Menu

活躍する薬剤師

信頼できる先輩に出会いました

就職活動でいくつかの病院を見学した際、雰囲気がよく、認定薬剤師を取得しやすい環境であり、自分自身の薬剤師としての価値を高めることができると思い志望しました。現在、私は病棟業務を行っていて、医師、看護師をはじめとする多くの職種の方々とともに働いています。ともに働くことによって薬剤師には気が付けない点に気が付かされたり、患者さま一人を治療することに対しても様々な角度からの意見があり、日々、刺激を受けています。まだ入職したばかりの新人薬剤師ですが、今はジェネラリストとしての基礎を築き、今後は興味のある感染領域の知識を深め、その知識を生かして、他職種の方とともにより良い医療を患者さま一人ひとりに提供していきたいと思っています。当院では認定薬剤師が多く、信頼できる先輩がたくさんいる職場です。ぜひ、一緒に働きましょう。

 
 

新松戸中央総合病院

(平成31年度入職)

“職場の雰囲気”って大事です!

私が就職活動で最も重視したことは、職場の雰囲気です。薬局内の和気あいあいとした明るい雰囲気が自分に合いそうと感じ、また他部署との垣根が低いことに魅力を感じました。現在私は、主に調剤業務を行っています。内服薬や注射剤の調剤業務、部門システムでの入力業務、監査業務、高カロリー輸液の無菌調製を入職後6ヵ月間でしっかり身に付けました。最近では病棟業務も始まり、これまで以上に深い知識が必要だと実感しています。患者さま一人ひとりにあった薬物支援を提供できるようしっかりと知識を身に付けていくとともに、当院では2年次でNST専門療法士の認定取得の研修を受けることができるため、将来的に認定取得を目指しています。様々な施設を見学し、その場で働いている自分をイメージできる場所を探してみてください。IMSグループの薬剤部を一緒につくっていきましょう。

 
 

鶴川サナトリウム病院

(平成31年度入職)

薬剤師としてのスキルアップをしっかり
サポートしてくれますよ!

私が勤務しているイムス明理会仙台総合病院は、東北ブロックに属し、他に慢性期の西仙台病院と山形ロイヤル病院の2つの医療施設と業務連携を図っています。2018年の9月から5月末まで業務支援で入院患者さまの平均在院日数が300日、平均年齢が83歳の山形ロイヤル病院に勤務し、院内の多職種協働で多剤投与の解消に積極的に取り組みました。多剤投与の解消には、患者さまの症状や訴え、検査値など患者さま一人ひとりの情報による処方箋の薬学評価が求められ、知識不足を実感することもありました。しかし、このような実践経験を積み重ね、一人ひとりの患者さまの処方箋を解析した処方支援など患者さまに寄り添い、専門性の高い「サービス」を提供できる薬剤師を目指しています。IMSグループは、他施設間の人事交流を積極的に取り入れ、さらに薬剤師のスキルアップを図るための教育・研修制度が充実しています。薬剤師のスキルアップには、最高の職場と思っています。

 
 

イムス明理会仙台総合病院

(平成29年卒)

一番の強みは、グループだからこそのスケールメリット!

私は入職してから、専門病院の横浜新都市脳神経外科病院で勤務し、7年目に総合病院の横浜旭中央総合病院へ転勤しました。皆さんはグループ病院だと転勤があると考えているかもしれません。転勤と聞くと、どうしてもネガティブな印象が強い人も多いのではないでしょうか?しかし、転勤や合同研修などの人事交流こそが、グループ病院の一番の強みだと考えています。なぜなら、新しい刺激を受けることが社会人としてステップアップに最も効果的だからであり、組織の活性化にも繋がるからです。私自身も、現在は経験のない内科病棟チームのリーダーを担当し、日々新しい発見をして、成長を感じています。就職活動、国家試験、新入職とまだまだ大変なことも多いと思いますが、それを乗り越えて成長した皆さんと働ける日を楽しみにしています。

 
 

横浜旭中央総合病院

(平成25年卒)

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください


ページトップへ戻る