IMSグループ医療法人社団明芳会 イムス東京葛飾総合病院

  • 無料 Web診療相談
  • オープニングスタッフ募集
  • 代表番号0356709901
  • 心疾患に関する緊急受信依頼 24時間対応しております 詳しくはこちら

病院指標

平成30年度 イムス東京葛飾総合 病院指標

  1. 1.年齢階級別退院患者数
  2. 2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4.成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5.脳梗塞の患者数等
  6. 6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. 7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 95 15 85 109 256 414 721 1185 1200 277
平成30年4月1日から平成31年3月31日までに当院を退院された患者数を年齢階級別に集計したものです。
60代〜80代の患者が多くご入院されているのが分かります。
当院は全年齢層患者を対象とし、そして今後の超高齢社会化に対応できる総合医療提供体制を整え、地域住民に求められる医療を提供していきます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
平成30年4月~平成31年3月までの期間は、「DPC準備病院」であったため、集計に必要なDファイルが存在しません。
そのため、平成30年度のこの集計項目については掲載することができませんでした。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - 34 - 1 7
大腸癌 - - - - 84 - 1 6
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
当院の5大癌は大腸癌、次に胃癌となっております。
消化管の癌ははじめ粘膜に生じ、徐々に粘膜の下層に浸潤していきます。
初期のステージの癌に対しては、EMR(内視鏡的粘膜切開術)、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)といった低侵襲の内視鏡治療が行われます。
さらに進行した癌に対しては、外科的手術をはじめ、抗癌剤による化学療法を行っており、患者さまにとって最良の医療が提供できるよう努めております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 - 19.20 75.80
重症 - 12.00 83.00
超重症 - 20.00 87.00
不明 - - -
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
市中肺炎とは、自宅などで生活していてかかる肺炎のことで、病院に入院していてかかる院内肺炎と区別されます。
肺炎重症度分類の定義(A-DROPスコア)に基づき入院時に状態から重症度を決定しております。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
A-DROPシステム
A(Age):男性70歳以上、女性75歳以上
D(Dehydration):BUN 21mg/dl以上または脱水あり
R(Respiration):SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
O(Orientation):意識障害あり
P(Pressure):血圧(収縮期)90mmHg以下
上記の指標のうち、
軽症:上記指標のいずれも満足しないもの
中等度:上記指標の1つまたは2つを有するもの
重症:上記指標の3つ以上を有するもの。ただし意識障害・ショックがあれば1項目のみでも重症とする
超重症:上記指標の4つまたは5つを有するもの
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
当院は超重症の市中肺炎患者が最も多く、次に中等度、次に重症となっております。
高齢になるほど重症化しやすい傾向があることが挙げられます。
肺炎治療の標準的なガイドラインでは、軽症の場合(重症度0)は外来での通院治療を基本とするため入院加療の件数は多くはありませんが、併存症などの患者背景を考慮し、医学上必要と判断される場合は軽症であっても入院加療を行います。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 171 22.50 73.47 32.64%
その他 22 18.05 77.41 3.11%
当院の脳梗塞患者は発症から3日以内の患者様が多くなっている。
救急患者に対し24時間365日体制をとっており迅速な受入れ治療を行いSCU病棟での専門医療スタッフチームでの計画的治療を行います。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K610-3 内シャント設置術 - 5.57 19.29 14.29% 72.29
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - 9.17 14.83 16.67% 71.17
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - 37.60 23.20 20.00% 81.20
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - 11.33 9.33 0.00% 82.67
K654 内視鏡的消化管止血術 - 7.33 10.67 0.00% 66.33
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
当院の内科は肺炎などの内科疾患治療中、併存症疾患に対し手術が必要となり行う場合がほとんどです。
各専門医が24時間365日対応しております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 56 1.88 2.98 0.00% 66.29
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 50 1.14 5.40 0.00% 63.82
K6335 鼠径ヘルニア手術 17 1.82 2.47 0.00% 75.82
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 4.59 12.24 11.76% 74.35
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 16 7.50 16.25 18.75% 71.44
当院の外科は短期滞在手術に含まれる腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術が最も多く次に鼠経ヘルニア手術となっております。
腹腔鏡下の手術は開腹手術より皮膚開創が小さく、手術後の疼痛も開腹手術より軽いので術後回復が早く、早期社会復帰できる事が最大の利点です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 72 3.13 20.08 51.39% 83.00
K0821 人工関節置換術(股)(膝) 63 4.67 26.98 22.22% 75.84
K0811 人工骨頭挿入術(肩)(股) 59 4.15 22.68 59.32% 82.83
K0462 骨折観血的手術(下腿)(前腕) 48 1.73 10.79 6.25% 61.96
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 37 4.32 23.35 54.05% 71.68
当院の整形外科は大腿骨頚部骨折に対しての「骨折観血的手術」原発性膝関節症に対して「人工関節置換術」原発性股関節症に対して「人工骨頭挿入術」下腿、前腕の骨折に対して「骨折観血的手術」脊柱管狭窄症に対しては「脊柱固定術」を行っております。
術後は早期社会復帰、自宅退院を目指しリハビリを行います。
更なるリハビリが必要な患者様は専門リハビリ病院へ転院しリハビリを行います。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K178-4 経皮的脳血栓回収術 32 0.03 24.53 56.25% 75.94
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術,慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 20 1.10 6.20 5.00% 75.85
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - 1.00 22.89 44.44% 65.78
K1781 脳血管内手術(1箇所) - 0.63 27.75 12.50% 62.75
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - 7.50 6.25 12.50% 73.88
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
脳神経外科では、「経皮的脳血栓回収術」が一番多くなっています。これは、急性期脳梗塞に対して行う血管内治療で発症後8時間以内の患者さんが対象となります。カテーテルを頭の中の脳血管へ進め、血管を詰めている血栓を溶解したり、回収したりして、閉塞した脳血管を再開通させる手術です。
次に外傷による慢性硬膜下血腫に対する血腫穿孔洗浄術(ドレナージ術)が多くなっています。
次に(未破裂脳動脈瘤、破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血)に対して脳動脈瘤頸部クリッピング術となっています。
次に未破裂脳動脈瘤の症例や破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血症例に対して、カテーテルと呼ばれる医療用の極めて細い管を使用し、血管の内側から治療「脳血管内手術」です。カテーテルの他に、薬剤やコイル、ステント等を用いて治療を行います。
最後に、経皮的頸動脈ステント留置術は内頚動脈狭窄症や脳梗塞に対して、ステントを用いて治療を行なう手術です。
いずれの手術も患者さんの状態や症例によって適切な手術を選択しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 137 1.93 6.24 2.92% 72.51
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 101 0.06 1.29 0.00% 67.61
K610-3 内シャント設置術 44 1.86 4.95 4.55% 70.95
K6145 血管移植術、バイパス移植術(下腿、足部動脈) 22 6.77 33.50 13.64% 72.23
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 22 3.59 17.64 4.55% 71.59
心臓・大血管疾患、動脈・静脈疾患、シャント疾患等幅広い疾患に対して手術を行っており前年度対比において、手術件数を増やしております。患者様の負担軽減を第一にほとんどの手術事例において無輸血で実施し、早期社会復帰を目的に低侵襲手術も推進しております。
実績として、「四肢の血管拡張術・血栓除去術」が一番多くなっております。この手術は下肢閉塞性動脈硬化症・重症虚血肢等の疾患に対し針を刺してその針穴からカテーテル(細い管)を挿入し、カテーテルについた風船で血管を広げる治療を行う手術です。
次に下肢静脈瘤に対して行う「下肢静脈瘤血管内焼灼術」が多くなっております。他にもストリッピング手術や下肢静脈瘤切除術や下肢静脈瘤硬化療法等があります。次に「内シャント設置術」が多くなっております。この手術は、現在あるシャントでうまく透析ができないため別の場所に作り直す場合と、末期腎不全で維持透析が必要となったため作る場合とがあります。次に「血管移植術、バイパス移植術」が多くなっております。この手術は、動脈硬化の進行により血管の壁が劣化することで太ももの動脈が狭くなっているもしくは詰まっている部分があり、膝よりも下に流れる血液の量が減り歩くとふくらはぎやふとももが痛くなる、痛くなるまでの距離が極めて短い、安静にしていても足が痛い、足が腐り始めるなどの症状が出ます。この状態は薬による治療では改善効果が乏しいので、閉塞部分を迂回するバイパス(新しい血液の通り道)を作り、血液の流れを改善する手術です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 54 0.11 1.72 0.00% 73.54
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - 0.00 1.00 0.00% 74.00
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
眼科では白内障に対して行う「水晶体再建術」が一番多くなっております。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - 0.00 2.00 0.00% 67.00
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - 0.00 1.00 0.00% 90.00
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径12cm以上) - 1.00 2.00 0.00% 70.00
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
全て手術患者件数は1件です。
基本的に皮膚科は外来対応となりますが、必要に応じて入院で管理する事例もございます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 54 1.48 2.02 3.70% 63.96
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 47 1.77 3.51 4.26% 69.34
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 31 1.45 4.42 0.00% 74.16
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 29 2.28 4.83 10.34% 66.62
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - 6.43 3.29 0.00% 78.71
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
泌尿器科は尿路結石疾患(尿管結石・腎結石等)に対して行う「経尿道的尿路結石除去術」、「経尿道的尿管ステント留置術」の件数が多くなっております。
また、膀胱悪性腫瘍に対して行う「膀胱悪性腫瘍手術」や前立腺肥大症に対して行う「経尿道的レーザー前立腺切除術」が多くなっております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 71 1.00 1.94 0.00% 68.20
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 34 0.18 11.26 0.00% 65.91
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 24 4.88 7.21 8.33% 77.25
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 13 0.08 17.77 0.00% 69.46
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 10 1.70 1.00 0.00% 71.50
循環器内科は虚血性心疾患(不安定狭心症、労作性狭心症、急性心筋梗塞)に対して行う「経皮的冠動脈ステント留置術」がメインとなっております。
また、徐脈性不整脈(完全房室ブロック、洞不全症候群)に対して行う「ペースメーカー移植術」が多くなっております。
頻脈性不整脈(心房細動等)に対して行う「カーテーテルアブレーション」も実施しております。
救急患者に対し24時間365日体制で行っております。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 168 0.27 1.13 0.60% 69.05
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 60 1.40 5.52 5.00% 74.83
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 35 0.26 1.71 0.00% 65.63
K654 内視鏡的消化管止血術 25 0.56 6.88 4.00% 70.56
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 16 0.31 2.94 0.00% 73.19
消化器内科では「内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術」がメインになっております。この手術は早期の大腸にできた腫瘍に対し、内視鏡を使って行われる手術で、ほとんどが当日に行っています。他の疾患を治療中に見つかり行う事もあります。早期がんの発見につながります。
また、総胆管結石に対して行う「内視鏡的胆道ステント留置術」や、上部・下部消化管出血に対して行う「内視鏡的消化管止血術・小腸結腸内視鏡的止血術」が多くなっております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - 0.09%
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 88 2.02%
異なる - 0.05%
※症例数が10件未満は「‐」で表示しております。
上記の傷病は、いずれも一般に、手術や処置などの医療行為に伴って合併症として発症することが多いとされるものです。もちろん日常生活の中で発症する場合もあります。
DPC制度では、「入院の契機となった傷病名」と入院中「最も医療資源を投入した傷病名(医師が中心的に診療した疾病)」をそれぞれ記録する必要があるため、両者が同一か異なるかで、院内で発生した合併症かそうでないかをある程度判断することが出来ます。
上表は、両者が同じ場合を「同一」、異なる場合を「異なる」と表示し、区別して集計したものです。
重症の患者さまや複数の疾患をお持ちの患者さまは一般に合併症を起こしやすい傾向にあるため、単純に発生率が高いことをもって医療の質の良し悪しをいうことは出来ません。
合併症は、起こさないようにどんなに注意を払っても、日常生活や治療に伴って一定の確率で不可避的に発生するものであると言われています。
当院では、万一合併症が発生した場合でも迅速に対応できるよう努めております。