薬剤部のご紹介

専門・認定薬剤師

 
板橋中央総合病院
がん薬物療法認定薬剤師
目黒 聡子
外来がん治療認定薬剤師とは

板橋中央総合病院薬剤部では「がん化学療法」に薬剤師が積極的に関与しています。入院および外来患者さまの抗がん薬調製、病棟および外来化学療法室での薬剤指導、さらに化学療法委員会も薬剤部が中心となって運営しています。
また、近年のがん医療の進歩はめざましく、新しい抗がん薬やレジメン、副作用対策などが多様化しています。これらを、医療現場で患者さまへ安全かつ正確に使用できる環境を整えるために、薬剤師が薬の専門家として活躍することが大いに期待されています。現在、日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師として、日々進歩するがん治療の知識を得て、タイムリーにチーム医療の中で患者さまに最適な薬物療法を提供できる様、他のスタッフと協力し取り組んでいます。また、IMSグループでは一人でも多くのがん化学療法に精通した薬剤師の育成を目標としており、IMSグループ教育研修委員会の一員として私もサポートに携わっています。資格を取ることは通過点に一つに過ぎませんが、医療現場で共に活躍できる日を夢見て、ともに頑張っていきましょう。

 
イムス富士見総合病院
外来がん治療認定薬剤師
下田 将司
外来がん治療認定薬剤師とは

・外来がんい治療を安全に施行するための知識・技術を習得した薬剤部
・地域がん医療において、患者とその家族をトータルサポートできる薬剤部
  の養成を目指して創設された認定制度です。

薬剤師が外来で活躍する時代へ

近年、がん化学療法は支持療法の進歩や患者さまの生活の質を重視する観点から、多くが外来で行うようになりました。その一方で、自宅での副作用対策や服薬アドヒアランスが治療効果に大きく影響することから、多職種による十分な患者指導が不可欠になります。外来がん治療認定薬剤師は「がん患者指導管理料3」の対象資格として認められており、薬剤師として外来治療への介入が期待されています。
当院では化学療法室に専任の薬剤師を配置し、「薬剤師外来」として医師の診察前に副作用モニタリングのための問診を行っています。問診では副作用チェック、バイタルチェックだけではなく、薬学的見地から医師への処方提案も行います。また、お薬手帳をツールとして、地域薬局との医-薬-薬 連携を行っています。

安全で適切な外来がん化学療法を目指して

患者さまから「治療について薬剤師に相談すると安心する」とのご感想を頂いたことがあります。薬剤師として不安の軽減ができたのだと実感した言葉でした。がん治療の均てん化のみならず、一人ひとりの患者さまに寄り添った治療を提供できるようサポートしていきたいと考えています。

 
春日部中央総合病院
感染制御認定薬剤師
安達 圭織

私が感染制御認定薬剤師に興味をもったきっかけは、病棟業務において、医師からの抗菌薬に関する問い合わせが多く、抗菌薬についてより多くの情報を医師や看護師などに提供していきたいと感じたことからでした。抗菌薬を学ぶにつれて抗菌薬だけではなく、衛生環境や口腔衛生、手指衛生などにも興味が湧き、感染制御に対し総合的に判断出来るようになるためにこの資格を目指しました。
資格取得後も日々の症例で学ぶことが多くあり、更なる知識の向上が必要だと痛感します。しかし医師と抗菌薬について協議しながら患者の治療に貢献出来たときはとてもやりがいを感じています。IMSグループは薬剤師としてチーム医療での活躍出来る場が多く、感染制御認定薬剤師は抗菌薬や消毒薬の適正使用など薬剤の知識だけでなく、感染症の疾患や感染症法の理解、培養検査の事など幅広い知識が求められます。耐性菌が問題視されている今日、これからも需要が多く求められる可能性のある大切な資格の一つです。 私のこれからの目標は抗菌薬の適正使用を徹底しつつ、患者に最良の治療を行うことで未来の患者への治療にも貢献していくことです。IMSグループは、感染制御を学ぶ多くの人のために役立つ環境が整っており、今後もグループの症例検討会で多くのことを学んでいきたいと思います。

 
横浜旭中央総合病院
抗菌化学療法認定薬剤師
本多 義弘

近年、薬剤耐性菌による院内感染事例や新興・再興感染症の流行など、感染症の脅威は高まりつつあります。病院内における感染対策への取り組みには、感染の連鎖を防止することと、抗菌薬を適切に使用し耐性菌の発生を抑えることが大きな柱となります。
その中で、感染制御に関する薬剤師の役割には、消毒薬の管理や抗菌薬の使用状況の把握・適正化、抗MRSA薬のTDM、各種マニュアルの作成などさまざまなものがあります。
特に最近では抗菌薬の適正使用を推進するための抗菌薬適正使用チーム(AST)の普及が各施設で進んでいます。抗菌薬適正使用チームの中では感染症や抗菌薬に精通した薬剤師が必須のメンバーとして重視されており、今後もますますその重要性は高まってくるものと考えられます。 現在、私は横浜旭中央総合病院にて勤務しておりますが、感染対策も抗菌薬の適正使用も全ての診療科、全ての医療従事者で実践していく必要があり、その活動に終わりはないということを強く実感しています。幅広い知識や観点を習得することができるよう、また、他職種・他の医療関連施設と連携・協力しながらより効率的な業務を行っていけるよう、日々努力しています。

 
東京腎泌尿器センター大和病院
腎臓病薬物療法認定薬剤師
折本 小夜子
患者さまと医療チームをつなぐ

“腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師”は、2013年から始まったばかりの認定制度です。透析・腎移植を含めた慢性腎臓病(CKD)、急性腎障害、CKD患者の大半を占める高齢者などの薬物療法も含めた幅広い腎臓に関わる薬物適正使用を実践することを目的としています。
ある時、「最近、元気がないな」と感じていた患者さまへの投薬について「心臓の薬を減らしてみたらどうでしょう?」と提案したことがありました。その提案が採用され、実際に患者さまの症状が徐々に改善されました。その経験を通して、もっと深く学んでみたいと思うようになり、認定試験を受けるきっかけとなりました。勉強を進めるうちに、「腎機能が悪いから、お薬を減らしましょう」としか説明できなかったことも、「こういった副作用が出る可能性があるから減らしませんか?」と具体的に提案できるようになりました。
薬剤師は、医師や看護師、そして患者さまと上手にコミュニケーションをとりながら、治療をスムーズに進められるかが腕の見せどころです。病棟では看護師と“申し送り”を行うなどして情報を共有。定例で行われるカンファレンスの場では、全体の情報まで細やかに共有しています。コミュニケーションを繰り返すことで、患者さまからも徐々に信頼をいただけるようになります。顔を覚えていただいている患者さまからは、廊下でお薬の相談を受けることもあります。

次の世代へスキルを伝えていく

現在は、後輩の指導を考えなければいけない立場になり、責任感が生まれてきました。後輩に対しても単に正解を伝えるだけでなく、すべての言葉に根拠を持って教えていかなければいけないと感じています。部内全体のレベルの底上げをサポートできるようになることが今後の目標です。
並行して、私自身のスキルアップも不可欠だと思います。患者さまとの信頼関係をもっと深め、薬剤師ならではの視点で、最善の提案ができるような薬剤師を目指したいと思います。

 
春日部中央総合病院
漢方薬・生薬認定薬剤師
本田 梓

私が漢方に興味を持ち始めたきっかけは自身の健康改善の為という単純な理由からでした。先ず手始めに漢方スタイリストという資格を取得しましたが、次第に漢方の知識を広めたいと思うようになり、更に知識を深める為に漢方薬・生薬認定薬剤師の資格を取得することにしました。病院薬剤師は調剤だけでなく、処方提案、処方設計支援など活躍の場を広げています。しかし、漢方処方に関しては難しいという先入観からか未だ調剤をすることでしか役割を果せていません。患者様の背景をよく知ることができる病院薬剤師だからこそ「証」(体調や体質)に合わせた処方提案もできるはずだと感じています。
私自身は結婚、出産を経て、育児をしつつ同僚の協力をいただきながら病院の仕事、資格維持の勉強に日々取り組ませていただいています。今後は生薬漢方認定薬剤師の資格を活かして患者様の「証」に合わせた漢方処方提案、処方設計支援することを目標に取り組み、更に伝える力も身につけ知識を広めていきたいと思っています。

 
鶴川サナトリウム病院
NST専門療法士
金子 恭平

私がNST専門療法士になろうと思ったきっかけは諸先輩の「栄養は全ての患者に関わることが出来る」という言葉に感銘を受けたからです。がん患者へ抗がん剤を使用すればもちろん効果があり患者の余命を伸ばすことができます。しかし、その抗がん剤治療に耐えられる栄養状態であるかどうかが最初のプロブレムであり、そこが解決できなければ治療は進みません。

よって栄養は疾患治療の基本なのです。

日本の高齢化は世界で最も進んでおり、全人口の4人に1人が65 歳以上になっています。日本人の平均寿命は高く、この世界最高レベルの平均寿命を実現した背景には、日本の医療制度による貢献は大きく、高く評価されています。一方で平均寿命の高まりにより、新たな医療問題が発生しています。例えば、急性期の疾病から生活習慣病をはじめとした慢性期の疾病にシフトしていることや、認知症の人に対するケアの需要の高まりなどより多くの人が健康な老後を送れるように、個人の生活の質を維持・向上させることが重要な課題となっています。よって医療の舞台は地域社会へとシフトしていきます。今後私たち薬剤師が行うことは地域社会に貢献することだと考えています。そこでNST専門療法士の知識を用いることにより薬剤だけではなく栄養の支援を行い、ケアの幅を広げていきたいと思っています。

NST専門療法士は院内から地域へそして世界へ貢献できる可能性を持っています。

NST専門療法士の薬剤師として病気の患者からの健康の人まで薬剤と栄養の支援をしていきたいと考えています。

 
イムス記念病院
日本糖尿病療養指導士
粕谷 瞳

我が国では、糖尿病有病者数は年々増加し、1000万人を超えるという報告がありました。これは、日本人の10人に1人が糖尿病であると推測されます。
私が日本糖尿病療養指導士(CDEJ:Certified Diabetes Educator of Japan)を目指すきっかけとなったのは、祖母の存在です。50年以上、2型糖尿病を患い、幼い頃から糖尿病というものが身近にある環境でした。当時、低血糖症状の対応など、祖母に何も出来なかったのが心残りでした。
薬剤師として、服薬指導やインスリンデバイスの手技の説明を行うことは重要です。しかしながら、糖尿病の多くは生活習慣と密接な関係があり、患者様一人ひとりで異なる背景があります。それ故、患者様に合わせた指導を行うためには、糖尿病全体に関する知識が必要となります。CDEJは幅広い専門知識を持ち、患者様の気持ちに働きかけることで、アドヒアランスの向上にもつながると考えています。
イムス記念病院では、糖尿病センター会議を定期的に開催しております。糖尿病専門医だけでなく、CDEJを取得している看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士、さらに医療事務・医療連携が情報を共有し、より良い糖尿病治療に向けて日々努力しております。現在、院内だけでなく、IMSグループの病院間でも症例検討・情報共有を行っています。
今後は糖尿病治療だけでなく、予防医学も見据えた公開講座を開催することで、当院を受診したことがない方とも関わる機会を設け、療養指導に携わりたいです。