ロコモ外来のご案内

ホーム > ロコモ外来のご案内

ロコモ外来のご案内

ロコモとは

骨、関節、筋肉といった身体が動くための運動器が衰えると、立つ・歩くなどの機能が低下します。そのような状態はロコモティブシンドローム(ロコモ)と 呼ばれ、進行すると日常生活にも支障が生じ、介護が必要になる可能性もあります。いつまでも自分の足で歩き続けていくために、ロコモを予防し、健康寿命を延ばすことが大切です。

ロコモの原因と治療とは?

ロコモの原因は、
①運動不足につながる生活習慣
②肥満または痩せすぎ
③腰や膝などの不調の放置
④骨粗しょう症 などがあげられます。
いずれも、早めの対策が重要です。ロコモ外来では、各専門職によって必要な方には運動指導や栄養相談などの支援をいたします。

ご自身の動きに自信がない方、特に以下のロコモチェックに当てはまる方は、ロコモ外来のご受診をお勧めします。

ロコモチェック(簡易テスト)

  • □ 片脚立ちで靴下がはけない
  • □ 家の中でつまずいたりすべったりする
  • □ 階段を上がるのに手すりが必要である
  • □ 家のやや重い仕事が困難である
    (掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)
  • □ 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
    (1リットルの牛乳パック2個程度)
  • □ 15分くらい続けて歩くことができない
  • □ 横断歩道を青信号で渡りきれない

1つでも当てはまれば運動器が衰えているサイン。ロコモの心配があります。

※下記表は横にスクロールできます。

  受付時間
午後 13:00~16:30 請川 大
  • 医師の診察

    水曜日の午後 整形外科 請川医師が担当いたします

  • 栄養相談

    理学療法士による運動療法

    姿勢・動作評価