薬剤部のご紹介

委員会紹介

総務・人事委員会
委員長 小串興平 (高島平中央総合病院)

総務・人事委員会は、IMSグループ薬剤部門がスムーズに運営されるための活動をしています。
病棟業務やチーム医療、医療安全、感染対策など調剤業務以外にも薬剤師の活動は広がってきています。薬物療法を安全かつ適正に行っていくことは薬剤師として重要な使命ですが、活躍する場面が増えてきている現状では薬剤師の確保が重要になっています。そのためのリクルート活動として、病院薬剤師の魅力を感じてもらうために就職説明会を開催し、病院薬剤師として働く目的や意義、専門性の向上などを伝えています。また、当グループで働く薬剤師のことをよく知ってもらうため、研究活動や活躍する薬剤師をホームページで紹介するなどの管理を行っています。さらに、グループ病院のスケールメリットを活かすため、情報共有や連携強化の一環として薬剤部門の業務実績を収集・解析し、薬剤部門へ情報をフィードバックしています。
このように薬剤部門が円滑に運営されるよう、「縁の下の力持ち」としてグループを盛り立てています。

教育研修委員会
委員長 定村 洋士(東戸塚記念病院)

 教育研修委員会では、新入職から各年次、中堅、管理職とそれぞれの時期に沿ってコミュニケーションスキル・コーチング・マネージメントスキルなどの教育を行っています。専門領域(5領域)の専門・認定薬剤師の資格取得とスキルアップを目的にIMSグループ薬剤部としてのスケールメリットを活かした活動を行い各施設で活躍できる薬剤師の育成を行っています。専門領域の研修会は特にニーズの高い、感染・がん・NST・腎薬物療法・糖尿病を取り上げ、年間を通じて数多くの症例検討会を実施しています。また実際の医療現場では感染⇔NST、がん⇔感染など疾患は一つではないことから、それぞれの領域がコラボレーションした研修やインターンシップも兼ねた研修会も実施しています。
IMSグループ薬剤部では学会発表も積極的に行っており、委員会として発表演題作成や論文作成の支援を行っています。また各施設で役立てられるように発表演題名や内容を取りまとめグループ内で共有出来るように保管・管理しています。
教育研修委員会は様々な「教育」にこれからも携わり「信頼される薬剤師」の育成に尽力して参ります。

医薬情報委員会
委員長 関根 由香理 (イムス葛飾ハートセンター)

病棟での薬剤業務が拡大しチーム医療における薬剤師の役割が格段に広がり、医薬品情報(DI)業務の役割・位置づけも大きく変化しています。膨大な情報量の中、医薬品情報をただ提供するだけでは提供を受けた側の混乱を招く可能性があるため、病棟担当薬剤師を補佐する役割としてDI担当者がDI業務を行う事は、情報を合理的かつ積極的に伝達・周知させるために重要となります。
医薬情報委員会は、主にDI業務に従事している者が集まり2019年3月現在10名(10施設)の委員で、IMSグループ各施設間のDIの発信および共有化とともに、DI担当者の知識向上や育成を目的に活動しています。当委員会の活動内容は①ヒアリング(新薬における採用選定のための評価・検討)②後発医薬品使用時(後発品に切り替え時)の有害事象・クレーム報告収集③DI実例報告集作成④DI NEWS発行を継続的に行っております。また、下記の資料も作成してきました。
今後も薬物療法の有効性と安全性及び効率性に貢献しうる実務に即した有用な情報の収集、構築を心がけ、IMSグループ病院における薬剤師としての職能の発展につながる活動を行っていこうと考えています。


これまでに作成した主なDI資料
①実務に有用なウェブサイト集
②書籍「診療科別処方チェック・疑義照会ケーススタディ」
③月刊薬事連載「処方せん疑義照会トレーニング」
④IMS院内製剤集(第2版)
⑤警告欄に検査に関する記載のある医薬品リスト
⑥メトロニダゾールの腎機能別推奨量について
⑦簡易懸濁法適否一覧(第3版)
⑧取扱いに注意を要する主な薬剤一覧~注射薬を中心に~
⑨医薬品ヒアリング事前調査書の雛型
⑩吸入薬、スペーサー操作一覧

実務実習委員会
委員長 上野 拓 (イムス富士見総合病院)

平成31年度から改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムに基づく実務実習が始まりました。 薬学教育における最終的な目標は「薬剤師として求められる基本的な資質」の習得を達成することです。実務実習は臨床現場において薬剤師業務への参加・体験・実践を通して臨床実践能力を磨く実地教育であり、これまで以上に重要な位置づけにあります。
また、実務実習において実習内容の標準化、公平性の観点から実習を通して、代表的な8疾患の薬物療法に関わり、薬剤師業務の意義・役割を理解させることも求められています。 新たな薬学実務実習を充実させるためには、教育環境の整備と実習内容の標準化、公平性の確保が重要となってきます。
IMSグループ薬剤部では多くの薬学部実務実習生を受け入れています。実務実習委員会は実務実習受入施設を中心に、現在14名(12施設)の委員で構成されており、各受入施設での実習内容の把握と評価ならびに標準化を図り、各施設における指導薬剤師の質の向上などを目的に活動を行っています。また、グループメリットを生かし単一病院では行えないサテライト実習や集合研修も行っています。
将来を担う薬剤師の育成は現場の薬剤師の責務であることを認識し、実習生とともに学びともに成長する実務実習になるよう取り組んでまいります。