3日のレーザー治療にて完全砕石します。(f-TUL、r-TUL)
骨盤臓器脱
骨盤臓器脱とは骨盤内臓器 (子宮、膀胱、直腸、小腸、膣断端など)を支える支持組織 (靭帯や筋膜、筋肉)が損傷したりもろくなったりして (脆弱化)、膣から骨盤内臓器が出てくることの総称です。骨盤部のヘルニアと考えられています。膣から出てくる臓器により、子宮脱や膀胱脱、直腸脱などと呼ばれます (下図)。出産を経験した高齢女性に多い疾患で、決してめずらしい疾患ではありません。
骨盤底筋群と各種臓器の「脱」
1. 症状
症状には、股に何かを触れるたりおなかの中身が下へ引っ張られるような不快感、排尿困難、排尿や排便後にスッキリしない感じ、歩行時に、違和感出現したりします。症状は起床直後や横になっている時は軽度ですが夕方や夜になると悪化し、横になると軽減・消失することが特徴です。
2. 最新のメッシュを用いた手術方法 (TVM手術)について
根治的治療には手術しかありません。従来は子宮を摘除し、損傷したりもろくなったりした支持組織を縫縮して、膀胱や直腸を骨盤内へと押し戻していましたが、子宮を摘除することや再発率が高いことが問題となっていました。最近、メッシュと呼ばれる編み目状の人工の膜を用いるTVM手術がわが国でも施行されています。従来の手術と比べ子宮の温存が可能で、再発率が少ないなどの特徴があります。手術は膣の前壁をメッシュで補強しつつ新しい支持を作るTVM-A(前方TVM)と後壁をメッシュで補強しつつ新しい支持を作るTVM-P(後方TVM)の二つの組み合わせで行う。それぞれ30―40分の手技で、膀胱瘤にはTVM―Aを子宮脱にはTVM-AとTVM-Pを両方行う。直腸瘤にはTVM-Pを行う。どちらも膣の壁を縫い縮めることはしないので後で膣が狭くなったり浅くなったりすることはありません。メッシュはそれぞれ4本の脚を体の中のしっかり した組織に通してあるだけでな ので術後早期に腹圧がかかるとずれてしまう可能性があります。そのため当科では入院期間を十分にとり(6-10日間)術後一週間は腹圧のかからない生活をしてもらうように設定しています。

最新のメッシュを用いた手術方法 (TVM手術)
最新のメッシュを用いた手術方法 (TVM手術)
TVM-A手術(左)およびTVM-P手術 (右)。大きなメッシュ(青色)が膀胱、子宮、直腸をハンモックのように優しく包み込み、膣外へ脱出しないように作用します。
その他
尿路感染症(尿道炎・膀胱炎・前立腺炎・腎盂腎炎)に対して、薬物療法だけでなく、原因の検索も行います。他に、間質性膀胱炎、陰のう水腫、尿道狭窄などの手術を行います。
尿路結石に対しては、自然排石が期待できるものは、薬物療法にて治療します。また尿酸結石の様に、溶解可能な結石に対しては、クエン酸中心とした薬物療法を行います。前述の困難な結石に対しては、当院にはESWL(体外衝撃波腎尿管結石破砕術)がない為、適切な病院を紹介いたします。
前立腺肥大症に対する最先端治療 HoLEP(ホーレップ)
前立腺肥大症とは?
前立腺肥大とは、膀胱の下あたりに男性の尿道をとりまくようにあります。前立腺が肥大すると尿道が圧迫され、尿の勢いが弱くなったり、途切れたりするなどの排尿障害を起こす病気です。また、残尿として膀胱内に尿が残りやすく、細菌が感染して膀胱炎を起こすこともあります。はっきりした原因はわかっておりませんが、年齢が高くなるにつれて発症する人が多く、50歳以上の男性に多くみられます。
HoLEP(経尿道的前立腺レーザー核出術)とは?
前立腺肥大症に対する最新のレーザー治療であり、内視鏡を尿道から通して、先端からでるレーザーでみかんの実を皮からはがすように前立腺腺種をくり抜きます。
そのため、従来の術式と比べて出血量を少なくすることが可能となり、体への負担が少ない治療法です。
HoLEP(経尿道的前立腺レーザー核出術)イメージ

HoLEP治療のメリット
・安全性の高い手術
・メスを使用しないため術後の痛みも少なく回復も早い
・再発の可能性がきわめて低い
入院期間
約5日間
費用
1割負担で44,400円~72,000円
3割負担で140,000円~150,000円
※いずれも金額は目安となっております。
尿管結石の新しい治療法 f-TUL(エフ・ティユーエル)
尿管結石とは?
結石はその場所により腎結石、尿管結石、膀胱結石などと呼ばれます。尿の中の結晶成分(主にカルシウム)が堆積し石のように固まることで結石ができます。小さい結石であれば尿と一緒に自然に排出されますが、大きくなると腎臓や尿管の中につまってしまい、突然の腰部や下腹部あたりの激痛や血尿を生ずることがあります。結石がつまった状態では尿の流れが閉塞され腎臓が炎症を起こし、腎機能障害や重症感染症となり生命の危険に係わることもあります。
f-TUL(経尿道的尿路結石除去術)とは?
自然排石しないものや、尿の流れが悪く合併症を引き起こす危険のあるものは治療が必要です。f-TULは、内視鏡を尿道から通し尿管や腎杯にある結石を直接確認しながら、レーザーを用いて破砕します。破砕された結石はバスケットカテーテル(結石をつかむ器具)で回収するため、安全かつ確実に結石を取り除くことができます。
f-TUL(経尿道的尿路結石除去術)イメージ

f-TUL治療のメリット
・直接見ながら砕石を行う
・砕石と同時に結石を摘出できる
・奥深い場所でも治療可能
入院期間
3~4日程度
費用
1割負担で44,000円~85,000円
3割負担で147,000円~190,000円
※いずれも金額は目安となっております。
受入困難な症例
  • 放射線治療希望患者

  • インポテンツの各種手術療法

医師紹介
小松 秀樹 (泌尿器科部長・副院長)
小松 秀樹
    • 出身大学・卒年
        山梨医科大学医学部 昭和63年卒
    • 専門
        泌尿器科一般
    • 認定・資格
        医学博士
        日本泌尿器科学会専門医・指導医
        がん治療認定医
        身体障害者福祉法第15条指導医(膀胱または直腸機能障害の診断)
        緩和ケア指導者研修会修了
    • 略歴
       東京大学医学部附属病院
        三井記念病院
        東京大学泌尿器科助手
        都立墨東病院泌尿器科主事
        関東労災病院副部長
        東京警察病院医長
        八木病院副院長
    • 所属学会
        日本泌尿器科学会
        日本癌学会
        日本緩和医療学会
        日本女性骨盤底医学会
        東京泌尿器科医会
富山 裕介 (泌尿器科医長)
    • 出身大学・卒年
        佐賀大学医学部 平成15年卒
    • 専門
        泌尿器科一般・腹腔鏡手術
    • 認定・資格
        日本泌尿器科学会専門医・指導医
        腹腔鏡技術認定医
        がん治療認定医
        緩和ケア研修会修了
    • 所属学会
        日本泌尿器科学会
        日本内視鏡外科学会
萩沢 茂
萩沢 茂
    • 出身大学・卒年
        東北大学医学部 平成9年卒
    • 専門
        泌尿器科一般
    • 認定・資格
        医学博士
        日本泌尿器科学会専門医
    • 所属学会
        日本泌尿器科学会
検査項目・設備
・軟性膀胱鏡
・ウロダイナミックシステム
・TURセット
・超音波(経腹・経直腸)
・干渉低周波
・TUMT
手術実績
(平成27年度)
手術名 件数
腎・尿管 腎(尿管)悪性腫瘍手術 1
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 8
腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術(部分切除) 2
腎摘出術 1
腹腔鏡下腎摘出術 1
経皮的腎(腎盂)瘻造設術 4
TUL 81
膀胱・尿道 膀胱悪性腫瘍手術(全摘) 3
TUR-BT 45
膀胱破裂閉鎖術 1
TUVL 16
膀胱瘻造設術 14
尿道ステント前立腺部尿道拡張術 17
尿膜管 尿膜管摘出術 1
腹腔鏡下尿膜管摘出術 3
前立腺 前立腺悪性腫瘍手術 4
Holep 7
TURisP 30
前立腺生検法 63
女性泌尿器 尿失禁手術(TVT,TOT) 12
骨盤臓器脱(膀胱脱・子宮脱・直腸脱) 28
陰のう 陰嚢水腫手術 8
精巣摘出術(除睾) 3
精巣悪性腫瘍手術 2
精索捻転手術(その他のもの) 1
その他 202
合計 558
医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院
〒175-0082 東京都板橋区高島平1-73-1 TEL:03-3936-7451(代) FAX:03-3937-7314