明理会東京大和病院は24時間泌尿器科疾患に対応しています。

お電話でのお問い合わせ TEL:03-5943-2411 (月〜金 8:00〜17:00/土 8:00〜12:30)

IMSグループ医療法人財団明理会 明理会東京大和病院

03-5943-2411

文字サイズ

  • 標準

背景色

採用情報 Recruit
採用情報 Recruit
TOP > 各科のご案内 > 呼吸器科

呼吸器科Respiratory

診療内容

肺や気管支など、呼吸器の病気が対象です。
呼吸器内科は、ぜん息などのアレルギー疾患、ウイルスや細菌などによる感染症、肺がんなどの悪性腫瘍、肺気腫・COPD、間質性肺炎、など多くの領域にまたがる病気を診療する科です。
当院では、血液検査、胸部レントゲン検査、胸部CT検査、呼吸機能検査 等を行い、診療・治療をしています。

診療の特色(対象となる疾患など)

夜間から早朝にかけて発作性の呼吸困難、喘鳴、咳嗽がみられます。症状は主に喘息発作時にみられ、非発作時にはほとんどみられません。発作は気候の変化、ハウスダスト、感冒、疲労、ストレスがきっかけに起こります。重症になると横になれず、会話もできないほど呼吸状態が悪化します。したがって、喘息発作を起こさないことが治療の中心になります。非発作時にも吸入薬を使い、治療を行なっています。

閉塞性肺疾患とは、炎症や腫瘍、気道内異物により気道が閉塞し、気流が制限された疾患です。息を吸うことはできますが、息を吐くことが難しくなります。その代表的な疾患がCOPD(慢性閉塞性肺疾患)です。タバコの煙に含まれる有害物質を⻑期に吸入、曝露することで生じ、慢性的に咳、動いたときに呼吸困難が出現します。元に戻すことは難しく、症状を軽減する、生活の質を改善する、悪化を防ぐことが治療の目的になります。呼吸器リハビリテーション、気管支拡張薬、喀痰調整薬、在宅酸素療法などを行います。

非結核性抗酸菌による感染症を総称して非結核性抗酸菌症といい、結核とは異なる疾患です。非結核性抗酸菌水や土壌などあらゆる場所に広く存在し、結核菌と異なりヒトからヒトへは伝播しないと考えられています。基礎疾患のない中高年女性に咳、痰、血痰などを呈し、ほとんどが肺病変ですが、皮膚病変などの肺外病変を起こすこともあります。診断にあたっては肺結核との鑑別が重要です。

発熱、咳、痰、呼吸困難を主症状とし、呼吸器感染症の中で肺に炎症をきたしたものを指します。原因微生物により細菌性肺炎と非定型肺炎に分かれます。診断は診察、血液検査、画像検査で行います。細菌性肺炎の場合、痰培養も抗生剤のため重要な検査です。年齢を重ねると、免疫力が落ちるため、重症化する危険性があります。なかでも誤嚥性肺炎は口腔内や逆流した胃の内容物を気道に誤嚥することにより発症する肺炎です。食事を食べているときにむせる誤嚥で起こるのではなく、睡眠時など気づかないうちに誤嚥することが原因になることが多いです。高齢になると、飲み込みが悪くなることから繰り返し誤嚥性肺炎になることがあります。したがって抗生剤による治療だけでなく、今後誤嚥を起こさないようにする予防も重要です。

肺結核は空気感染であり、咳とともに結核菌を排出し、空気中を漂います。空気中の結核菌を他の方が吸うことで肺に感染します。実際には結核菌曝露者の約30%が感染します。結核菌に感染しても免疫機構が働くため、約90%の感染者は症状が出現することなく生涯を通じて発病しません。結核菌に感染してから⻑期間経過した後に肺結核を発症するものを既感染発病(二次結核)といいます。高齢者に多く多くは肺の病変で、臨床で診断される肺結核の大部分がこのパターンです。肺結核は不治の病ではなく、数種類の内服薬で結核の治癒、残存菌による再発率低下させることができます。専門医が抗結核薬を適切に使用すし、耐性菌の増殖を防ぐことも重要です。

咳は症状の持続する期間によって急性咳嗽と慢性咳嗽に分けられます。急性咳嗽の多くは呼吸器感染症ですが、一ヶ月以上続く慢性咳嗽は非感染性疾患が原因です。具体的には咳喘息、感染後咳嗽、後鼻漏、逆流性食道炎、薬の副作用などですが、中には肺腫瘍、肺結核など重大な疾患もあります。治療の異なる疾患が含まれるため、適切な診断が必要になります。

原発性・転移性、良性・悪性などに分かれます。原発性肺腫瘍の多くが悪性の原発性肺癌です。悪性腫瘍は発育のスピードが速く、浸潤や転移、再発を起こすのが特徴です。したがって、早期に発見し、治療を行うことが重要です。症状は部位によっても異なりますが、咳、痰、喘鳴などで、早期では無症状のこともあります。肺癌検診などを活用しながら、疑いがあればCT検査や気管支鏡検査を行います。肺癌であっても治療の選択肢は広がっており、小細胞癌では個別化医療が進み、化学療法において患者さんごとに適切な薬剤を選択することができるようになっています。

肺の血管から水分が血管外にもれだし、異常に貯留している状態で、低酸素血症をきたし、急性の呼吸不全の原因となります。原因は心不全が多く、動くと呼吸が苦しくなったり、夜間寝ていると呼吸が苦しくなったりするため、起き上がって呼吸をする起座呼吸がみられます。心不全の原因は心筋梗塞や弁膜症、高血圧症など心臓の病気であるため、当院循環器科医師とともに診療を行なっています。

呼吸器科医師紹介

呼吸器科
長友 禎子(ながとも ともこ)

長友 禎子石𣘺 美菜
自己紹介

丁寧な診察とわかりやすい説明を心掛けております。
お気軽にご相談ください。

【専門分野】

呼吸器一般

【出身大学】

杏林大学

所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本産業衛生学会
認定・資格
  • 日本内科学会認定内科医/総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

一般外来受付時間

月〜土曜日
午前 8:00〜11:00
午後 13:00〜16:00
泌尿器科:月・水曜日のみ夜間外来がございます。
診療科により、受付時間が異なる場合がございます。
ご予約なしでも診療可能ですが、ご予約の患者様を優先でお呼びしております。

外来担当医表

休診・代診予定