東京腎泌尿器センター大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 東京腎泌尿器センター大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 各科のご案内 > 消化器外科(消化器内科)

消化器外科(消化器内科)Digestivesurgery

診療活動

当科は幅広い消化器疾患を高度の専門性を維持しながら治療しております。症状により内科的治療、外科的治療(開腹・腹腔鏡下手術)および内視鏡的治療などに取り組んでいます。
外科治療を必要とする疾患をお持ちの患者さんができるだけ短期間に安心・安全に、さらに手術による後遺症が残らぬように安心して医療が受けられるよう努力させていただきます。

診療の特色(対象となる疾患など)

良性疾患 急性虫垂炎 鼠径(そけい)ヘルニア 肛門疾患 腸閉塞 憩室炎 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病) 胆石症 胃潰瘍、十二指腸潰瘍 腹膜炎 臍炎(尿膜管遺残) 自然気胸など
悪性疾患 食道癌 胃癌 小腸癌 大 腸癌 肝癌 膵臓癌 胆道癌消化 管悪性間葉系腫瘍(GIST) 消化性潰瘍穿孔(胃潰瘍、十二指腸潰瘍など) 転移性腫瘍 肉腫などの腹腔内腫瘍など

腹腔鏡下手術対応可能な疾患

当科では、学会のガイドラインに則った治療方針としています。

良性疾患 虫垂炎 胃・十二指腸潰瘍穿孔 胃粘膜下腫瘍 脾腫瘍 胆石症 胆嚢ポリープ 憩室炎(内科的加療困難例) 腸閉塞など
悪性疾患 胃癌 (内視鏡的切除が困難な早期胃癌、一部の進行胃癌)
大腸癌(内視鏡的切除が困難な早期大腸癌や進行癌) 小腸癌など

鼠径(そけい)ヘルニア外来

鼠径(そけい)ヘルニアについて

鼠径ヘルニア
  • 1. 鼠径靱帯(そけいじんたい)
  • 2. 外鼠径ヘルニア
    鼠径靱帯の上で、外側から出てくるヘルニア。ヘルニアでは一番多いヘルニアです。
  • 3. 内鼠径ヘルニア
    鼠径靱帯の上で、内側から出てくるヘルニア。
  • 4. 大たいヘルニア
    鼠径靱帯の下から出てくるヘルニア出産を多く経験された痩せ形の女性に多く見られます。

症状

立ち上がったり、お腹に力を入れたり、咳き込んだりしたときに、足の付け根(そけい部)が膨らみます。膨らみは、体を横にしたり、手で押さえると消失します。 柔らかい膨らみ、硬いしこり、ピンポン玉の大きさから、握り拳大のおおきさまでさまざまです。男性の場合、陰嚢まで達する場合もあります。
このような症状があったら外科受診をお勧めします。

鼠径ヘルニア

ある臓器が体の弱い部分やすき間から他の部位へ出てくる状態をヘルニアといいます。
これは体のいろいろな場所でおこりますが、足の付け根付近で起こるものに「そけいヘルニア」「大たいヘルニア」があります。そけいヘルニアは小腸から出てくることが多いため、俗に「脱腸」とよばれています。

子供と大人では原因が違います。大人の場合、年をとって身体の組織が弱くなるために起こることが多く、中年以降の男性に多く見られます。この成人ヘルニアは手術治療する事が必要です。

症状

  • 立ち上がったり、お腹に力を入れると足の付け根(鼠径部)が膨らみ、男性の場合大きなものでは、陰嚢(いんのう)まで達する場合もあります。
  • こぶ状と膨らみやしこりは、体を横にしたり、手で押さえると消えることがあります。
  • 腸が出たり入ったりしている際は、軽い痛みやつっぱり、便秘が起きる程度で、強い痛みなど特別な症状はありません。
  • とび出したまま戻らない場合(嵌頓(かんとん)状態)緊急手術が必要になります。

原因

  • 子供では生まれつきのものが多く見られますが、大人は鼠径部の組織が都市をとるにつれ弱くなることが原因になります。

原因

生まれつきのそけいヘルニアとは異なり、大人のそけいヘルニアは足の付け根(そけい部)の組織が弱くなることが原因になります。

このような方はご注意下さい。

  • 重い荷物を運ぶ仕事の方
  • 立ち仕事の方
  • 内臓脂肪の多い方
  • 出産後の方
  • よく咳をする方
  • 便秘症、前立腺肥大症の方

注意すること

そけい部の膨らみやしこりが戻らない場合を嵌頓(かんとん)状態といいます。
長時間の嵌頓状態は、腸閉塞を引き起こしたり、腸に血流がなくなり組織が腐ってしまう(壊死)ことがあります。
この場合は緊急手術が必要になります。場合によっては腸切除が必要となり、手術時間・入院期間も長くなります。

治療

飲み薬や注射では治りません。また、ヘルニアバンドは対症療法でしかありません。
外科的(手術)治療が第一選択です。

手術

足の付け根(そけい部)に数cmほど切開します。
昔から行われている方法は、ヘルニアの袋(ヘルニア嚢)を切除し、弱くなっている部分を修復します。以前は従来法で手術を行っていましたが、現在はテンションフリー法(メッシュ)が主流となっています。

従来法

弱くなっている部分を縫い合わせて治す手術方法です。
痛み、つっぱり感、再発が多いことが特徴です。

テンションフリー法

現在、最も多く用いられている手術方法です。
ヘルニアが再び出てこないように、弱くなった所に人工補強シート(メッシュ)をはめ込みます。
人工補強シートは、柔らかいメッシュ状の素材で体に害がない人工の素材で作られています。手術後の痛み、つっばり感、再発が少ないことが特徴です。

鼠径ヘルニア
手術後について

手術をした部位に痛みや異常を感じたりした場合はすぐに医師に相談してください。
個人差はありますが、手術をした部位は3-6か月くらいつぱっり感や違和感があります。
多くの場合は時間の経過とともに気にならなくなります。

日常生活について

退院後はすぐに仕事復帰ができます。
しかし、1-2か月間は、激しい運動や、腹圧がかかることはなるべく控えてください。

一般外来受付時間

  平日 土曜日
午前 8:00~11:00 8:00~11:00
午後 13:00~16:00 休診
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定