診療科のご案内
内科
ご挨拶・診療内容
 甲状腺の病気は大きく分けると、甲状腺ホルモンの量が異常になる病気と甲状腺腫瘍の2つがあります。

甲状腺ホルモンの量が異常になる病気には、バセドウ病、橋本病、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎などがあります。例えば、バセドウ病では甲状腺ホルモンが多くなり、橋本病では甲状腺ホルモンが少なくなります。甲状腺ホルモンが多いか、少ないかは血液検査により判定します。また、超音波検査を行い、総合的に診断を進めていきます。治療はそれぞれの疾患で異なりますが、内服薬での治療が中心となり、定期的な通院が必要となります。

また最近は健診で甲状腺が腫れていると指摘されたり、頸動脈エコーで甲状腺に腫瘤が偶然見つかり、来院される方が多くなっています。甲状腺腫瘍の多くは良性であるため治療を必要としませんが、なかには悪性腫瘍もあり、適切な対応が必要です。診断は触診、甲状腺超音波検査、穿刺吸引細胞診などを行います。当院では腫瘍の良性と悪性の鑑別に有用な穿刺吸引細胞診が可能です。手術などの外科的治療が必要な場合は、伊藤病院(渋谷区)と連携を取り、治療にあたらせていただきます。

甲状腺疾患の患者さんは少なくありませんが、専門医は少ないのが現状です。当院では甲状腺専門外来を開設し、内分泌代謝専門医、臨床検査技師を中心とするメディカルスタッフが総力を挙げて診療を行っております。本年より「甲状腺クリーゼ診療ガイドライン」の策定メンバーである飯降医師が着任し、さらに充実した診療を行っております。甲状腺でお困りの際はお気軽に御相談下さい。
検査項目
  • 採血(甲状腺ホルモン検査・甲状腺自己抗体・腫瘍マーカー・その他)

  • 甲状腺超音波検査

  • 穿刺吸引細胞診

  • 心電図など

医師紹介
大橋 琢也(医長)
大橋 琢也
  • 専門
      甲状腺・副腎・下垂体・副甲状腺疾患
  • 認定・資格
      日本糖尿病学会専門医
      日本内分泌学会専門医
      日本内科学会認定医
  • 所属学会
      日本糖尿病学会
      日本内分泌学会
      日本内科学会
      日本肥満学会
      日本高血圧学会
      日本動脈硬化学会

飯降 直男
飯降 直男
  • 専門
      糖尿病
  • 認定・資格
      日本糖尿病学会専門医
      日本内分泌学会専門医
      総合内科専門医
      日本内科学会認定医
  • 所属学会
      日本糖尿病学会
      日本内分泌学会
      日本甲状腺学会
      日本内科学会

医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院
〒175-0082 東京都板橋区高島平1-73-1 TEL:03-3936-7451(代) FAX:03-3937-7314