ホーム > 埼玉ロイヤル日記

過去のイベントはコチラ

埼玉ロイヤル日記

 

講演会

8月21日に職員対象の「若年性認知症当事者の講演会」を開催しました。

 

当事者の猪鼻さん(右)をお迎えして、日々の生活やご自身の想いなどを伝えていただきました。また、猪俣さんをサポートしている認知症デイサービス所長の内城さん(左)からは若年性認知症の方のサポート体制の様子を伝えていただきました。

 

猪俣さんはデイサービスを利用されると同時に、その事業所で行っている子供食堂のスタッフとしても活躍されています。「病気になっても、自分達はまだまだ仕事ができる」自分が必要とされている場所、それが内城さんが主宰する子供食堂。猪鼻さんは自分を通して全国にいる若年性認知症の方々の想いを代弁しているように感じられました。

 

講演の最後には、猪鼻さんによるオカリナ演奏。若年性認知症になった後にオカリナを覚えたそうです!!レパートリーは何と70曲!!すばらしい演奏でした。そして猪鼻さんの口から「今も幸せです」の言葉が…「人に必要とされている」と感じられることこそが幸せですね。今ごろ猪鼻さんは子供たちの夕食のために野菜を切っていることでしょう