IMSグループ医療法人財団 明理会 イムス富士見総合病院

24時間受付 救急・小児救急 049-251-3060 埼玉県富士見市鶴馬1967-1

文字サイズ

病院案内

トップ 病院案内 チーム医療

チーム医療

多職種のスタッフがチームを組み、
専門能力を活かして治療にあたります。

当院は、地域の中核となる総合病院として、地域の医療機関と連携し、質の高い医療の提供に努めています。医師や看護師をはじめ、多職種のスタッフが連携するチーム医療を基本とし、それぞれの専門知識や技術を活かし、患者さまの治療や医療環境の整備にも取り組んでいます。

多業種のスタッフによるチーム

感染対策

様々な感染症から患者さまやご家族、職員を守るための予防対策を実践

感染対策チームは医師・看護師・薬剤師・臨床検査技師・事務からなるメンバーで構成されています。職員への教育、院内巡視、感染対策マニュアルの作成、コンサルテーションなどの活動を行い、感染症の拡大防止、抗菌薬の適正使用を推進しています。

医療安全対策

患者さまの安全を守り、安心で最適な医療環境を整える

各医療従事者の個人レベルでの事故防止対策、患者さまが安全に良質な医療が受けられる環境づくりを目的とし、情報収集・マニュアル作成・研修参加などを行っています。また、患者さまからのご相談にもお応えしています。

褥瘡(じょくそう)ケア

褥瘡(床ずれ)の予防、早期発見に努め、適切なケアを提供する

褥瘡(じょくそう)発生を予防するために、すべての患者さまに対して入院時からリスクを評価し、患者さまに合わせた適切なケアを実施します。そのために、褥瘡対策チーム(医師・看護師・栄養士・理学療法士・薬剤師など)が中心となり、病院全体で取り組んでいます。

栄養サポートチーム(NST)

患者さまに合わせた食事や点滴など、栄養面から治療を支援

医師をはじめ、管理栄養士、薬剤師、看護師、言語聴覚士、臨床検査技師などが連携し、患者さまの栄養状態を把握し、それぞれに最適かつ最善の栄養計画を提案することで、患者さまの早期回復・退院、社会復帰を図ります。

認知症サポートケア

高齢社会となり、認知症患者さまの数は増加しています。当院では、認知症と診断されている患者さまだけでなく、加齢による認知機能の低下を考慮した予防的なケアを実践するための看護師が各病棟に配置されています。

専門領域をもつ看護師

日本看護協会の認定看護師や3学会合同呼吸療法認定士、BLSやACLS修了者など、専門資格や専門領域の教育を修了した看護師が多数働いています。今後は、特定行為研修を開始する予定です。

皮膚・排泄ケア認定看護師

不安や悩みを抱えるストーマ保有者さまに対する継続的な支援を行い、ストーマの局所管理と心のケアを行うため「ストーマ外来」を担当しています。

感染管理認定看護師

患者さまとご家族、医療従事者など、病院に関わる全ての人を感染症から守り、安心して入院できる、あるいは安心して勤務できる環境を提供するために活動しています。

集中ケア認定看護師

集中治療領域における最新の知見とガイドラインをもとに、重症患者さまが早期に回復するためのケアを実践しています。一般看護師への指導や相談により、質の高いケアを提供しています。

緩和ケア認定看護師

苦痛を緩和し、自分らしく過ごせるための方法を見つけ出すために、患者さまとご家族の意向を尊重し医療と生活をつなぐための相談に対応しています。

退院支援看護師

入院時より、退院に向け必要な医療・社会サービスをコーディネートするために、ソーシャルワーカーや病棟看護師と協働しています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中の発症後から「住み慣れた自宅に戻る」ために急性期から回復期まで各ステージにあった看護支援をしています。また、脳卒中予防、早期発見・治療、生活期のリハビリテーションや生活指導も行います。