患者さまへのご案内

健康講座(健康相談)

「もっとたんぱく質を摂ろう~おいしく食べて健康長寿~」実施レポート

講座の様子

平成27年3月6日(金)に、「もっとたんぱく質を摂ろう~おいしく食べて健康長寿~」をテーマに健康公開講座を行いました。
東根市にある、さくらんぼタントクルセンターの栄養指導室で、総勢24名の方にご出席いただきました。
今回のテーマは、最近テレビでも言われている“高齢者に増えている低栄養”の問題を取り上げました。地域の皆さまとお話しする機会があると、 「年とったがら、肉はもう食わねぐでもいいんだ」「もうあまり量が食べられなくなってよ~」ですとか、 「卵はコレステロールが高いと聞いたので、食べないようにしてるんです」など少々誤った認識を耳にすることがあります。
高齢の方こそ、寝たきりにならないよう効率よくたんぱく質をとっていただき、健康寿命を延ばしてこれからも元気な生活を送っていただきたい…そんな思いで講座を開催いたしました。
当院の健康公開講座は、はじめに健康相談会の時間が設けられています。一人ひとりの身長・体重・血圧を測定し、 当院の看護師が健康の不安や疑問についてお答えいたしました。
その後、当院の管理栄養士による講話を聴いていただきました。筋肉の材料であるたんぱく質の重要性、そしてそれらをバランスよく効率よくとっていただくポイントをお伝えしました。 当院の栄養科では、“なるべく実際の食生活に簡単においしく取り入れられる”ことをいつも念頭に置いて考えています。そういった意味も含めて、栄養科担当の公開講座では、 講話のテーマに即したレシピを栄養科で考案し、実際に試食していただいています。
大量調理となるため、病院のスタッフ協働で試食の調理をさせていただきました。嬉しいことに、 「おいしい」「ぜひ家でも作ってみます」とご好評をいただきました。レシピを掲載しておりますので、気になる方はぜひご自宅で作ってみてくださいね。

講座の様子
このような健康公開講座を定期的に行なっておりますが、東根市の方々のハツラツさ、そして健康意識の高さにはいつも私たちも驚かされます。
講話中も、自らの食生活と照らし合わせながら、頻回にメモを取られる方の姿が多く見受けられ、とても嬉しく思いました。
地域の皆さまの健康に少しでもお力になれるよう、今後も定期的に様々な専門分野が担当し健康公開講座を開催していきますので、お楽しみに!気になる方はぜひ、次の機会にご参加ください!

~講話終了後、2件の質問がありましたので、こちらにも記載させていただきます。~

  • 有精卵の卵と無精卵の卵で栄養価に違いはありますか?

  • 栄養価に違いはありません。
    ※簡単に言うと、有精卵はオスとメスの受精による卵でヒヨコになりますが、無精卵は無受精でできたもので、通常スーパー等で売られている卵です。

  • アルブミンの検査※1をお願いしたいのですが、どの医療機関でもすぐできますか?

  • 当院ではすぐ検査を行うことができますが、他病院様に関しては別途お問い合わせください。

    ※1)アルブミン検査について
    アルブミン検査を行うことで栄養状態を調べることができます。アルブミンが血液中に3.8g/dL以下になると栄養状態が低下している可能性があるので、食習慣・生活の見直しが必要になります。
    健康診断でアルブミンを計る場合は、血液検査を行います。当院でも行っておりますので、検査を受けられたい方は受付までお越しください。

<<公開講座のご案内へ戻る