回復期リハビリテーション病棟とは

病気やケガによって損なわれた機能の回復や、日常生活に必要な動作の改善に向けて
集中的にリハビリテーションを行うことが、回復期リハビリテーション病棟の使命でもあります。

待機状況

2020.8.5(水)現在

入院できる疾患と入院期間

対象疾患 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、肺炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症または手術後。 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、 重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む他部位外傷。 180日
2 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折の発症または手術後。 90日
3 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、 術後または発症後。 90日
4 大腿骨、 骨盤、 脊椎、 股関節または膝関節の神経、 筋または靭帯損傷後。 60日
5 股関節または膝関節の置換術後の状態 90日

入院期間については医師判断のもと、患者さまの回復状態や退院後の環境によって異なります。 上記疾患の方で重度の合併症がある場合、ご希望に添えない可能性もあります。予めご了承ください。

数字で見る特徴

  • リハビリ体制

    365

    休日を挟むことでせっかく覚えた動きを忘れてしまったり、 筋力が衰えてしまわないよう、 365日途切れることなく安心してリハビリを行えます。

  • 駅から当院まで

    徒歩7

    仙台市中心部に位置するので、 退院後の公共交通機関の乗り降りや、 朝市での人込みに慣れる練習、 お買い物の練習など、ご面会にも便利です。

  • 東北ブロック

    8施設

    グループには慢性期病院と介護老人保健施設があり、 当院退院後の施設等への通所、 ご自宅でのリハビリ継続や他施設へ入所し継続もできます。