クリニックについて

ホーム > クリニックについて

総合クリニックとしての役割

総合クリニックとして数多くの専門診療科を擁しております。
診療科によって受診施設を変えなければならないなどの煩わしい事が少なく、当クリニックで幅広い診療を行う事が可能です。

専門診療科

  • 内科(一般内科・消化器内科・循環器内科・呼吸内科・糖尿病内科)
  • 整形外科
  • 心臓血管外科
  • 泌尿器科
  • 脳神経外科
  • 皮膚科

基本的には、それぞれの診療科の専門医師(専門医取得)が担当致します。より高度な治療が必要になった場合には後方支援病院である「イムス東京葛飾総合病院」で診療を行う事が可能です。

豊富な迅速検査の実施が可能

当クリニックでは下記検査を迅速に行う事が可能です。

内視鏡検査

経験豊富な内視鏡学会専門医2名が常勤しており、上部消化管内視鏡検査及び下部消化管内視鏡検査を行っております。

血液・尿検査

一般的なほとんどの血液検査結果が即日(30分~1時間ほど)で出ます。専門的な血液検査も2日~1週間程度時間を要しますが、ほぼ全ての検査が可能です。

16列CT

クリニックレベルではハイスペックな16列マルチスライスCTを採用しております。血管三次元画像の再構成も可能です。

MRI

1.0テスラMRIを採用しております(撮影は近隣のイムスリハビリテーションセンター東京葛飾病院で行います)。

レントゲン

各種撮影を行う事が可能です。

超音波検査

腹部エコー、心臓エコー、血管エコー(頸動脈・下肢動脈・下肢静脈・上肢動脈)、表在エコー

生理機能検査

心電図検査

循環器専門医が常勤しており迅速に異常を判定します。

肺機能検査

大きく息を吸ったり吐いたりして、肺の機能を評価する検査です。

血圧脈波検査(ABI/PWV)

ABI(足関節/上腕血圧指数)とPWV(脈波伝播速度)を測定することにより、血管の「詰まり」と「硬さ」から血管状態を見ています。

ホルター心電図検査

24時間心電図を記録する検査です。日常生活の中で24時間記録することにより、不整脈や心電図異常などの変化がいつ、どんなとき、どのくらいの時間起こっているのか等を把握し、不整脈の種類や重症度などを調べます。

総合病院・リハビリテーション病院を含めたグループ病院の
迅速かつ密な連携体制

当クリニックはIMSグループに属した後方支援病院である「イムス東京葛飾総合病院(二次救急指定病院)」にて入院加療、専門診療が受けられる体制が整っております。事務・連携室を通して迅速な紹介・診療が可能です。内視鏡・泌尿器科・整形外科で外科治療が必要になった方や心臓・血管疾患でより高度な治療が必要な方、また入院が必要な方はイムス東京葛飾総合病院で治療を致します。

休日診療

当クリニックでは葛飾区の救急当番日には休日診療を行っております。