明理会東京大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 明理会東京大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 病院について > 病院指標

令和2年度 明理会東京大和病院 病院指標DPC

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 44 130 262 447 447 483 615 451 179

令和2年4月1日~令和3年3月31日までに退院された患者様を、年齢階級別で表しています。
40歳代~80歳代の方が多く入院されており、全体の約8割を占めています。
令和2年度から、肩・肘の疾患を専門とするクリニックの先生が当院で手術を行うようになり、10歳代、20歳代の患者様も増えています。
当院は東京都板橋区に所在し、板橋区や周辺区にお住まいの患者様はもちろんですが、北海道や愛知県、沖縄県など遠方からの患者様もご入院されています。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
01021xxxxx0xxx 認知症 手術・処置1-なし 30 52.17 16.38 40.00% 86.13
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 24 50.21 17.23 25.00% 88.88
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置2-なし 21 45.33 20.51 47.62% 87.81
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 12 53.17 9.70 16.67% 81.92
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 11 41.82 13.00 27.27% 84.55

当院の内科では、他院からの転院患者様が多くいらっしゃいます。
80歳代以上の患者様が約7割を占めており、疾患は心不全や認知症が多くなっています。
一般病棟での集中的な治療が終了した患者様には、早期にリハビリテーションを提供し、在宅復帰を支援する地域包括ケア病床への転棟を推進しています。
また、医療福祉相談員が介入し、患者様が安心して入院生活を過ごせるよう、退院支援を行っています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160720xx97xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 その他の手術あり 58 3.50 6.58 0.00% 26.14
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 56 6.96 17.59 0.00% 61.82
070050xx97xxxx 肩関節炎、肩の障害(その他) 手術あり 22 13.23 22.23 0.00% 65.91
070200xxxxxxxx 手関節症(変形性を含む。) 15 3.00 7.93 0.00% 29.60
160990xx97x0xx 多部位外傷 手術あり 手術・処置等2-なし 11 3.00 18.40 0.00% 28.18

当院の整形外科では、肩関節脱臼・肩腱板断裂が多くを占めています。
平均在院日数は、全国平均に対して2~3分の1です。
患者様に負担の少ない、効率的な医療の提供を行っています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
080250xx99x0xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2-なし - - 24.54 - -
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし - - 12.87 - -
070395xx99xxxx 壊死性筋膜炎 手術なし - - 16.67 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.12 - -
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2-なし - - 28.91 - -

当院の皮膚科では、褥瘡が最も多く、次いで帯状疱疹、蜂窩織炎が多いです。
皮膚科全体で、平均年齢は80歳であり、平均在院日数は37.5日となっています。
他院からの転院患者様が多くいらっしゃいます。
また、他科入院中の患者様の皮膚症状の相談をいただいたり、毎週褥瘡回診を行い、それぞれの病状に応じた処方、処置のご提供を心がけています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 対外衝撃波腎・尿管結石破砕術 422 1.24 2.66 0.00% 53.14
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1-なし 定義副傷病なし 304 5.57 5.67 0.66% 58.03
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 150 3.01 2.54 0.00% 68.86
11012xxx03xxxx 上部尿路疾患 経皮的尿路結石除去術(経皮的腎瘻造設術を含む。) 121 6.91 11.27 0.83% 60.67
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 118 6.55 8.52 0.85% 71.12

当院の泌尿器科では、尿路結石疾患(尿管結石、腎結石)が最も多く、ESWL(体外衝撃波腎尿管結石破砕術)、TUL(経尿道的尿路結石除去術(レーザー))やPNL(経皮的尿路結石除去術)等様々な治療を行っています。
また、前立腺肥大症も多く、当院ではレーザーを用いたHoLEP(経尿道的レーザー前立腺核出術)やCVP(接触式レーザー前立腺蒸散術)も行っています。
患者様の病態とご希望に合った治療方法を、提案させていただきます。
前立腺癌をはじめ、尿路のがんの検査や手術・薬剤治療も積極的に行っています。

婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 192 2.77 2.93 0.00% 37.39
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 135 5.46 6.10 0.00% 42.97
120100xx02xxxx 子宮内膜症 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 37 6.08 6.56 0.00% 39.14
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 36 5.94 6.16 0.00% 35.78
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2-なし 18 2.00 3.11 0.00% 37.61

当院の婦人科では、良性腫瘍(子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜症・子宮ポリープ等)が多くを占めています。
子宮鏡下・腹腔鏡下手術を行う事で、開腹手術よりも手術の傷跡が目立たず、患者様の体への負担を少なくすることが可能です。
そのため、平均在院日数は短く、短期間の入院で手術を行う事が出来ます。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 18 42.94 11.04 22.22% 71.78
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2-なし 12 12.25 4.51 0.00% 80.00
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし  - - 13.00 - -
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし - - 20.51 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2-1あり - - 33.50 - -

当院の腎臓内科では、主に透析を行っている患者様がご入院されているため、疾患は慢性腎不全が多くなっています。
入院期間が長めではありますが、医療福祉相談員が介入し、退院先・転院先を決めています。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

消化器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 23 3.17 2.66 4.35% 60.70
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 13 7.54 4.86 0.00% 67.77
040081xx97x0xx 誤嚥性肺炎 手術あり 手術・処置等2-なし - - 36.73 - -
010069xx97x00x 脳卒中の続発症 手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし - - 12.31 - -
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等1なし 定義副傷病なし - - 16.19 - -

当院の消化器科では、大腸ポリープが多くを占めています。
次いで、鼠径ヘルニアが多いです。悪性腫瘍では大腸がんが多く、腹腔鏡手術を行っています。
消化器科全体で、平均年齢は68.6歳であり、平均在院日数は9.8日となっています。
※10未満の数値は「-」で表示しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - 11 - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - 10 - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、他院での初回治療後の経過観察目的で転院されてくる場合が多い傾向にあります。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 20 35.40 83.85
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

当院では、中等症と診断される患者様が多くなっています。
中等症とは、重症度分類A-DROPスコアの指標5項目のうち、1項目または2項目該当するものです。
平均在院日数は、肺炎の治療並びにリハビリテーションの期間を含みます。

※A-DROPスコア
A: Age(年齢) 男性70歳以上 女性75歳以上
D: Dehydration(脱水) BUN21mg/dl以上又は脱水有
R: Respiration(酸素飽和度)SpO2≦90%
O: Orientation(意識障害) 意識障害有
P: Pressure(収縮期血圧) 収縮期血圧90 mmHg以下

※10未満の数値は「-」で表示しています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 22 46.00 83.09 45.83%

当院では、発症日から4日目以降の患者様が多く入院されており、経過観察で転院されてくる場合が多い傾向にあります。
リハビリテーションや点滴加療、胃瘻造設術等を行い、医療福祉相談員が介入の上、退院支援を行っています。
平均在院日数は、脳梗塞の治療並びにリハビリテーションの期間を含みます。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) - - - - -
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) - - - - -
K142-4 経皮的椎体形成術 - - - - -

内科では、様々な疾患をお持ちの患者様が入院されており、診療科を超えチーム医療として、治療を行っています。
そのため、内科疾患の治療と共に他科疾患の治療も行う場合があるため、消化器外科手術や泌尿器科手術が上位に挙がっています。
経口摂取が難しい患者様に対して直接胃に食事を入れる胃瘻造設術が最も多く、静脈から直接栄養を流し込むために必要な中心静脈注射用植込型カテーテル設置術も行っています。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-52 関節鏡下肩関節唇形成術(腱板断裂を伴わない) 60 0.95 1.35 0.00% 26.22
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術 簡単なもの 51 10.2 5.18 0.00% 62.43
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 19 6.63 21.32 10.53% 74.79
K076-22 関節鏡下関節授動術 胸鎖、肘、手、足 13 1.00 1.54 0.00% 27.85
K076-21 関節鏡下関節授動術(肩) 10 0.90 9.60 0.00% 60.70

整形外科では、反復性肩関節脱臼に対する関節鏡下肩関節唇形成術が最も多く、次いで肩腱板断裂に対する関節鏡下肩腱板断裂手術を多く施行しています。
関節鏡を用いた侵襲(ダメージ)の少ない術式の採用により、入院日数を短くすることが可能です。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -

皮膚科では、他科疾患をお持ちの患者様が入院されており、診療科を超えチーム医療として、治療を行っています。
そのため、皮膚科疾患の治療と共に他科疾患の治療も行う場合があるため、胃瘻造設術が上位に挙がっています。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 422 0.01 0.23 00.00% 53.23
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 322 2.21 2.74 0.93% 58.78
K764 経皮的尿路結石除去術(経皮的腎瘻造設術を含む。) 119 1.80 4.42 0.84% 60.41
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 115 1.81 3.89 0.87% 71.02
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 87 0.93 4.41 3.45% 63.43

泌尿器科では、尿路結石の手術を多数施行しています。
当院では軟性内視鏡、レーザーを用いて結石を取り除くTUL(経尿道的尿路結石除去術(レーザー))をはじめ、TULでは対応出来ない大きな腎結石もPNL(経皮的尿路結石除去術)という手術で取り除く事が出来ます。
また、前立腺肥大症に対して、レーザーを用いたHoLEP(経尿道的レーザー前立腺核出術)やCVP(接触式レーザー前立腺蒸散術)も行っています。
手術時間が短く、出血がほぼないため、血をサラサラにする薬を服用したまま施行出来るというメリットがあります。

婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K872-31 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 電解質溶液利用のもの 192 0.79 0.98 0.00% 37.39
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 60 1.05 5.53 0.00% 46.55
K8731 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 電解質溶液利用のもの 57 0.81 1.02 0.00% 42.14
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 39 0.97 3.95 0.00% 35.82
K8862 子宮附属器癒着剥離術(両側)(腹腔鏡) 30 1.00 3.90 0.00% 37.53

婦人科では、主に子宮内膜ポリープや卵巣腫瘍、子宮筋腫に対する手術を施行しています。
子宮鏡下・腹腔鏡下手術を行う事で、開腹手術よりも手術の傷跡が目立たず、患者様の体への負担を少なくすることが可能です。
そのため、平均在院日数は短く、短期間の入院で手術を行う事が出来ます。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 14 11.36 14.93 14.29% 81.43
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) - - - - -
K6121ロ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(静脈転位を伴う) - - - - -
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -

腎臓内科では、慢性腎不全患者に対して経皮的シャント拡張術・血栓除去術や内シャント設置術を行っています。
日帰り手術や2泊3日での手術も行っております。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

消化器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2㎝未満 17 0.59 2.24 5.88% 60.94
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 17 1.00 9.41 70.59% 79.94
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) - - - - -
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -

消化器科では、内視鏡的大腸ポリープ切除術、胃瘻造設術を多く行っています。
鼠径ヘルニア手術は腹腔鏡手術も行っております。大腸がんに対する手術は腹腔鏡手術を行っています。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 13 0.42%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

播種性血管内凝固症候群および敗血症は、感染症、がんに併発する重症感染症です。
予防をしていても、免疫低下時に感染してしまう事はよくあります。
感染を防ぐために、少しでも感染のリスクを減らし病院一丸となり対策に取り組んでいます。

※10未満の数値は「-」で表示しています。

一般外来受付時間

月〜土曜日
午前 8:00〜11:00
午後 13:00〜16:00
毎週月曜日・水曜日は、夜間外来(泌尿器科・婦人科)がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定