東京腎泌尿器センター大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 東京腎泌尿器センター大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 病院について > スタッフインタビュー

スタッフインタビューStaff Interview

副院長 簑和田 滋(みのわだ しげる)

“豊富な実績と充実した設備、
それだけではない”
コミュニケーションを重視した
アットホームな雰囲気づくり
副院長 簑和田 滋(みのわだ しげる)

大和病院の泌尿器科について教えてください。

当院の腎泌尿器科は、結石の症例件数が約3万件と全国トップレベルで、30年間にわたって内視鏡手術と体外衝撃波結石破砕術を採用しております。 また、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を初期段階から導入しており、主に前立腺がんの全摘出手術などに使用しています。こうした取り組みから、地域の方だけでなく、遠方からたくさんの患者さまにお越しいただいております。

大和病院の医療安全について教えてください。

当院では、どんな小さなことでも報告をするインシデント報告を徹底しています。そのためにも、日頃からスタッフとのコミュニケーションは欠かせません。スタッフも一人の人間ですから、ミスをしてしまうこともあるでしょう。しかし、小さなミスを隠すことは大きな事故へとつながりかねません。そこで、どんな小さな出来事も必ず報告してもらい、次へ活かすというサイクルを作っています。 重大な事故が起きてから対処するのではなく、日頃のトラブルや「ひやっ」とするような出来事(インシデント)を逐一報告し、スタッフ全員が共有することで、大きなミスや事故を未然に防いでいます。日々の地道な努力によって、すべての患者さまに、安心して利用していただけるような病院づくりをしています。

院内感染などの対策について教えてください。

感染対策については、患者さまの体調だけでなく、スタッフの体調を共有することを徹底しています。仮に、感染症にかかったスタッフには、必ず報告をしてもらい、その情報をスタッフ同士が共有することで、スタッフが関わった患者さまや他のスタッフを特定し、対応しています。

そのためにも、日頃から患者さまやスタッフとのコミュニケーションを積極的に行っています。将来的には、リスク管理を行う役割であるリスクマネージャを若手の医師にも担ってもらうことで、全体の危機意識を高めていこうという取り組みを行っていきたいと思っています。

ご覧いただいている方へメッセージをお願いします。

私は今まで、官立病院の勤務が長く、初めて当院で民間病院の現場を体験しています。当院は、縦だけでなく、横のつながりがしっかりしているので、スタッフ間のコミュニケーションが取りやすく、和やかでとても働きやすいと感じています。

その居心地の良さを患者さまにも感じていただけるように、また、一 人の医師として地域医療について積極的に取り組んでいきたいと思っています。

一般外来受付時間

  平日 土曜日
午前 8:00~11:00 8:00~11:00
午後 13:00~16:00 休診
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定