薬剤師のしごと

薬剤師のしごと

病棟業務

病棟で医師や看護師などと連携をとりながら、患者さまに使われる薬について相談したり、副作用が出ていないかなどのチェックをしたり、患者さまとお会いして薬についての情報を提供したりしています。

製剤業務

治療上必要であるが市販されていない薬を薬剤部で調製する業務のことです。病院内で承認された消毒剤や外用液剤、点眼薬、吸入薬を中心に軟膏などを調製します。これらの製剤は衛生的に使用できるように必要に応じて滅菌処理もします。

医薬品情報管理

医薬品は、有効性と副作用を十分確認した上で発売されます。しかし、発売後多くの患者さまに使用されることにより、それまで分からなかった副作用や新しい効果が発見されたりすることがあります。多くの文献からこれらの情報を収集し、できるだけ早く医師に伝え、薬が適正に使われるよう協力しております。

臨床研究

医療の質の向上には科学的根拠は不可欠であり、それに伴う業務の効率性、生産性が重要となってきます。イムスグループ薬剤部では年に2度行われる組織内学会や対外的な学会に積極的に参加し組織の活性化に努めています。

治験管理

治験とは、国(厚生労働省)から製造販売の承認を得るために人を対象に行う試験のことです。治験は、国際的に定められたルール(GCP:医薬品の臨床試験の実施に関する基準)を遵守して行われます。その治験に使用される薬を"治験薬"といいます。治験薬は治験依頼者(製薬会社)から交付され、治験薬管理者により管理されます。治験薬管理は薬剤部で行っています。

社会貢献

地域に密着した医療を提供するイムスグループ薬剤部では服薬アドヒアランスの向上を目的とした公開医療講座をはじめ様々な地域啓発活動を行っています。

中央業務

【調剤業務】
飲み合わせの悪い薬や、効果が同様な薬が処方されていないかなど、処方せん記載内容を確認し調剤した後、患者さまが服薬(使用)する上に必要な情報を提供しています。
【注射業務】
注射薬は一般に効果が強く、その使い方には特に注意が必要です。最近は注射薬も内服薬と同様に、薬剤師が処方せんの内容を確認した上で取り揃えたり、混合したりする病院が多くなっています。

病棟業務風景

薬局業務風景