明理会東京大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 明理会東京大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 各科のご案内 > 婦人科

婦人科Gynecology

当科の特色

低侵襲手術
〜腹腔鏡下・子宮鏡下手術〜

当科は、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術などの創の小さな 手術(低侵襲手術)が専門です。また、開腹手術、骨盤 臓器脱の手術、子宮頸部病変の精密検査や手術もおこなっております。

日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医 5名
子宮鏡技術認定医 3名 在籍

不妊治療、子宮がん検査、子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス感染予防ワクチン)の接種、避妊用ピルの処方、緊急避妊薬処方、避妊リング挿入も行っております。
また地域医療として板橋区住⺠の方々に対し、区の無料子宮がん検診、区の無料子宮頸がんワクチン接種も行っております。

診療内容・対象疾患

強い生理痛を引き起こすことの多い子宮内膜症治療について特に力を入れて診療しています。ピルなどのホルモン療法、漢方薬、腹腔鏡手術など様々な治療法があります。症状や妊娠のご希望などを考慮し、患者さまと相談しながら最善の治療方法を検討いたします。
また、生理痛は子宮内膜症のみが原因ではありません。様々なケースが存在し、治療方法も多岐にわたります。痛みの程度、疾患の程度に関わらず、お気軽にご相談下さい。

子宮内膜症治療 Q&A click

子宮筋腫は、必ずしも治療が必要とは限りません。状況によっては、経過観察も可能になります。また、手術に至った場合でも、子宮の摘出ではなく、子宮筋腫の筋腫部分だけ取り除く手術(筋腫核出術)が可能です。
大きさや数などにもよりますが、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術といった低侵襲手術※も可能ですので、お気軽にご相談下さい。
また、子宮摘出をご希望された場合でも、腹腔鏡による手術が可能な場合も多くあります。子宮筋腫治療には、明確な基準が存在せず、みなさまの状況、症状に併せて、様々な選択肢が存在します。
みなさまが納得する治療方針を、その都度ご提案いたします。

※創の小さい手術

当院ではお腹に数カ所(当科では基本的に3-4箇所)だけ傷を付けて行う手術=腹腔鏡手術を得意分野としており、子宮筋腫、卵巣のう腫などの婦人科良性疾患に対する手術を積極的に行っております。
子宮筋腫のコブだけ取り除く手術、子宮を全部摘出する手術、卵巣の病変部だけを取り除く手術など多彩な疾患、術式に対応しております。
最近ではお臍の底1箇所だけを切って手術を行う、単孔式腹腔鏡手術も施行しております(適応には制限があります、担当医にご相談下さい)。
入院期間は、全部で5-8日間です。早ければ退院の翌日から社会復帰も可能となりますが、手術内容によっても変化いたします(⻑いと1ヶ月程度かかることもあります)ので、詳細は担当医にお尋ね下さい。

子宮内膜に突出した病変を切除するための手術です。
子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内異物(取れなくなった避妊リングなど)に対する治療方法です。
経腟的に、子宮口から内視鏡を子宮内腔に到達させ病変部を先端につけた電気メスにて切除する方法で、お腹の傷が全くない手術方法です。
手術のみが治療の終着点ではありませんので、無理に手術をお勧めすることもありません。
患者さまとじっくりお話をさせていただいた上で、治療方針を決めさていただきますので、安心してご相談下さい。

〜骨盤臓器脱・排尿障害〜

骨盤臓器脱は性器脱ともよばれ、中高年女性の快適な暮らしを妨げる病気です。加齢や出産により、骨盤の底を支える筋肉や靱帯が緩むことが原因といわれ、薬では治せません。

骨盤臓器脱 Q&A click

一般的な不妊検査、ホルモン療法、タイミング法、人工授精を行っています。
子供がなかなかできなくてお悩みの方は是非ご相談ください。体外受精、顕微受精などが必要な場合は、当院には設備がございませんので、適宜、他施設へご紹介いたします。

月経の前になると、おなかが痛い、むくむ、便秘、イライラする、悲しくなるなどの症状をPMSといいます。辛ければ我慢せずにぜひご相談ください。

ピルの処方、子宮内避妊具の挿入、を行っております。
また、緊急避妊薬(ノルレボ)の処方も行っています。

更年期はすべての女性に訪れます。
ホットフラッシュ、肩こり、不眠、気分の落ち込み、倦怠感などの更年期障害は自然にやり過ごせれば受診する必要はありませんが、生活に支障があるほどつらい方もいらっしゃいます。
不安な方、更年期なのか聞いてみたい方は、我慢なさらずご相談ください。最適な治療法を探していきましょう。

子宮頸がんは、ワクチンと定期的ながん検診で予防できる癌です。
症状がなくても2年に一度は細胞検査を受けましょう。板橋区住⺠の方は区の無料子宮頸がん検査も受けることができます。
子宮頸がん検査の際、細胞診だけではなく子宮頸がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)検査も併用するとより安心です。また、細胞診で異常があった場合の精密検査も行っております。
子宮頸部高度異形成や、上皮内癌に対する手術も行っております。
子宮体がん(子宮内膜がん)の検査も随時行っております。進行したがんの場合は、高次医療機関へご紹介いたします。

子宮頸がんワクチンについて

医師紹介

婦人科 TOP ページへ戻る

一般外来受付時間

月〜土曜日
午前 8:00〜11:00
午後 13:00〜16:00
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。

外来担当医表

休診・代診予定