薬剤部のご紹介

新着情報&おしらせ

総務・人事委員会
委員長 小串興平 (高島平中央総合病院)

総務・人事委員会は、IMSグループ薬剤部門がスムーズに運営されるための活動をしています。
病棟業務やチーム医療、医療安全、感染対策など調剤業務以外にも薬剤師の活動は広がってきています。薬物療法を安全かつ適正に行っていくことは薬剤師として重要な使命ですが、活躍する場面が増えてきている現状では薬剤師の確保が重要になっています。そのためのリクルート活動として、病院薬剤師の魅力を感じてもらうために就職説明会を開催し、病院薬剤師として働く目的や意義、専門性の向上などを伝えています。また、当グループで働く薬剤師のことをよく知ってもらうため、研究活動や活躍する薬剤師をホームページで紹介するなどの管理を行っています。さらに、グループ病院のスケールメリットを活かすため、情報共有や連携強化の一環として薬剤部門の業務実績を収集・解析し、薬剤部門へ情報をフィードバックしています。
このように薬剤部門が円滑に運営されるよう、「縁の下の力持ち」としてグループを盛り立てています。

教育研修委員会
委員長 定村 洋士(東戸塚記念病院)

 教育研修委員会では、新入職から各年次、中堅、管理職とそれぞれの時期に沿ってコミュニケーションスキル・コーチング・マネージメントスキルなどの教育を行っています。専門領域(5領域)の専門・認定薬剤師の資格取得とスキルアップを目的にIMSグループ薬剤部としてのスケールメリットを活かした活動を行い各施設で活躍できる薬剤師の育成を行っています。専門領域の研修会は特にニーズの高い、感染・がん・NST・腎薬物療法・糖尿病を取り上げ、年間を通じて数多くの症例検討会を実施しています。また実際の医療現場では感染⇔NST、がん⇔感染など疾患は一つではないことから、それぞれの領域がコラボレーションした研修やインターンシップも兼ねた研修会も実施しています。
IMSグループ薬剤部では学会発表も積極的に行っており、委員会として発表演題作成や論文作成の支援を行っています。また各施設で役立てられるように発表演題名や内容を取りまとめグループ内で共有出来るように保管・管理しています。
薬学生長期実務実習では多くの施設が薬学生を受け入れています。委員会では実習の前半と後半に学生が自らの到達度を実感できる集合研修を企画しています。
教育研修委員会は様々な「教育」にこれからも携わり「信頼される薬剤師」の育成に尽力して参ります。

医薬情報委員会
委員長 上野 拓 (東京腎泌尿器センター大和病院)

医薬品情報はめまぐるしい早さで時々刻々と変化しており、そのなかで信頼性のある新鮮な医薬品情報をわかりやすい形で接触する環境を整備することは、医療の質向上と安全・安心な医療を確保するためにとても大切なことです。医薬情報委員会は現在13名(13施設)の委員で構成されており、IMSグループ各施設間の医薬品情報の共有化および発信を目的に活動しています。また委員会開催時に行っている新薬のヒアリングや各施設における有用な医薬品情報に関する資料の作成を通じ、委員の知識向上や経験を積む機会にもなっています。
2009年に発足以来、様々な資料を作成・発信しており、これまでシリーズとして継続している情報や、書籍にまとめた情報もあり、グループ内にとどまらず対外活動も積極的に行っております。今後も各施設で活用できる実務に即した有用な情報の収集、構築を心がけ、IMSグループ病院における薬剤師としての職能の発展に少しでもつながる活動を行っていこうと考えています。

精神・療養・回復期病床業務検討委員会
委員長 野口 宣之 (新越谷病院)

当委員会は、療養病床・回復期病床・精神科病床の施設が集まって活動している委員会です。急性期・一般病床の施設とは行っているお仕事も取り扱う薬の種類もやや異なります。
現在の活動としては、精神・療養・回復期病床に対するハイリスク薬の検討し、より適正使用を推進し安全な薬物療法に取り組めるように活かしています。また、病棟薬剤業務実施では、病棟薬剤業務の共有に向けて各施設の業務内容の検討や、より質の高い業務内容にするため活動しています。2015年度からはポリファーマーをテーマに各施設で取り組んだ内容を共有化し医薬品の適正使用ができるような取り組みも考えています。
また、施設訪問を行い、業務改善への助言や情報共有も行っています。TDMの勉強会なども開催し、実績向上につなげていければとがんばっています。
横の繋がりを大切にし、協力し合い、より働きやすい環境整備、かつ実績も上げられるようになることを目標としています。