東京腎泌尿器センター大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 東京腎泌尿器センター大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 各科のご案内 > 消化器外科 > ジオン注射治療

ジオン注射治療ALTA療法

ジオン注射とは?

いぼ痔を切らずに注射で治す画期的な最新治療となります。
注目されている硬化療法の一つで、手術でしか治せなかった進行した内痔核でも、治療効果が期待できます。
肛門の痛みを感じない部分に注射するため、痔核を切り取る手術より痛みの少ないのが特徴です。

いぼ痔の症状

下記の症状がある方はいぼ痔の可能性があります。
・便が赤い
・便に血が付く
・肛門が痛い
・いぼを触れる
・肛門を拭いた紙に血が付く
・排便後、いぼが出る

いぼ痔の分類

分類:Ⅰ度

・痔核の脱出はない。
・痛みはなく、排便時に出血することがある。

分類:Ⅱ度

・排便時に脱出するが、自然に戻る。
・出血があり、痛みも出てくる。

分類:Ⅲ度

前半:排便時に脱肛するが指で押して容易に戻る。
後半:排便時に全体が大きく脱肛し、戻るのに手間と時間がかかる。
   出血があり、痛みも出てくる。

分類:Ⅳ度

・指で押し込んでももどらない。
・固くなって痛みも出血もなくなる。
・粘液がしみ出して下着が汚れる。

ジオン注射の対象となる方

図の痛みを感じない部分に発生したⅠ度〜Ⅲ度前半までの内痔核がジオン注射の治療対象となります。
Ⅲ度後半~Ⅳ度は手術療法で脱出したいぼ痔を、根元から専用のはさみで切っていきます。
その後、残りの比較的小さな痔核にはジオンを注射する併用療法を行います。

ジオン注射硬化療法の方法

ジオン注射は四段階注射法といって、図のように4ヶ所に分けて注射します。
通常、無麻酔で行えますが、場合により肛門周囲へ局所麻酔をすることで楽に治療が受けられます。

ジオン注射 投与前・投与後の比較

  • ジオン注射 投与前

    内痔核がうっ血を起こし、腫れている状態。

  • ジオン注射 投与後

    内痔核へ流れ込む血液の量が減り、腫大していた痔核は
    次第に小さくなり、翌日には出血が止まり、脱出の程度も軽くなります。

肛門外科 診療体制

受付時間
午前 8:00~11:30
午後 13:30~16:00

初診の方もご予約いただけます。ご希望の際は病院代表(03-5943-2411)までご連絡ください。
「日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医・指導医・評議員」の資格を有する経験豊富な医師が対応いたします。

医師の紹介はこちらをクリック

一般外来受付時間

  平日 土曜日
午前 8:00~11:00 8:00~11:00
午後 13:00~16:00 一週目のみ
13:00~16:00
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定