薬剤部のご紹介

ブロック紹介

東京ブロック
東京ブロック長 岩上 健司 (明理会中央総合病院)

東京ブロックにはIMSグループ本部の板橋中央総合病院(急性期総合)を始め、高島平中央総合病院(急性期総合)、明理会中央総合病院(急性期総合)、イムス東京葛飾総合病院(急性期総合)、イムス記念病院(急性期専門)、イムス葛飾ハートセンター(急性期専門)、東京腎泌尿器センター大和病院(急性期専門)、イムス板橋リハビリテーション病院(回復期・亜急性期)、イムスリハビリテーションセンター東京葛飾病院(回復期・亜急性期)、西八王子病院(慢性期専門)の10病院から構成されています。

多くの診療科を持つ総合病院では様々な診療への参画はもちろんのこと、抗癌剤治療や緩和医療、抗菌薬適正使用などの感染制御、安全・安心に薬物治療をおこなうための医療安全対策など医師、看護師などの医療職種と協働し、薬剤師も専門性を発揮して多くの場面で活躍をしています。
急性期専門病院では糖尿病などの内分泌疾患や循環器疾患、腎臓・泌尿器疾患そして婦人科疾患など診療科に合わせた、糖尿病療養指導師や腎臓病薬物療法認定薬剤師、集中治療室での専任薬剤師などの専門性を高めた活動を行っています。
回復期・亜急性期病院では今後重要になる在宅復帰・地域包括ケアのために患者に合わせた服薬支援を行い薬物治療と退院支援に参画しています。また、精神・療養病院では病棟薬剤業務を通して心のケアなど薬剤師の活躍の場は東京ブロックでも多岐に渡ります。
このように様々な薬剤師の専門性を生かすべく情報共有や人材交流、長期研修などグループの特徴を生かした教育・研修体制を敷き、幅広く活躍できる次世代の薬剤師育成に力を入れています。

神奈川ブロック
神奈川ブロック長 亀村大(横浜旭中央総合病院)

神奈川ブロックは横浜旭中央総合病院(急性期515床)、東戸塚記念病院(急性期292床)、横浜新都市脳神経外科病院(急性期317床)、イムス横浜狩場脳神経外科病院(急性期147床)、新戸塚病院(回復期・亜急性期333床)、相原病院(慢性期126床)、江田記念病院(慢性期229床)、鶴川サナトリウム病院(慢性期587床)、北小田原病院(慢性期345床)の9施設から構成されています。

急性期総合病院から、脳卒中専門病院、回復期病院や精神科病院まで幅広い機能の病院を持っているのも大きな特徴です。ブロック内での人事交流により、多くの知識や取り組みなどを共有することにより、切磋琢磨することでより良い薬物療法への寄与を目指しています。

薬学実務実習生の受け入れについては、IMSグループ薬剤部の目標としても薬学教育への貢献を掲げております。現在神奈川ブロックでは、急性期の3つの病院(横浜旭中央総合病院、東戸塚記念病院、横浜新都市脳神経外科病院)受け入れを行っております。施設ではカバーしにくい精神科領域や特殊な分野については、グループメリット生かして、サテライト病院での実習を行い、ニーズに即した実習を行っています。

神奈川ブロックは、多くの施設があることから、薬剤部長によるブロック会議での情報共有だけでなく、ブロック内の懇親会なども企画しており、より風通しのよい環境に心掛けています。その上で薬剤師のスキルアップを目的とした人事交流は積極的に行っていき、一施設では得られない幅の広い薬剤師を育成していきたいと考えています。

千葉ブロック
千葉ブロック長 大野豊 (新松戸中央総合病院)

千葉ブロックは千葉県内の新松戸中央総合病院(急性期)、行徳総合病院(急性期)、イムス佐原リハビリテーション病院(回復期)、埼玉県三郷市内の三愛会総合病院(急性期)、埼玉みさと総合リハビリテーション病院(回復期)の5つの病院で活動しています。
病院同士が比較的近隣に集中しているため、人事交流が盛んで、研修会や新年会を合同で開催し親睦を深めるなど、とても一体感のあるブロックです。

薬学部5年生を対象とした薬学実務実習は、急性期の病院を中心に受け入れ積極的におこない、実習期間の中で臨床対応能力のある人材育成に努めています。実習期間中には他施設実習として回復期病院が支援病院となり短期間の実習受け入れをおこなうことで急性期の病院ではできない経験をすることができます。 また、各病院では年間を通して、それぞれ特徴あるインターンシップや病院見学会を開催しています。興味のある方は是非、参加してみてください。ご応募をお待ちしています。

平成25年には新松戸中央総合病院がリニューアルオープン、平成26年にはイムス佐原リハビリテーション病院が増床、平成27年には行徳総合病院が新築移転するなどとても勢いのあるブロックです。
各病院の医療が高度化する中、薬剤部では、これからも幅広い知識を備えたジェネラリストの育成と、より高度な医療を提供できる専門知識を備えたスペシャリストの育成はもちろんの事、あたたかく、心のこもった医療サービスを提供できる人材育成に取り組んでまいります。

埼玉ブロック
埼玉ブロック長 廣澤 達哉 (春日部中央総合病院)

埼玉ブロックは、急性期病院である春日部中央総合病院、イムス富士見総合病院、イムス三芳総合病院、イムス太田中央総合病院(群馬県)の4施設と、慢性期病院の新越谷病院、埼玉セントラル病院の2施設を合わせた計6施設で構成されています。
 単に急性期病院や慢性期病院といっても、入院基本料や特定入院料の違いをはじめ薬剤師の人員や設備、環境などそれぞれの病院毎に異なります。そのため病院間での研修や経験を積むための期限付き転勤などをはじめ、一つの病院だけでなく多くの病院で研修や交流を行うチャンスがあります。また、病院毎の薬剤部業務実績や認定取得状況の他、取り組みや問題点などを共有・相談する場を設けていることも特色の一つです。
 長期実務実習における学生の受け入れは、春日部中央総合病院、イムス富士見総合病院、イムス三芳総合病院の3施設が受け入れを行っています。それぞれの受け入れ病院にて実習する学生は、ブロック内の慢性期病院や別の急性期病院などでもサテライト実習を行います。それぞれの病院でしっかりと学生と向き合って指導を行っているため、サテライト実習を行ったそれぞれの施設においても就職希望者が出るなど全般的に薬剤部の雰囲気が良い病院が揃っています。
また病院薬剤師としては近い将来に想定されるセントラル業務(薬剤部の中で行われている調剤業務等)のロボット化、AI化を見据え、より多く病棟や外来へ足を運び、患者様とのコミュニケーションを中心とした医薬品の安全管理業務に力を入れています。

東北ブロック
東北ブロック長 佐藤 秀昭(IMS明理会仙台総合病院)

東北ブロックにはイムス明理会仙台総合病院(急性期130床)、西仙台病院(慢性期 501床)、山形ロイヤル病院(慢性期 322床)の3つの医療施設と仙台ロイヤルケアセンター、仙台青葉ロイヤルケアセンター、丸森ロイヤルケアセンター、利府仙台ロイヤルケアセンター、おさなぎの5つの老健施設があります。
各施設での薬剤師は、業務内容に違いはありますが、同じ職務(院内で使用する薬品の適正管理など医療安全の確保、薬物療法の質向上、服薬指導による処方薬の適正使用の確保など)を果たしています。
当ブロックは、SDL(self-directed learning)を取り入れ、各自10年先を見据えた薬剤師業務を考えています。
今、人工知能(AI)や情報通信ネットワーク、ロボット工学などの技術革新による新たな補完的要素の高い技術が続々と登場し、薬剤師業務の変革が坦々と進んでいます。
既に調剤支援ロボットが導入され、「処方箋による薬の取り揃え業務」は人からロボットに移行する時代を迎えました。この時代の変遷に伴い、チーム医療の中で各医療従事者が記録(入力)した患者データを共有し、薬剤師の立場から個々の患者さまの薬物療法の問題点を明確に捉え、論理的かつ科学的に分析・評価した適切な支援、たとえば処方提案など患者さまに寄り添い、専門性の高い「サービス」を提供できる薬剤師の育成に努めています。
さらに、保険薬局と共同で処方箋を評価解析する症例検討会も度々開催し、分割調剤の普及やリフィル処方の導入を目指しています。
また、「病薬連携」の一環として、地域の皆さまへの啓発を担う「お薬の公開講座」を開催し、患者さまが自ら積極的に情報を提供する患者参加型の薬物療法の普及活動にも積極的に取り組んでいます。
今後、長期実務実習の受け入れも兼ねて、イムスグループ内での人事交流を積極的に取り入れ、薬剤師のスキルアップを図りたいと思っています。

東北ブロック
東北ブロック長 加藤 則夫(西仙台病院)

北海道ブロック
北海道ブロック長 加藤 則夫(西仙台病院)
北海道ブロックは、イムス札幌消化器中央総合病院(急性期)・イムス札幌内科リハビリテーション病院(亜急性期・回復期)・道南ロイヤル病院(慢性期)の3病院と道南森ロイヤルケアセンターとアイムス旭山公園、計5つのグループ施設で構成されています。
日本の面積の約2割にあたる広大な北海道、その中心都市札幌に3施設、道南地区の瀬棚町と森町に1施設づつあり、薬剤師配置がない施設においても薬剤関連業務の依頼を受け活動の場を広げています。

※各病院、施設の所在地
【札幌市】
  ・イムス札幌消化器中央総合病院
  ・イムス札幌内科リハビリテーション病院
  ・介護付有料老人ホーム 「アイムス旭山公園」
【道南地区・久遠郡瀬棚町】
  ・道南ロイヤル病院
【道南地区・茅部郡森町】
  ・道南森ロイヤルケアセンター

各種実務を通じ、直接患者様に貢献でき、中小病院特有のスタッフ同士の関係の近さ、特に医師とのコミニュケーションが臨床能力の育成に良い影響をもたらしています。
教育体制は、スタッフが若いこともあり、1年間で全業務を研修するカリキュラムを用意し、即実践を目標にしています。
薬学実務実習は、3期に単独2名を受入れ、抗がん剤治療で近隣他施設とのグループ実習も受け入れています。見学やインターンシップも随時受入れているので、気軽にお問い合わせください。
協力助勤体制、特に一人薬剤師の施設には計画的な助勤体制で、1日薬局長の実践も兼ね、ブロックで協力体制を組んでいます。
北海道の中心札幌は、190万人以上の人々が暮らす、自然豊かな大都市です。夏はさわやか、冬には沢山の雪が降り、ウインタースポーツのメッカとなります。楽しく一緒に働いてみませんか!!