• 施設紹介
  • 基本検査
  • オプション検査
  • WEB予約
  • 交通アクセス
栄養コラム&レシピ

今月の献立のポイント

  • お酒を飲むときのつまみについて
    ・おすすめのおつまみ・・・刺身、冷奴、枝豆、サラダ、お浸し、焼き鳥、
                 あさりの酒蒸しなど
    ・控えめにしたいおつまみ・・・唐揚げ、フライドポテト、ソーセージ、塩辛など
    アルコールにはビタミンやミネラルの吸収を妨げる作用があるため、これらを多く含む、野菜・海藻・きのこ類のおつまみを積極的に選びましょう!

献立は身近な食材を代用していろいろとアレンジしてみてください!

  
                         

レシピのご紹介

いかの黒酢こしょう炒め

材料(2人分)

いか1杯(200g)
ブロッコリー150g
パプリカ50g
A) 
大さじ1
しょうゆ大さじ1/2
鶏がらスープの素 小さじ1/2
黒酢 大さじ3
黒こしょう 小さじ1
   
ごま油 小さじ2
片栗粉 大さじ1/2(同量の水で溶く)

作り方
  • ①いかは内臓を出してよく洗い、胴を1cm幅の輪切りに、
     足は食べやすい大きさにきる。ブロッコリーは小房にわける。
     パプリカは細切りにする。
  • ②ブロッコリーを熱湯で2~3分、少し固めに茹でる。同じお湯で
     いかを茹で、色が変わったらとりだし水気をきる。
  • ③フライパンにごま油を熱し、ブロッコリーとパプリカを炒める。
  • ④③にaを入れ煮立ったら、いかを加えさっと炒め、水溶き片栗粉を
     加えとろみをつける。
栄養成分(1人分)

エネルギー
  180kcal

塩分
1.4g

調理のポイント
  • いかに含まれるタウリンには肝臓を保護する作用やコレステロールを身体から排出する作用が期待されています。
  • 黒酢は熱しすぎると、酸味が飛んでしまうため、調味料を加えたら手早く仕上げます。
  • いかは下茹でしておき、短時間で炒めることで身が固くならずに仕上がります。

担当:管理栄養士 岩崎 希

山芋の豆板醤和え

材料(2人分)

山芋 200g
刻みのり 適量
a)  
豆板醤小さじ1/2
甜麺醤 小さじ1/2

作り方
  • ①山芋は皮をむき、1cm幅の輪切りにしたら、酢水につけておく。
  • ②水気をきった①を耐熱容器に入れラップをして、電子レンジで
     5分程度加熱する。
  • ③aと山芋を和え、器に盛り付け、上から刻みのりをかける。
栄養成分(1人分)

エネルギー
71kcal

塩分
0.4g

調理のポイント
  • 山芋のネバネバ成分、ムチンには胃粘膜を保護する働きがあります。ムチンは山芋以外にも、オクラやレンコン、納豆、里芋などに含まれます。
  • 山芋は酢水(水500mlにつき酢小さじ1程度)につけておくと色が変色しにくくなります。

担当:管理栄養士 岩崎 希