介護老人保健施設 医療法人社団 明山会
        道南森ロイヤルケアセンター 〒049-2311 北海道茅部郡森町字上台町326-117 TEL.01374-3-2111 FAX.01374-3-2112
HOME施設概要施設案内入所概要レクリエーションの
    ご紹介求人情報交通案内
自立とご家庭での生活を目指し、ふれあいの介護であたたかく応援します。

道南森ロイヤル 訪問リハビリテーションのご案内

当施設 道南森ロイヤルケアセンターが、IMSグループ広報誌「マイホスピタル」に掲載されました!

生産年齢人口が減少している地域に

道南森ロイヤルケアセンターがある北海道茅部郡(かやべぐん)森町(もりまち)は、海(噴火湾)と山(駒ヶ岳)に囲まれた漁業・農業が盛んな地域です。その一方で人口16,000人を割り込み、高齢化率は約35%(ともにH31年4月現在)、高齢化率上昇とともに生産年齢人口が減少しています。
過疎化・高齢化が進む地域の中で、当施設は認知症専門棟を有する独立型の介護老人保健施設として、積極的に地域に溶けこみ、高齢者の早期家庭復帰に向けて専門スタッフが活躍し、町の介護予防・健康維持に貢献しています。

地域イベントで地域住民に貢献

今年7月28日には「ロイヤル夏祭り」を施設内で開催。毎年開催している恒例行事で、地域の方が参加できるお神輿・よさこい・歌謡ショー・出店などがメインで、地元農園の方々による野菜販売や、地元の福祉用具店さんの電動車イス体験会など、盛りだくさんなイベントです。演歌歌手や、地元落語家、近くの高校生にも参加いただき、毎年大変な賑わいをみせています。
森町観光課が主催する「食KING市」は、年4回開催される森町の海の幸・山の幸などを販売するイベントですが、当施設は今年7月と9月に「ロイヤルブース」と称して参加しました。健康相談や機能測定(握力測定など)を行い、地域の方々に好評です。

街全体に拡がった「森町さくら体操」

現在、森町では「森町さくら体操」が大変な人気です。ご当地ソングとリズム体操を合わせたもので、当施設の理学療法士の葛西亮介と、介護福祉士の吉田光大が考案。町の夏祭りで流れるご当地ソングの音色に乗り、名所の駒ヶ岳や特産品のいかめしなど、タイトルに合わせて両肩を上げたり体をひねったりして全身を動かす体操です。
当施設開催の「ロイヤルカフェ」で公開、森町中の介護施設にDVDを配ったところ反響を呼び、北海道新聞や、NHK北海道で紹介されて爆発的に拡がりました。現在は森町公認となり、森町社会福祉協議会の高齢者交流会「ふれあいサロン」や、町内会から講師依頼が来るほどになりました。

反響を読んだ「森町さくら体操」

森町の祭りの楽曲を使用し、タイトルや体操の動きに森町の名産や名所を表現!

リハビリテーション科 主任 葛西亮介 理学療法士

介護福祉士の吉田さんと二人で作った「森町さくら体操」は森町全体に大きく拡がりました。とくにNHK北海道で紹介された翌日からの反響が大きくて、とても驚きました。町の方々に親しみをもって体を動かしてもらえるのはうれしいことですね。

マイホスピタルは隔週にIMSグループ内で 発行されている広報誌です。
IMSグループ病院施設の最新情報や、 医療への取り組みをご紹介しております。

バックナンバーはこちら

個人情報保護方針について