• 施設紹介
  • 基本検査
  • オプション検査
  • WEB予約
  • 交通アクセス
栄養コラム&レシピ

今月の献立のポイント

  • 疲労回復の効果のある栄養素
    疲労回復物質 多く含む食品
    ビタミンB1 豚肉・うなぎ・大豆・玄米・モロヘイヤ・ほうれん草
    アスパラギン酸 アスパラガス・えだ豆・空豆
    クエン酸 レモン・酢・梅干
  • 食欲アップにつながる味付けの工夫
    スパイスやお酢,柑橘類などの酸味,ハーブを調理に取り入れることで味に変化がつき食欲を増進させます。
   

献立は身近な食材を代用していろいろとアレンジしてみてください!

  
                         

レシピのご紹介

塩麹のゴーヤチャンプルー

材料(2人分)

豚もも肉60g
塩麹5g
  
ゴーヤ1本
塩麹10g
  
木綿豆腐 100g
1個
A) 
塩麹 5g
みりん小さじ1
  
サラダ油 小さじ2
かつお節1P

作り方
  • ①ゴーヤは半分に切り、中の綿をスプーンできれいにとり、
     3mm幅の薄切りにする。豚肉は一口大にきる。
     ゴーヤと豚肉それぞれに塩麹をもみこみ30分程おく。
  • ②木綿豆腐は水切りをし、1cmの厚さに切る。卵はといておく。
  • ③フライパンにサラダ油を熱し、卵を入れ、半熟になったら、皿にとる。
     木綿豆腐は両面を軽く焼き目がつくまで焼き、皿にとる。
  • ④③のフライパンで豚肉を炒め、火がとおったら、水気を切ったゴーヤを
     加え炒める。
  • ⑤④に③の豆腐と卵、Aを加えひと炒めしたら、器に盛り、かつお節をかける。
栄養成分(1人分)

エネルギー
  236kcal

塩分
1.3g

調理のポイント
  • 豚肉は疲労回復に効果的なビタミンB1を豊富に含みます。
  • ゴーヤを塩麹でもみこむことで、苦味がやわらぎます。

担当:管理栄養士 岩﨑 希

夏野菜のピリ辛和え

材料(2人分)

なす2本
かぼちゃ60g
ししとう4本
A) 
大さじ2
こいくちしょうゆ 小さじ1
砂糖 小さじ1
ごま油 小さじ1
唐辛子(輪切り) 少々
桜エビ 2g

作り方
  • ①なすはへたをとり縦半分に切り、さらに4等分にきる。
     ししとうはへたをとる。かぼちゃは一口大にきる。
     それぞれ耐熱皿に並べラップをかけ、なすは2~3分、
     ししとうは30秒~1分、かぼちゃは1~2分電子レンジで加熱する。
  • ②なす、ししとう、かぼちゃがあたたかいうちに、Aと混ぜ合わせ、
     冷蔵庫で冷やす。
栄養成分(1人分)

エネルギー
75kcal

塩分
0.5g

調理のポイント
  • なすは水分を多く含み、あたたまった身体を冷やす作用があり夏バテに効果的です。
  • お酢のクエン酸には疲労物質の乳酸を分解する働きがあります。
  • レンジでの加熱時間は野菜の大きさ、電子レンジの種類により調節してください。

担当:管理栄養士 岩﨑 希