明理会東京大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 明理会東京大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 各科のご案内 > 整形外科

整形外科Plastic

当科の特⾊

近年、特に⾻粗鬆症に起因する⾻脆弱性⾻折(脊椎圧迫⾻折など)が問題となっています。
⾻折を起こすことで⽇常⽣活が困難になったり、⽣活の質が低下したり、場合によっては、寿命短縮につながるケースもあります。
そのようなケースを少しでも減らすことができればと考えており、診断から治療、リハビリテーションまでを円滑に進めていきたいと思っています。
もし、皆さまの中に整形外科的疾患や外傷性疾患でお悩みの患者がいらっしゃいましたら、是⾮⼀度ご相談ください。

こんな症状ありませんか?

  • 背中や腰の痛み・ぎっくり腰
  • 手足の痛み・痺れ・坐骨神経痛
  • 肩や首の痛み
  • 膝の痛みや腫れ
  • 骨折や脱臼・打撲・捻挫など外傷によるもの
  • 骨粗鬆症

診療の特⾊(対象となる疾患など)

上肢(肩・肘)

【肩関節疾患】

⼀般に四⼗肩・五⼗肩といってもその病態は多岐に渡ります。
肩関節は、上腕⾻と肩甲⾻の2つの⾻から関節はできています。ぐるぐる回るような関節で、⾻の間にはインナーマッスルの腱板筋群、関節包、三⾓筋などのアウターマッスルがあります。当院では、その中のどの部位が傷んでいるかを診断し、リハビリや注射などの保存治療、⼿術が必要な⽅には、関節鏡を⽤いた腱板修復術、授動術、⼈⼯関節置換術などを実施しております。

肩関節は、⼈体の全ての関節の中で最も脱⾅しやすい関節になります。
きっかけはケガなどで⽣じますが、繰り返す場合、脱⾅する道筋ができてしまっている状態になります。
その場合は、⼿術が必要な状態でありますので、当院では関節鏡を⽤いた修復術を実施しています。

【肘関節疾患】

スポーツなどをしていると肘に負担がかかってきてしまい、変形を⽣じることがあります。
これは、肘関節が曲げ伸ばしをする関節で、その動きを繰り返し強くしたことが原因です。
曲げ伸ばしをしたときに痛みが続くようであれば、スポーツだけではなく、⽇常⽣活にも⽀障がでることがあります。まずは、リハビリなど保存治療を⾏い、それでも痛みが残る場合は、⼿術適応となります。
⼿術は、関節鏡を⽤いて余分にできてしまった⾻を切除する⼿術を実施しております。

下肢(股関節・膝関節・⾜関節・⾜)

【股関節疾患】
  • 変形性股関節症
  • ⼤腿⾻頭壊死症
  • 股関節唇損傷・股関節インピンジメント症候群
【膝関節疾患】
  • 膝靭帯損傷(前⼗字靭帯損傷、後⼗字靭帯損傷、内側側副靭帯損傷)
  • 半⽉板損傷
  • 変形性膝関節症
【⾜部疾患】

⺟趾(親指)が⼩指に向かい曲がって変形することで、曲った部分の痛みや、⾜底(⾜の裏)に胼胝(タコ)ができ疼痛を⽣じます。原因は⾜の形、靴の問題など様々です。
治療は、まず⾜の筋⼒強化やストレッチ、インソール、矯正装具などを⽤いた保存治療を⾏いますが、重度の変形やその他の⾜のバランスなどの問題で改善が⾒込めないこともしばしばあります。⽇常⽣活に⽀障をきたすような場合や、保存治療で改善ない場合は必要に応じて⼿術治療を検討していきます。
⼿術⽅法は重症度(変形の程度やその他の⾜の問題など)に応じて様々です。⼿術時間は1〜2時間程度で、いずれの⽅法でも⼿術の翌⽇から歩⾏可能ですが、普段の靴が履けるようになるには術後約2カ⽉かかります。症例によってさまざまですので、まずはご相談ください。

⺟趾の付け根の関節の加齢性変化によって、歩⾏時の痛みや曲げづらさ(可動障害)を⽣じる疾患です。原因は、加齢、負荷のかかりすぎなどが挙げられます。保存治療としてインソールやストレッチ、筋⼒強化を⾏いますが、改善ない場合は⼿術を⾏います。
⼿術⽅法は様々ありますが、当院では⾻棘(過剰⾻、とげ)を切除する⽅法を主に⾏います。⼿術時間は30分〜1時間程度で、翌⽇より歩⾏が可能です。⼊院期間は3〜4⽇程度です。

⾜⾸を内側に捻ったり、段差を踏みはずしたりしたときに⾜関節の靭帯を損傷することで、主に外くるぶしあたりの痛みや腫脹(腫れ)が⽣じます。受傷早期はギプス固定や装具固定を⾏い、リハビリで筋⼒を強化し再発を予防します。
過去に捻挫歴があり、何度も繰り返し捻挫をする場合や不安感があるとき、変形性関節症を認める場合には⼿術を検討します。靭帯修復の⼿術は関節鏡を⽤いて⾏いますので⼩さな傷で済むことがほとんどですが、⾻⽚切除などの他の処置を要する場合にはこの限りではありません。⼿術時間は約30分〜1時間程度で、翌⽇からギプス装着下で歩⾏可能です。⼿術後1週間でサポーターを装着し普通の靴を履くことができますが、再発予防にリハビリが必要です。⼊院期間は通常であれば1週間程度です。

ジャンプの着地など、スポーツ活動中で受傷することが多い疾患で、アキレス腱部の痛みと歩⾏困難を⽣じます。触診、エコー、MRI検査で診察が可能で、治療は保存加療、⼿術加療どちらもございます。メリット、デメリットを考慮し治療を選択しますが、いずれも数カ⽉アキレス装具を⽤います。⼿術は断裂部を直接寄せて⽷で縫合します。⼿術時間は約15〜30分程度です。アキレス装具は術後4〜6週間必要とし、その後リハビリ治療を経てスポーツ復帰を⽬指します。⼀⽅で怪我をしてから⻑期間経過したアキレス腱断裂に対しては、より複雑な⼿術を要する場合があります。

・⾜関節後⽅インピンジメント症候群/三⾓⾻障害

・変形性⾜関節症

・リスフラン関節症/リスフラン靭帯損傷

・扁平⾜/後脛⾻筋機能不全

・⺟趾種⼦⾻障害

・モートン病

など

【その他:⼀般的な疾患】

●各々の⾻折 (上肢・下肢含む)
 ・橈⾻遠位端⾻折
 ・⼤腿⾻近位部⾻折(頸部⾻折、転⼦部⾻折)
 ・鎖⾻⾻折

●腰痛︓腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症 など
●頚椎症(神経根症、脊髄症)
●ばね指
●代謝性疾患
・痛⾵

…⾻の質と量の低下により⾻がもろくなった状態で、⾻折の危険性が増⼤する疾患です。⼥性に多く、特に60歳を超えると有病率が⼤きく上昇します。原因は、加齢、ホルモンなどの内分泌代謝異常、⽣活習慣病などさまざまです。⾻粗鬆症によって問題となるのは、「いつの間にか⾻折」といわれる腰椎圧迫⾻折(背⾻の⾻折)を⽣じたり、腰くらいの⾼さから転んだりしただけで⼤腿⾻近位部⾻折(太ももの付け根の⾻折)をきたす、転倒時に⼿をつくことで⽣じる橈⾻遠位端⾻折(⼿⾸の⾻折)や上腕⾻近位部⾻折(肩の⾻折)などさまざまな⾻折を起こすことと、それに伴って⽣活機能や⽣活の質が低下することです。検査は、⾻密度測定、⾎液検査、レントゲン検査で診断可能ですので、以前よりも背が縮んだ、背中が丸まってきた、頑固な腰痛がある場合や、ご親戚に⼤腿⾻近位部⾻折を起こしたことのある⽅は是⾮検査を受け、早期治療を⾏いましょう。
近年、⾻粗鬆症に対する治療は⽬覚ましく進歩しており、薬の内服や点滴、注射などたくさんの種類があります。週に1回、⽉に1回など、投薬・投与頻度も様々です。ひとりひとりに合った治療を提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

医師紹介

勝又 愛美(かつまた まなみ)

石𣘺 美菜
自己紹介
【ひとこと】

全ての痛み、可動域制限のある患者さんが対象です。
お気軽にご相談ください。
少しでも痛みのない生活を目指していきましょう。

【専門分野】

肩・肘関節疾患 一般整形外科

【出身大学】

東京女子医科大学

所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本肩関節学会
認定・資格
  • 医学博士

石𣘺 美菜(いしばし みな)

石𣘺 美菜
自己紹介
【ひとこと】

些細なことでもお気軽にご相談ください。一人一人に寄り添い、より良い治療を提供致します。

【専門分野】

整形外科一般・外傷・足の外科

【出身大学】

東京女子医科大学

所属学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本足の外科学会
  • 日本骨折治療学会
認定・資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

山賀 美芽

堀江 雅史

古岡 秀⼈

一般外来受付時間

月〜土曜日
午前 8:00〜11:00
午後 13:00〜16:00
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
ご予約なしでも診療可能ですが、ご予約の患者様を優先でお呼びしております。

外来担当医表

休診・代診予定