Menu

専門認定薬剤師

現在の医療は、医学や薬学の進歩とともに高度化しています。
その中で最善の医療を提供するために、様々な専門職が集まってチームを組み治療を行っています。
この医療チームの一員として、効果的な薬物治療を行うために専門・認定薬剤師が必要とされています。

がん薬物療法認定薬剤師

1.取得のきっかけは?

多職種が患者さま一人ひとりに対し職能を活かして意見交換するキャンサーボードに参加したことが一番のきっかけとなりました。自分自身が認定取得することにより、チーム医療としても質の高いがん医療を提供できるのではないかと考えました。患者さまを中心に日々、チーム一丸となって取り組んでいることにやりがいを感じています。

2.現在の活動内容は?

外来化学療法室に常駐しており、調製業務、レジメン管理、カンファレンス等、化学療法関連業務の全般に携わっています。また、患者さま指導においてはがん化学療法を施行された患者さまの些細な変化を見逃さないようきめ細かな介入を行ってい ます。

3.これからの目標は?

認定薬剤師資格はソムリエバッジと似ていて、ただ資格を取得しただけでは力を発揮してくれません。これからも自己研鑽と経験を積んでがん領域に留まらず幅広い知識を習得し、一人の人間としても患者さまの心に寄り添える薬剤師でありたいです。

4.最後にひとこと

がん患者さまの罹患数は年々上昇傾向にあります。また、がん医療の進歩に伴い、がん薬物療法はより多様化、高度化されており、がん化学療法認定薬剤師の活躍の場はより拡大していくことが予想されます。今後、切磋琢磨しあえる薬剤師の育成を積極的に行い、IMSグループ全体としてがん薬物療法の質の向上を目指していきたいです。

板橋中央総合病院

(平成22年院卒)

イムス富士見総合病院

(平成19年院卒)

感染制御認定薬剤師

1.取得のきっかけは?

入院患者さまだけでなく外来患者さまも含めて感染症治療に関わる機会が多いと感じたことがきっかけです。薬剤師としてチーム医療の一員としても患者さまへの適切な治療に貢献でき、活躍できるように認定を取得しようと思いました。それまで、現場での自分の力不足を実感したのもきっかけだったと思います。

2.現在の活動内容は?

HCU(高度治療室)の病棟業務とAST(抗菌適正使用支援チーム)の業務を行っています。HCUでは、主に内科中心の重症患者さまの入院から一般病棟への転室までの薬物治療支援を行っています。ASTでは、医師、看護師、検査技師とともにASTラウンドを通して抗菌薬適正使用支援を行っています。

3.これからの目標は?

認定薬剤師の育成、病棟薬剤師のボトムアップと連携による抗菌薬適正使用の推進強化を図り、感染症患者さまへの適切な治療支援を行うことを目標としています。不適切な抗菌処方を一つでも多く回避していきたいと考えています。

4.最後にひとこと

不適切な抗菌薬の使用により治療が成功しないだけでなく、耐性菌のリスクや副作用 のリスクを高めてしまう危険があります。このようなことを避けるために感染対策にはすべての人の協力が必要です。PK/PDやTDMなどの学習してきた知識が活かせる資格の一つです。自分の身に降りかかる可能性のある感染症に興味がわいたでしょうか?

イムス富士見総合病院

(平成22年院卒)

腎臓病薬物療法認定薬剤師
腎臓病療養指導士

1.取得のきっかけは?

入職して最初に循環器病棟の担当になりました。その時に狭心症の既往がある患者さまは腎機能が低下していたり、血液透析をしていることが多いなと感じていました。その後透析や腎移植中心の病棟に配属となり、その理由を理解することができました。病態と薬剤を関連付けて考えるきっかけとなり認定を取得しようと思うようになりました。

2.現在の活動内容は?

2019年6月に横浜旭中央総合病院に異動し業務を行っています。院内の業務の他に、グループ内病院を訪問して腎臓病薬物療法に関する薬剤師の育成やグループ病院のメリットを活かして病院の垣根を越えた調査を行ったりしています。

3.これからの目標は?

腎機能が低下している患者さまに通常用量の腎排泄の薬剤を投与すると、副作用や中毒が出る危険性があります。薬剤師は副作用を未然回避するために適切な処方管理をする必要があります。院内外で、より質の高い腎臓病薬物療法を考えるきっかけづくりをする業務をしていきたいと思っています。

4.最後にひとこと

腎臓病薬物療法は腎排泄の薬剤だけに注意するのではなく、薬物動態学の知識も必要です。薬剤の吸収や排泄経路などを考えることはもちろんですが、ただ薬だけを見る薬剤師ではなく、他職種と一緒に患者さまを診ながら最適な薬物療法に貢献できることにやりがいを感じています。

横浜旭中央総合病院

(平成18年卒)

新越谷病院

(平成25年卒)

NST専門療法士

1.取得のきっかけは?

研修に行く機会をいただき、その後からNSTの一員として活動をするようになりました。その中で、自分にもっと栄養への知識があればより良いアセスメントや提案ができるのではないかという場面があり、資格を取得しようと思いました。

2.現在の活動内容は?

医師や看護師、管理栄養士、言語聴覚士など多職種からなるスタッフで回診を週に1回行っており、私もこれに参加しています。薬剤師として、高カロリー輸液を中心とした処方設計をしたり、下痢等の消化器症状に対する薬剤選択の提案を行ったりしています。

3.これからの目標は?

これからも広く知識を習得し、患者さまの栄養状態がよくなるよう、薬剤師の視点から提案を行っていくことを目標としています。また、勉強会などを通してスタッフ全体の栄養への関心を高めていきたいと考えています。

4.最後にひとこと

栄養療法は治療の基本でもありますが、食べる事はそれ自体が人にとって楽しみの一つでもあります。それを取り戻せるよう、患者さまの身になりチーム一丸となって考えることにより患者さまが再び食べることができるようになった時など、NSTでの仕事は他職種と直接的に成果を共有することができるので、とてもやりがいを感じます。

イムス富士見総合病院

(平成22年院卒)

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください


ページトップへ戻る