薬剤部のご紹介

統括部長のごあいさつ

IMS(イムス)グループは、北海道、東北、関東の3つのエリアに35ヶ所の病院、58ヶ所の関連施設を有し、予防医学からリハビリテーションまでの一貫した総合医療を推し進めており、地域に密着した医療の充実を展開しています。
その規模は日本最大級の医療法人グループとして、総病床数12000床を超え、約380名の薬剤師が勤務しています。
その中で、グループ病院の薬剤部門はIMSグループ薬剤部として活動することにより、よりスケールメリットを生かした活動を行っています。
当グループでは、チーム医療の一翼を担う薬剤師を積極的に配置することで、医薬品の責任者として適正な薬物療法への寄与、安全管理を担っており、その活躍が期待されています。
また薬剤師教育においても、各病院での教育だけでなく、新入職者、3、4年次、中堅管理者、薬剤部長などのシーンに合わせた研修や、専門・認定取得のための研修会も年間計画として実施しており、グループならではの組織的取組みが特徴です。
我々は学力重視ではなくあくまで対話のできる人間力を求めています。病院は狭き門として取られる必要はありません、まずは病院見学やインターンシップなど、雰囲気を感じて頂き、ともにIMSグループ薬剤部の一員として働いてみませんか?

IMS(イムス)グループ
薬剤部統括部長
山内 泰一