IMSグループ医療法人財団 明理会 春日部中央総合病院 (厚生労働省臨床研修指定病院・日本医療機能評価機構認定病院)

お電話でのお問い合わせ (24時間365日対応) 048-736-1221

事務職インタビュー 〜部署、働く環境〜

事務総合職(連携室)2019年入職

インタビュー

連携室とは、どんな部署ですか?

連携室はベッド稼働率、外来及び入院患者数、医療機器稼働率、手術件数を上げることを目的として他院からの救急依頼や紹介状を持参した患者様の対応を主に行っています。また、他医療機関の情報収集や管内各消防署を定期的に訪問するといった営業活動も行っています。広報活動として、病院誌「WITH A WILL」の発行や患者様向けの公開講座の企画も行っています。

普段の業務で心掛けていることは何ですか

循環器など救急を要する可能性のある診療科宛の紹介状を診療時間外に患者様が持参した際、待ち時間を少しでも短くできるよう心がけています。担当診療科の医師には簡潔に用件を伝え、救急性の有無などを確認し、患者様の納得いく説明をしています。また、部署内の目的にもある外来及び入院患者数をあげるため、救急依頼の電話を受けたらなるべく受け入れてもらえるよう、医師の求める情報をなるべく聞き出し、簡潔に報告することを心がけています。

1日の業務の流れを教えてください

8:30 朝礼 医事課職員朝礼
9:00 業務 返書依頼を担当診療科に持っていく
紹介状を持参する患者様の対応
他院からの救急依頼、内線等の電話対応
12:00 休憩 お昼ご飯
13:00 業務 電話対応(午前と同じ)
医師への紹介状に対する返書依頼の準備
紹介元への患者様来院報告書の作成
16:30 業務 一日の紹介患者をExcelに入力
紹介患者及び救急患者件数を総務に報告
17:00 退勤 業務終了

IMSグループに入職した理由・事務総合職を選んだ理由は何ですか

IMS基本理念にもある「患者様の喜ぶ医療と介護を求めて」の言葉から、患者様が喜ぶためにできることを自分なりに考え、積極的に実践することで自分自身をより高めることができると思い、志望しました。患者様が一番最初に声をかけるのが事務職員に対してだと思い、話しかけやすく、少しでも安心できる窓口になれたらいいたなと思い事務総合職を選びました。

ホームページをご覧になっている方へのメッセージ

連携室は他院からの依頼を受けて、適切な対応をとる部署です。どのような流れで他院と連携をとれば患者様が困らずに済むのか考えて行動するため、部署内でのコミュニケーションはとても重要です。自分なりの意見を持ちながら、周りの意見もしっかりと聞き、協力しあうことが大切と考えます。少しでも病院の事務職に興味のある方は病院のホームページだけでなく、事務員の業務を知るためにもぜひ病院に足を運んでいただけたらと思います。
お電話でのお問い合わせ(24時間365日対応)
048-736-1221