• 施設紹介
  • 基本検査
  • オプション検査
  • WEB予約
  • 交通アクセス
栄養コラム&レシピ

今月の献立のポイント

  • 朝食で体内時計をリセットするポイント
    体内時計をリセットする時計遺伝子の活性のためには、栄養素をバランスよくとる食事が効果的です。

    糖質は脳の栄養に必要な栄養素ですが、糖質だけでは時計遺伝子の活性は弱いため、糖質にタンパク質を加えることで効果的に時計遺伝子を活性化させます。
    おにぎりやシリアル、菓子パンといった糖質だけの食事よりも、タンパク質源の卵、納豆、乳製品類などを組み合わせた食事をとりましょう!

献立は身近な食材を代用していろいろとアレンジしてみてください!

  
                         

レシピのご紹介

パンでグラタン

材料(2人分)

バケット 1/2本
合いびき肉80g
コショウ少々
しめじ1/4パック
じゃが芋1個
牛乳200ml
ブイヨン(固形) 1/4個
チーズ(ピザ用) 40g

作り方
  • ①バケットを半分に切る。表面のこぶは少し切って平らにする。
  • ②しめじは石づきを落とし小房にさき、じゃが芋は1㎝角に切る。
  • ③フライパンに油をしき、ひき肉を加えて炒める。ひき肉に火が通ったら
     ②を加えて炒める。
  • ④③に牛乳とブイヨンを加えて弱火で煮込み、じゃが芋に火を通す。
  • ⑤バゲットに④をのせてチーズをかけ、オーブン皿にアルミを敷いて
     置き、230℃に予熱したオーブンで、6~7分ほどチーズに焼き色が
     つくまで焼く。
  • ⑥⑤を器に盛りつける。
栄養成分(1人分)

エネルギー
  539kcal

塩分
2.8g

調理のポイント
  • 具は前日に準備しておくと、朝はパンに乗せて焼くだけの簡単メニューです。
  • 合いびき肉の代わりにシーチキンやひよこ豆、トマトやほうれん草など冷蔵庫の残り野菜を使ってもおいしいです。
  • カロリーは高いですが、この1品で栄養バランスがとれた食事がとれます!

担当:管理栄養士 久保田 明子

人参のポタージュ

材料(2人分)

人参 1本
玉葱 1/2個
かぼちゃ 50g
豆乳(または水)200cc
大さじ1
バター 10g
ブイヨン(固形) 1個

作り方
  • ①人参、玉葱は薄切りにする。かぼちゃは皮を除き薄切りにする。
  • ②鍋にバターを溶かし、玉葱を炒めてしんなりしたら人参、かぼちゃを
     加えて全体的にしんなりとなるまで炒める。
  • ③②に豆乳(または水)を加えて、煮立ってきたらブイヨン、
     米を加えて弱火で15分程煮込む。
  • ④煮込んだら火を止め粗熱をとり、ミキサーにかけてピューレ状にする。
  • ⑤鍋に④を入れて温め直す。
  • ⑥⑤を器に注ぐ。
栄養成分(1人分)

エネルギー
104kcal

塩分
1.6g

調理のポイント
  • 米を少量加えることでとろみがつきやすくります。
  • 人参のカロテン、かぼちゃのビタミンEなど抗酸化作用が効率よくとれます。
  • 豆乳の代わりに牛乳でもおいしくできます。

担当:管理栄養士 久保田 明子