東京腎泌尿器センター大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 東京腎泌尿器センター大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 各科のご案内 > 肛門外科

肛門外科Analmedicine

診療の特色(対象となる疾患など)

主として大腸・肛門・小腸の病気の診断と治療を行ない、下部消化管に関わるすべての疾患を扱っております。外科手術の他に大腸内視鏡検査、注腸造影検査などの検査も行っており、早期診断・早期治療を心掛けています。
主に月曜日午後、土曜日午前の外来にて各々、大腸肛門病学会専門医が診療を行っています。他の曜日にても対応させて頂きますので、お気軽に受診、相談して下さい。

診療対応疾患

・腫瘍性疾患 大腸がん、肛門がん、小腸がん、大腸ポリープなど
・肛門疾患痔核・脱肛、痔瘻・肛門周囲膿瘍、裂肛、直腸脱、肛門ポリープなど
・炎症性腸疾患潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性大腸炎、大腸憩室炎など
・機能性腸疾患便秘、排便障害・失禁、大腸憩室症など
・急性腹症急性虫垂炎、穿孔性腹膜炎、腸閉塞症、急性腸間膜血管閉塞症など

主な症状

・下血(便が赤い、便に血が付く、血が肛門から垂れる、肛門を拭いた紙に血が付く) ・腹痛
・腹部満感(腹が張る、ガスが出ない)
・嘔気・嘔吐(気持ち悪い、吐く)
・腹部腫瘤(腹にしこりを触れる)
・便通異常(便秘、下痢、残便感がある、便が細い)
・肛門部症状(肛門が痛い、痒い、湿る、いぼを触れる、肛門のそばが膨らんで痛い)

などがみられる場合や健康診断で便潜血陽性を指摘された場合も遠慮なく受診して下さい。

治療内容

大腸手術
主に結腸・直腸癌の手術(開腹手術・腹腔鏡下手術)を行っています。
良性疾患および悪性疾患に対しては大腸癌治療ガイドラインに沿って積極的に 腹腔鏡下手術を行うようにしています。
下部直腸がんには自律神経温存、自然肛門温存術式などによりできるだけ排便、 排尿、性機能を損なわないように工夫しております。

肛門手術
痔核・脱肛、痔瘻・肛門周囲膿瘍、裂肛、直腸脱、肛門ポリープの手術も行います。
痔核、直腸脱に関しては、症例により結紮・切除術、PPH、硬化療法(ALTA:四段階注射療法) を選択して治療を行っています。

医師紹介

診療部長
白 京訓(はく きょうくん)

自己紹介
【専門分野】

消化器全般・一般外科・下部消化管(大腸・肛門)・内視鏡、腹腔鏡など

【興味のある分野】

消化器全般

【出身大学】

帝京大学

主な経歴
1996年 帝京大学医学部附属病院 外科
1998年 東京歯科大学市川総合病院 外科
2000年 帝京大学医学部付属病院 外科
2007年 慈生会病院 外科
2008年 明理会中央総合病院 外科
2015年 現職
所属学会
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本大腸肛門癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
認定・資格
  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医
  • 身体障害者福祉法第15条指導医
     (膀胱または直腸機能障害の診断)
     (小腸機能障害の診断)
     (肝機能障害の診断)
  • 東京都難病指定医
  • 医師緩和ケア研修修了医
  • 日本静脈経腸栄養学会研修修了医

一般外来受付時間

  平日 土曜日
午前 8:00~11:00 8:00~11:00
午後 13:00~16:00 休診
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定