東京腎泌尿器センター大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 東京腎泌尿器センター大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

薬剤部Pharmaceutical

ごあいさつ

私たちの使命は、医薬品の責任者として効果から副作用管理まで積極的に支援を行い、患者さんの安全で安心な薬物療法へ寄与することです。
薬剤部では薬剤師とサポートスタッフと共に、ホスピタリティ医療を実践するために取り組んでいきます。

患者さん自身が薬物療法に参加できるよう支援します

当院では、安心して手術や薬物療法を受けて頂くために、入院前のご説明から、入院時や入院中に、患者さんやご家族にお会いして、お薬に関するご説明やご相談をお受けしています。
主な内容としては、お使いのお薬の説明や、退院に向けた飲み方や管理方法、お薬の形状などを考え、患者さん自身が薬物療法を理解し、積極的に参加できるよう支援しています。

チーム医療で安全・安心の薬物療法をサポートします

医療が高度化する中で、検査・診断・看護・薬物療法・社会資源のサポートなどをそれぞれの専門職が一丸となって支えています。
その中で薬剤師は、診療の適正な薬物療法の支援や、医薬品を使用する患者さんの看護への情報提供、飲み合わせの確認から処方箋調剤、抗がん薬や注射薬の無菌調製などを行い、安全で安心な薬物療法をサポートしています

医薬品の安全管理に取り組んでいます

医薬品は正しく使用していても、副作用が起こることもあるものです。また、使用方法によっても大きな問題を起こすことがあります。
そのため医薬情報担当者と共に最新の医薬品情報を収集し、緊急時に即座に対応できる体制をつくると共に、副作用発生情報の収集管理や、ヒヤリ・ハットした情報を収集・検証し、医薬品に関する安全対策の向上に努めています。 また地域のみなさまの適正な医薬品使用のための情報提供も行うことで安全管理に取組んでいます。

認定・専門

腎臓病薬物療法認定薬剤師 1名
NST専門療法士 1名
日本薬剤師研修センター
認定実務実習指導薬剤師
3名
医療安全管理者養成課程修了者 2名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 6名

学会・研修会発表など

日々変化していく医薬情報を速やかに臨床現場で活用するため、日々の院内外での研鑽は欠かせないものです。
また臨床研究や学会などを通じてより質の高い薬物療法の向上を図り、地域社会貢献として、市民にむけた公開講座などによる医薬品の正しい認識を広めて行く活動を行っています。

平成28年度 実績

学会・研修会発表など
  • IMSグループにおける施設横断的なDI活動による情報発信の取り組み
     吉川飛鳥、相良克海、関根由香里、駒井信一郎、高塚亮、上野拓、叶内至、
     森下奈緒、須藤貴博、河原悠人、永倉史子、後藤卓哉、斎藤祥明、小田慎、三上二郎
     第19回日本医薬品情報学会総会・学術大会 昭和薬科大学 2016/6/4~6/5
  • 周術期における腎機能推移と抗菌薬管理について
     櫻井秀紀
     日本病院薬剤師会 関東ブロック第46回学術大会 千葉 2016/8/27~8/28
  • 東京腎泌尿器センター大和病院における薬剤管理指導理論最大実施件数の算定に向けて
     廣實愼吾
     第26回日本医療薬学会年会 京都 2016/9/17
学術論文-学会誌(又は査読のある雑誌)

現在はなし

著書-その他

現在はなし

市民公開講座など

現在はなし

過去の実績はこちら

薬剤部インターンシップのご案内

病院薬剤師の業務や病院の雰囲気を体験することで、働く職場のイメージができます。 薬学生として就職という課題をしっかりと考え、自分なりの答えを見つけるためにも、 ぜひ「インターンシップ」を活用してください。

インターンシップについては
こちら

一般外来受付時間

  平日 土曜日
午前 8:00~11:00 8:00~11:00
午後 13:00~16:00 休診
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
婦人科:水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定