東京腎泌尿器センター大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 東京腎泌尿器センター大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 病院について > 各部署紹介 > 臨床工学科

臨床工学科Clinical engineering

入院時の食事提供

当院臨床工学科の業務内容は血液浄化、機器管理、手術室の3つの部門に分かれており、それぞれ医療機器を使用して安全な治療が行えるよう日々業務を行っています。
学会発表にも力を入れており、日本透析医学会や日本臨床工学会への演題発表を行っております

職員数

職員数 16名(男10名、女6名)
平均年齢27.8歳

出身校一覧

東海大学
埼玉医科大学
帝京短期大学
日本医療科学大学
東京電子専門学校
読売理工医療福祉専門学校

業務内容

血液浄化業務

最新透析システムを導入した当施設は関東圏のモデルルーム!
穿刺を含む全ての業務を行いながら特殊治療にも対応します。

個人用透析装置6台、多人数用透析装置26台の全32台を全て日機装社製装置で揃え、日機装のモデルルームとして開院しました。
2クール体制で患者を受け入れており、PMX、CHDF、CARTも行っています。また、透析医学会等への参加も積極的に行っています。
入院時の食事提供 入院時の食事提供

手術室業務

手術室管理

ダヴィンチロボットを保有し、H30年度手術件数は60件以上 !
医療機器を駆使して骨盤腔内手術やESWLの治療を
支えております。

手術室内クラスⅠ~Ⅳの医療機器を保守管理し、臨床工学技士または業者が保守点検を実施しています。
腹腔鏡下手術、体外衝撃波結石破砕術では医療機器の準備、操作、動作確認、また、医療機器を使用するための環境整備を行っています。そのほかにも看護師の要望に応じ、医療機器の使用、操作方法の指導を行っています。

機器管理業務

栄養相談

医療機器をバーコードにて中央管理をし、保守点検を行っています。 また、業務の拡大も目指し、タブレット端末での運用を開始しています

輸液ポンプ、シリンジポンプ、経腸栄養ポンプ、ベッドサイドモニタ、送信機、人工呼吸器の保守点検や貸し出し返却の管理を行っています。 ポンプやモニタは病棟からの修理依頼、人工呼吸器は稼働中の日常点検、回路交換などを主に行っており、現在は貸し出し返却処理をPCで独自に開発したソフトで管理しています。また今後はタブレット端末を運用し、機器管理の更なる効率化に向け動き出しています。

 

学会実績(2013~2019)

職員からのメッセージ

技士長からのメッセージ

現在16名のスタッフが上記部門にて病院の健全運営に貢献しております。
臨床工学技士は多くの他部署と関わる職種です。日々の業務とともに、学術発表や講習会でスキルを磨き、病院中から頼りにされる臨床工学科を一緒に目指しましょう。
是非、施設見学にきてください。
(東京電子専門学校卒 吉澤拓也)

先輩からのメッセージ

血液浄化業務を中心に手術室にも携わっています。当院は透析設備も最新のものが揃っており、透析を学ぶには良い施設だと思います。スタッフ間の仲が良くとても楽しい職場です。先輩方も熱心で優しく指導してくれます。興味ある方は是非見学に来てください。
(読売理工医療福祉専門学校卒 3年目 土屋歩夢)

一般外来受付時間

  平日 土曜日
午前 8:00~11:00 8:00~11:00
午後 13:00~16:00 休診
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定